【お笑い】「キングオブコント2013」決勝進出者決定

キングオブコント2013」の決勝進出者が決定しました。

お笑いナタリー「「キングオブコント2013」決勝進出者8組が決定」へのリンク

今年もそう言う時期になりましたので、その件を少し書いておきます。

1.出場者について

出演者は以下の通りです。

・アルコ&ピース(太田プロダクション)初出場

・うしろシティ(松竹芸能)2年連続2回目

・鬼ヶ島(プロダクション人力舎)2年ぶり2回目

・かもめんたる(サンミュージックプロダクション)2年連続2回目

・さらば青春の光(無所属)2年連続2回目

・ジグザグジギー(マセキ芸能社)初出場

・TKO(松竹芸能)2年ぶり4回目

・天竺鼠(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)4年ぶり3回目

私にとっては、失礼ですが、だいたい名前は知っていますが、それほど好きな人たちではないです。


今回の驚きは、吉本興業主催の大会であるにもかかわらず、吉本系列の芸人は1組しか出場しないと言うことです。


2.テレビ放送

決勝戦の模様は、9月23日にTBS系列で生放送されるそうです。

また、それに先立ち、9月14日に、準決勝の模様が録画放送されるそうです。

TBS「独占放送!キングオブコント2013 準決勝」へのリンク

4時間の長丁場で、こっちのほうがおもしろいかも、とも感じます。

ただし、決勝進出者のコントは放送しないとのことです。

それは決勝戦で見れますから、それでいいと思います。


3.前回までの放送についての感想

前々回までの放送を第1回から見てきましたが、とにかく自分の価値観と、大会の公式の判定とが大きく違う大会だと感じていました。

それは私だけの感覚ではなく、twitterで見ていると、私と同じ気持ちの人が多かったです。

結局「芸人の、芸人による」大会なんだな、と思いました。


しかし昨年はそれが大きく変わったと感じました。

自分の判定と大会の判定がほぼ一致しました。

そのことも、twitterの声と一緒でした。


お笑いが、世の中を明るくするために存在するのであれば、僭越ながら、判定は私たち素人の価値観によったものであるべきだと思います。

玄人芸では少数のツウの人しか喜ばせられませんから。


今年も、昨年の流れが続くことを期待します。


4.ブレイクした芸人

前々回までの大会の優勝者で、この大会を機にブレイクした、と言う芸人さんはいないな、と感じていました。

それは、優勝者が、ある程度名前が知れていたことが大きいでしょう。


しかし昨年のバイきんぐは、全くの無名から大ブレイクを果たしました。

これで、この大会の価値が大きく向上したと思います。

それも、私たち素人よりの判定で優勝したのですから。


今回の大会でも、私たち素人よりの判定で優勝した芸人さんが、これを機にブレイクしたらいいな、と考えます。

「キングオブコント2013公式サイト」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック