【動画】「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」、俺の萌えポイント



(「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」動画)


ふなっしーロンドンプロジェクト」

というものの動画が、先日から順次公開されています。

なんでも、ふなっしーが海外で有名になるために、英国のスーパーモデルの

カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)

と友達になることを目指すプロジェクトだそうです。

そのために、ふなっしーは、英国の首都ロンドンに脚を運んだ(出荷された)そうです。


と言っても、8月20日、つまり3週間前のカーラ・デルヴィーニュのFacebookには、彼女とふなっしーの2ショット写真がアップされているので、もうかなり前に行われたもののようですが。




なお、上の写真の上部のアイコンの横にある「Cara Delevingne.」を押せば、カーラ・デルヴィーニュの公式Facebookサイトに飛びます。

彼女の名をかたる「なりすましサイト」は多いので、参考まで。


ふなっしーロンドンプロジェクト」について、関連ニュースへのリンクを貼っておきます。

日付順に、代表的なものをピックアップしました。

IRORIO(イロリオ)「どうしてこうなった? ふなっしーがイギリスの人気モデルとコラボ!?」へのリンク

時事通信「ふなっしー「ロンドンへ行くなっしー!!!」」へのリンク

RBBTODAY「ふなっしー、ロンドンでもハイテンション……道行く人に「アイラブユー!」【動画】」へのリンク


現在このプロジェクトの動画として、

「ふなっしーロンドンプロジェクト "旅立ち編"」

「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」

が、YouTubeの専用チャンネルの

「funassyi_london_project」

で公開されています。

近日中にカーラ・デルヴィーニュと対面する、「カーラ編」が公開されるそうです。


2.「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」に興奮した件

そもそも私はふなっしーが好きなので、これらの動画に食いついたのですが、

「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」

はその他の嗜好とも重なって、大変面白かったです。


1)トラファルガー広場

ナポレオン一世の時代、イングランド(イギリス全体ではないです)艦隊と、フランスとスペインの連合艦隊が激突した

「トラファルガーの海戦」

で、イングランドが勝利したことを記念して造られた広場だと思うのですが。

高校生の頃、この海戦を舞台にした歴史マンガ

「トラファルガー」(青池保子)

を読んで、この海戦に非常に興味を持ちました。

当時飛ぶ鳥を落とす勢いのナポレオンが、イングランド上陸をもくろんで、制海権を奪おうとするのですが、その野望を打ち砕いたのが、この海戦でした。


トラファルガー海戦でのイングランドの指揮官は、ホレイショ・ネルソン提督。

開戦を前に

「英国は、各員がその義務を果たすことを期待する」

(本当は「イングランドは」なんですが、一般的にはこの訳が普及しているようです)

と言う信号旗をかかげ、狙撃を受け戦死する間際には

「神よ、感謝します。

 私は義務を果たしました。」

と言ったそうです。


前述の漫画は、幼少期に友人だった二人の男が、フランス革命によって運命を引き裂かれ、かたやネルソンの指揮下の海軍の指揮官となり、かたやフランス艦隊で狙撃手(マスケッティア)と言う設定です。

この2人がトラファルガーで戦うことになるのですが…

少女マンガ誌に掲載されたマンガではありますが、十分に男泣きできるマンガだと思います。


それにしてもふなっしーがトラファルガー広場に現れ、歓喜の声なのか、悲鳴なのか、どちらにでもとれる声をあびせかけられているのには笑いました。


2)ベイカーストリート

ベイカーストリートは、言わずと知れた、

シャーロック・ホームズ

が住んでいたところです。

ここの221-Bに、ジョン・ワトソン博士と同居していたそうです。

ふなっしーのバックにある像は、そのホームズのもの。

私は「シャーロキアン」と言うほどの教養はありませんが、ホームズの大ファンです。

ですから、ベイカーストリートは、一度は行ってみたいところのひとつです。

地下鉄の「ベイカーストリート」には、ホームズのシルエットが描かれた小さなタイルで、大きなホームズのシルエットが作られたものがあるそうです。


3)ビッグ・ベン

ビッグ・ベンは

「ビッグ・ベン(Big Ben)は、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国 国会議事堂)に付属する時計台 の大時鐘の愛称」

(Wikipediaより)

です。

先日ビッグ・ベンをバックに、ベン・ロスリスバーガーと言うNFLピッツバーグ・スティーラーズの選手が写っている写真を見ました。

ロスリスバーガーは大柄で、QBとしてはがっしりとした肉づきをしています。

そのため、新人時代から、(予想通り)「ビッグ・ベン」と呼ばれています。

とうとうこのツーショットが成ったか、とおかしく思いました。


3.ロンドンゲーム

ここ数年、NFLでは毎年1試合は、ロンドンで公式戦を行っています。

「ロンドンゲーム」

と呼ばれています。

今年は9月末にピッツバーグ・スティーラーズとミネソタ・バイキングスが遠征して闘います。

そのプロモーションの一環で、前述したロスリスバーガーが、渡英したわけです。


実はこのゲーム、私がネットでお付き合いさせてもらっている方が現地観戦されるそうです。

なんでも、ミネソタのファンだそうです。

うらやましい…

と言う訳で、その方には

「ベイカーストリートの写真をとってきてください」

とお願いしております。

ネットを通じて、いただけるのが楽しみです。


さて、話しは全然変わりますが…

驚異的な運動能力を持つふなっしーですが、2020年の東京オリンピックでは、どの種目で出るんでしょうね?

なぁんて、つまらんことを妄想しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック