【twitter炎上】嵐の「アラフェス」をツイートした北島康介は擁護できない

20130923アラフェスなう

(炎上を招いた北島康介選手の

 「アラフェスなう」

 と言うツイート

 もう消えているかもしれませんが、URLはこちら

 https://twitter.com/kitajimakosuke/status/381338307986079744 )


水泳の五輪金メダリスト、北島康介選手が、2013年9月20日の22時45分に

「アラフェスなう」

と言うツイートを行ったことで、北島選手のtwitterアカウントが炎上しているそうです。

私はこのニュースの見出しだけ見たときは、なんでそんなことで炎上するんだろう、と不思議に思いました。

理由はこうです。

「アラフェス」とはジャニーズの人気グループ嵐のライブだそうです。

で、「アラフェスなう」とツイートしたと言うことは、そのライブ中に会場で携帯電話かスマートフォンを用いて、twitterを利用したと言うことになります。

穏やかな書き方をしますと、普通コンサートやライブ会場では、携帯電話かスマートフォンの電源を切っておくこと、最低でもマナーモードにしておくべきで、かかってきた電話に出るにも、いったん会場をはずすことが礼儀だと思います。

それが、自分からそう言う機器をを取り出して、利用した、と想像できるので、これは重大なマナー違反、と言うことで炎上したようです。


その他にも、当日のライブは現在の国立競技場最後のもので、ものすごく意味のあるライブだったので、行きたくても行けなかったファンが相当数いるそうなので

「行けなかったファンに失礼」

と言うことでも炎上してるそうです。

なんでもこの日は、JOCの竹田恒和会長はじめ五輪で活躍したアスリートが観覧していることが櫻井翔から語られたそうです。

ですから、北島選手は、ある種の「特権」で行けたと考えられ、炎上を招いたようです。

関連記事はこちらです。

Yahooトピック「嵐、最後の国立ライブ 7年後の“再会”誓う」へのリンク

痛いニュース「北島康介「アラフェスなう」→嵐ファン激怒「公演中は電源消せ」「行けない人の気持ちも考えろ」」へのリンク

NAVERまとめ「【悲報】嵐 アラフェスに招待された北島康介がファンに叩かれ 「しね」とリプされる事件発生」へのリンク


可能性としては、北島選手は会場を抜け出して、たまたまトイレとかの別室にいた時にツイートしたことも考えられます。

しかし、もしメインの会場でツイートしていたとならば、北島選手はマナー違反を犯して、これは炎上を招いても仕方がないと思います。

いくらオリンピックで英雄的な功績をあげていたとしても。

マナー違反はマナー違反だと思います。


ただし、私は嵐と、周囲の客(五輪関係者が多いと思いますが)に対しては失礼だとは思いますが、

「行けない人の気も考えろ」

と言うのは言いすぎだと考えます。


北島選手は、五輪関係者の「仕事」としてライブに行ったと言われています。

そこで

「退屈なう」

とかツイートしたんなら問題で、ファンに失礼だと思います。

ですが、前述のツイートだけでは、失礼と責めるのはかわいそうだと思います。


最近の「バカッター事件」を見ていて思ったのですが、確かにそう言う事件を起こした人は、バカだと思いますし、何らかの制裁を受けて当然だと思います。

しかし一方で、世の中全体がピリピリしていて、簡単にはSNSに投稿できない時代となったな、と感じます。

具体的に、どの事件でそう思ったかは忘れましたが、少なくとも、私はいっそう投稿に気をつけるようになりました。

こう言うツイートをして問題はないか、迷ったらツイートしない、としています。

時間をずらしてツイートした方がいい、と考え、そうすることもあります。

(それでも価値観や解釈の違いで、問題となることを言っているかもしれません)


前述しましたが、好き嫌いを問わず、北島選手は国民的英雄であることは間違いないと思います。

またこれも前述しましたが、会場を離れたところでツイートしていたかもしれません。

国民的英雄になるまで努力したうえに、一般の人よりもSNSの利用をいっそう注意しなければいけないと言うのは酷なことですが、子供たちも見ていますから、そうふるまっていただきたいとお願いします。


大事なことは、

「今、このツイートや投稿をすることで、全世界の人にどう思われる可能性があるか?」

と言うことを想像することだと思います。

見る人の中には、誤解をする人もいることも忘れずに、

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック