【イチロー4千本安打記念】イチローがのこしたものは4千本の安打だけではないはず



(イチロー選手が4千本安打を達成した時の動画

 チームメイトが全員ベンチを出て祝福

 守備についていた川崎選手も2度映っています)



ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手は、地元での日本時間22日の対トロント・ブルージェイズとの試合で、日米通算4千本安打を達成しました。

幸い私はこの場面を、生でテレビを見ることができました。

上掲の動画と同じものでした。


私は、外国人がこのことをどう感じているのかが気になりますので、外国系のメディアが報じた記事のリンクを貼ります。

ブルームバーグ「イチロー:日米4000安打、ローズとカッブの大台到達-「半泣きに」 (3)」へのリンク

AFP「イチロー、日米通算4000安打達成」へのリンク

どちらの記事も、日本のメディアほど興奮せず、淡々と重要なニュースとして報道しているな、と感じました。

(だからどうした、と言うことはないのですが)


さて、4000本安打の詳細は、多くの人が昨日から今日にかけてブログに書くでしょうから、ここでは

「4000本の安打以外でイチロー選手がのこしたもの」

をまず書きます。


1.失敗を乗り越えた数

Facebookで、ある方のこう言う投稿を見かけました。

「某メジャーリーガーが言ってました。もちろん4,000本安打は凄い。しかし忘れてはならないのは、他の9,000以上もの打席で悔しい思いをして、それでもくじけずここまで来た事。そこに本当の凄さがあるのだから、と。」

イチロー選手は昨日時点で、メジャーで4098打席(8509打数)で2722安打、日本では9171打席(3619打数)で1278安打です。

全部で13269打席(12128打数)で4000回の安打を打ったわけですから、9269回を凡退や四死球や犠打で終えているわけです。


日本やメジャーでは、3割打てれば一流だとされているようです。

つまり10回打って3回ヒットになればいいわけです。

だから、凡退してもたいていはそんなに気にならないと思うのです。

ですが、「某メジャーリーガー」は、凡退の度に悔しい思いをしていたのでしょう。

おそらくイチロー選手も、同じ思いだったのでしょう。

だから超一流なんでしょう。

9000回も悔しい思いをして、次に成功するまで、長い時は何日もがまんしなければいけなかったとは…

4000回の安打を、多くの人がとてつもない数字と言いますが、9000回の我慢のほうが、とてつもないように思えます。

20130822イチロー4000本お辞儀

(観客による万雷の拍手に、お辞儀して感謝するイチロー選手)

(なお、イチロー自身は会見で「8000回は悔しい思いをしている」と言っていました)


2.素晴らしい弟子

この日のヤンキー・スタジアムには、「イチローマニア」と言われるブルージェイズの川崎選手もいました。

お子さんの産休を終え、前日からブルージェイズに合流していました。


広く知られていることですが、川崎選手はイチロー選手と一緒のチームでプレイがしたいがために、海を渡ったほど、イチロー選手にあこがれ、イチロー選手を「師」とあおいでいるそうです。

イチロー選手も、昔から川崎選手と一緒にキャンプを貼って、いろいろとアドバイスしているようです。


川崎選手は、今ブルージェイズには欠かせない選手にまでになったようです。

野球について、は他のメジャーリーガーほどうまくはないと思うのです。

ですが、川崎選手がチームにいると、なんかチームが勝ってしまうのです。

ブルージェイズは昨日現在で57勝70敗で借金13です。

ですが、川崎が合流している時のの成績は39勝33敗で、「貯金6」をもたらしているそうです。

これは

「#KAWASAKI EFFECT(川崎効果)」

と呼ばれているそうです。

日刊SPA「「カワサキ・エフェクト」の由来とは?ムネリン第1子誕生で地元はフィーバー」へのリンク

幕末から昭和を生きた後藤新平の言葉に

「財を残すは下、業を残すは中、人を残すは上」

と言うものがあるそうです。

普段から、もっとざっくりと

「金を残して死ぬ奴は下だ。仕事を残して死ぬ人は、まあ中だな。人を残して死ぬ人は上だよ!」

と言っていたそうです。

イチローにとって、日米4000本安打などの本人がのこした業績は、「財」と言えるでしょう。

そして、なんだかよくわからない不思議な力を持つ選手、川崎宗則選手は、まさに「人」です。

イチロー選手は、とりあえず「上」を成しました。

今後もより多くの「人」をのこしてほしいです。

20130823師弟でグータッチ

(4000本安打後、2塁へ進んだイチロー選手は、守っていた川崎選手に、グータッチで祝福されました)

なお、この日川崎選手は、イチロー選手の守る「エリア51」の前にタイムリーヒットを放っています。

これも縁なんでしょう。


3.安部首相のコメントから

最初に書いておきますが、安部首相の名を出したのは、興味深いコメントを発したからで、政治的な意図はないです。

安倍晋三首相はイチローの4000本安打について

「とてつもない数字だ。野球界に新たに偉大な目標ができた」

と首相官邸で述べたとそうです。

つまり先ほどの後藤新平の言葉にあてはめると、イチローは「仕事」を残したと言えるでしょう。

政治家の先生たちは、なんでもない時にウケを狙って「失言」とみなされる発言をしがちなようです。

ですが、こんな大事な時には、無難なコメントに終わることが多いようです。

これまでのそう言う経緯を見ると、安部首相はいいことを言ったな、と感じました。



4.その他の小ネタ

さてここから先は、どちらかと言うとこの快挙をいじった、小ネタを記録しております。

1)「ムネリンの奇跡」と言われる画像

イチロー選手が4000本安打を達成した直後、画面にはこのことがニュース速報として流れました。

そのときの画像の一部がこれです。

20130822ムネの奇跡

この「4000」の「00」の位置、絶妙ですね。

この画像には

「ムネリンの奇跡」

と言うタイトルがついて、twitterのTLをにぎわしていて、「ムネリン」は日本のトレンドワードに入ってました。

(そう言えば、4000本安打達成時のニューヨークでは、イチローのことはトレンドワードに入っていませんでした)


2)記念ボールをくすねようとしたと言われているムネリン

4000本安打の打球は、外野手から川崎選手へ送られました。

川崎選手はグラブをはずし、そのボールを大事にこねていました。

そこへ審判が川崎選手に、早くボールを返すように注意したそうです。


一部では、「イチローマニア」の川崎選手は、この記念ボールをくすねようとしたんではないか、と言うこともささやかれてます。

NAVERまとめ「【悲報】川崎宗則さん イチローの4000本安打ボールを取ろうとして審判に返せと注意される【ムネリン】」へのリンク

まとめてはいかんのか「イチロー4000安打のときのムネリンに奇跡が起こるwwwwwwwww」へのリンク


この話しですが、本当は注意されなくても返していたと思いますし、イチロー選手に敬意を持つ川崎選手が、そんなことをするとは思えないです。

でも、ネタとしてはおもしろいですけどね。


3)4000本安打のすごさ

こう言うまとめサイトがありました。

鷹速@まとめブログ「4000本安打の凄さを野球知らない奴に解らせるには」へのリンク

おもしろいなと思いました。

私はよく、アメフトの記録について、野球などにおきかえてすごさを説明することがありますので、参考になります。

「イチローを知ってるなら単純にイチローが20年以上やってようやく届く記録って言った方が伝わるよ」

と言うのが一番面白かったと感じました。



さて日米通算4000本安打ですが、その価値をMLB関係者がどう見るのかものすごく気になります。

いつかそれをまとめられたらいいなと思います。


とりあえず、ある番組でイチローとピート・ローズの比較について討論している動画を貼っておきます。

テニスのアンディ・ロディック、元NBAのゲリー・ペイトン元NFLのドンバン・マクナブによるものです。

まだ私は見ていませんし、英語がわからないので見ても意味がわからないでしょう。

この動画の解説ツイートも貼っておきます。

「マクナブはNPBの成績は考慮しない派。アンディ・ロディックとゲリー・ペイトンはNPBの成績無視でも凄いと、10年連続200安打を持ち出しています。ペイトンは元シアトル・スーパーソニックス所属で特にイチロー援護。司会の女性カリッサ・トンプソンもシアトル出身です。」
https://twitter.com/afnjapan/status/370455195018219520




Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック