【ホークス】長谷川の「3つの記録」プラスワンは同時クリアなるか #sbhawks



(2013年9月15日、対ファイターズ戦での長谷川選手のサヨナラヒットの動画)


福岡ソフトバンクホークスは、昨日の試合で北海道日本ハムファイターズにサヨナラ勝ちしました。

試合を決めたのは長谷川勇也選手。

9回裏の走塁で、負傷してないかどうか気になったのですが、その後も出場し、見事にサヨナラ打を決めてくれました。

YouTube「長谷川の気力の走塁がマッチの同点打に繋がる 2013.09.15 H-F」へのリンク

よくがんばってくれました。

ありがたいことです。

Yahooトピック「サヨナラ打の長谷川「甘いボールを一発でしとめてやろうと思った」」へのリンク


長谷川選手は昨日3安打。

残り17試合で200本安打まで22本。

正確なところは起稿時点ではわかりませんが、打率は.350で2位内川選手の.320に大差をつけて首位にいます。

得点圏打率については、もっと正確なところがわからないので、おとといの時点での記録ですが、.379で2位浅村選手の.352に大差をつけてトップです。


さて、長谷川選手は今、少なくとも下記の4つの記録を狙えるところにいます。

1.首位打者

2.200本安打

3.フルイニング出場

4.得点圏打率1位


1.3.を同時に達成、つまりフルイニング出場して首位打者を獲得したのは、これまで6人だそうです。

・王選手(讀賣ジャイアンツ)1969年

・イチロー選手(オリックスブルーウェーブ)1995年

・松井選手(讀賣ジャイアンツ)2001年

・西岡選手(千葉ロッテマリーンズ)2010年

このうち2.つまり200本安打も同時に記録したのは、たぶんイチロー選手と西岡選手だけです。

また2.をはずして、4.の得点圏打率1位も同時にとなりますと、松井選手だけだそうです。

そして、1.~4.すべてを同時に達成した選手は、これまで誰もいないと言うことになります。

詳細は下記リンク先の記事をご覧ください。

スポニチ「長谷川 史上5人目のフルイニング出場首位打者なるか?」へのリンク


長谷川選手は昨日のヒーローインタビューで、

「200本打とうと思って試合に出ているわけではないので、絶対に勝つという気持ちで毎打席立っていますし、その結果が今日も3本打てたので、その気持ちを変わりなくやっていきたい」

と言っています。

YouTube「サヨナラ打の長谷川がヒーローインタビュー 2013.09.15 H-F」へのリンク

でも私としては、200本どころか、前述の4つの記録をすべて達成して、歴史に残る選手になってほしいと、強く願います。

それだけ努力し、それだけ悩んでいる、そうですから。

スポーツの世界は、努力すれば勝てるものではないですし、また一般社会においても、閉塞感に包まれた今の時代、努力しただけの報酬を得ている人は少数派だと思います。

だからこそ、

「努力すれば成功できる」

と言うことを証明するためにも、長谷川選手には、4つの記録を達成してほしいのです。


それにしても不思議なもので、長谷川選手は今シーズン前のキャンプで、頭がい骨陥没骨折と言う大けがを負いました。

この時私は

「今シーズン、長谷川選手は柳田選手など、台頭が期待できる選手の陰にかくれることになるだろう」

と思いました。

それが、この成績で、なんと言ってもフルイニング出場しているのがすごいと思います。

守備についてのフルイニング出場は、終盤も任せられる守備力と、代打を送られない打撃成績がないと成し得ません。

たいしたもんです。


長谷川選手のコメントとは逆になりますが、長谷川選手が4つの記録を目指せば、ホークスは優勝に近づきます。

がんばってほしいです。


ただし、無理はしてほしくないです。

長谷川選手には、今日以降も活躍してくれなければと思いますし、来シーズン以降も期待にこたえてほしいと考えます。

ですから、本人が固執しないのであれば、フルイニング出場はついてこなくてもいいかな、と思います。

また、固執せずに辛抱してほしい、とも思います。

今後のことを考えることもも仕事だと思いますから。

脚の具合が大したことなければ、問題ないんですが。


追記

「結果を残していないのは努力していないから」

と言う目でスポーツ選手や一般の人々を見てほしくはないです。

twitterを見ていると、そう言う声が多いように感じます。

私も若い時は「負けが悔しかったらがんばればいいやん」と考えてましたが、歳を重ねると、がんばっても負けることがあることがわかってきました。

相手や運もあることです。

私は今のホークスには、がんばっていない選手などいないと信じています。

選手やチームを、温かく見守ってください。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック