今日「自衛隊の歌姫デビュー」の話題から、音楽のことを軽く考えてみた



(8月28日、アルバム『祈り〜未来への声』でCDデビューする、海上自衛隊東京音楽隊三宅由佳莉3等海曹の動画)


8月28日に海上自衛隊東京音楽隊所属の三宅由佳莉(みやけゆかり)3等海曹が、アルバム『祈り〜未来への声』でCDデビューするそうです。

9月1日(日)には、フジテレビ「お台場合衆国2013」の合衆国Open Summerスタジアムにて「とくダネ!ライブ」に登場するそうです。

関連するサイトへのリンクを貼っておきます。

BARKS「海上自衛隊東京音楽隊から三宅由佳莉、CDデビュー」へのリンク

msn産経ニュース「【インタビュー】三宅由佳莉、海上自衛隊東京音楽隊所属の女性自衛官が透明感あふれるソプラノで人々の心を癒やす」へのリンク

Universal Music Japan「三宅由佳莉オフィシャルサイト」へのリンク

海上自衛隊東京音楽隊へのリンク


先日たまたまテレビでっているのを見ました。

素晴らしいと思いました。

唱力は完璧。

表現力も完璧。

これは人々に感動と、何かのインスピレーションを与えるのに十分だと思いました。


「自衛隊」における「音楽隊」は、世界的な表現で言えば、「軍隊」における「軍楽隊」と言う位置づけでしょう。

正確なところは知りませんが、軍隊に軍楽隊にいる価値は以下のものが考えられます。

・軍隊内外の式典の時に、演奏を行い華を添える

・音楽により軍隊内の士気を高める

・占領した土地の民間人に対して演奏を行い、懐柔を行う


だから軍隊に軍楽隊がいるのは、程度にもよりますが、税金の無駄遣いだとは思いません。


そしてここに来て大きく注目される任務として、

・災害派遣された先の被災者に対し、演奏を行う

と言うものがあると思います。

今「災害」と言えば、2年前の東日本大震災のことを指すことが多いと思いますが…

多くの手が被災地に行ってい、被災者を励まそうとしました。

自衛隊にも三宅3曹のような技術のある人がいれば、十分に被災者を励ますことだできるんじゃないかな。

テレビで歌を聴きながら、そう考えました。


しかし、価値観が多様化した現代で、このような完璧な歌手だけで十分なものか、とも考えました。

その時に思い出したのは、AKB48とB'zに関するこのニュースです。

Yahooトピック「指原感激!AKBがB’zに並ぶ快挙!13作連続ミリオン達成」へのリンク

このニュースは8月27日に大きく報道されていましたが、先週にはネットで流れていました。

ですが昨日報道されたことで、twitterでは盛んにこの件がツイートされていました。

「AKB B'z」

でtwitterを検索してみればわかりますが、B'z支持派のAKB48叩きが激しいです。

要約すれば、AKB48の「握手券商法」で作ったミリオンの記録と、純粋に音楽でミリオンの記録を一緒にするな、と言うことになります。

私はどちらのファンでもないので、どうでもいいのですが…


ただ一つ言えることは、どちらにも需要があると言うことです。

(まあたしかに、CDを買った人の人数はB'zの方が多いでしょうが)

B'zの音楽力とルックスと神秘性で励まされる人もいるでしょう。

AKB48のルックスとひたむきさと能天気さで癒される人もいるでしょう。

そう考えると、自衛隊の音楽隊にも、もっと色んな個性がいていいんじゃないか、と思います。


話しを自衛隊の音楽隊に戻しますが、陸上自衛隊には東部方面音楽隊に杉山美奈2等陸曹(2009/12/20当時)と言う隊員がいました。

杉山2曹の歌う、この「時代」も素晴らしいな、と思いました。




Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック