【侍ジャパン】小久保氏の野球日本代表監督就任は、言われているほど悪くないと考える

野球日本代表「侍ジャパン」の監督に、元福岡ソフトバンクホークスの小久保裕紀氏の就任が内定していることを、10月3日の朝知りました。

近日中に正式発表される見込みとのこと。

NHKのニュースでも言っていましたから、間違いないのでしょう。

(この文は、10月3日の朝に書いています。

 この記事を公表するころには、正式決定しているかもしれません)


小久保氏の抜擢には、

「現役の監督ではないOBで、若いリーダーシップのある人物」

と言う日本野球機構(NPB)の探している条件にぴったりです。

外様ながら、讀賣ジャイアンツで主将を任されたのですから。

並々ならぬリーダーシップがあることは間違いないと思います。


しかし一方で、監督はおろか、コーチすら経験のない小久保氏に、日の丸を背負わせるのは、時期尚早ではないか、とも考えることができます。

実際Yahooコメントには、そう言う声が圧倒的多数を占めているように見えます。

以下に、その声へのリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「小久保氏が「侍ジャパン」監督=4年後のWBC視野に―元ソフトバンク」へのリンク

Yahooトピックス「侍ジャパン監督に小久保裕紀氏 高いリーダーシップを評価」へのリンク

Yahooトピックス「小久保裕紀氏が侍ジャパン監督内定」へのリンク


私の意見は、是非小久保氏を監督に、と言うまでの積極的な賛成ではないですが、言われているほど悪くはないんじゃないか、と言うものです。

日本代表チームと、プロ野球の12球団との違いは、とにかくタレント、つまり一流選手は揃っていて、戦力的には問題ない、と言うことです。

ですから、選手を育成しながら闘う、と言うことはないと考えていいと思います。

与えられた十分な戦力を、額面通りに引きだせるかどうか、それが大事だと思います。

その点では、タレント軍団を率いて日本一になった、王貞治氏や原辰徳監督は適任だったと言えると考えます。

(山本浩二氏にも優勝の経験はありますが、日本一にはなっていません)

小久保氏に問われるのは、与えられた十分な戦力を使いこなせるか、と言うことになるでしょう。

リーダーシップはあるのですから、チームをまとめるのは大丈夫だと思います。


あとは采配でしょう。

これだけは、監督をやっていないと難しいかな、と考えます。

選手としてゲームに臨むのと、監督としてそうするのは、おそらく考え方を切り替えなければいけないところがあるんじゃないかと思います。

また、WBC独特のルールなどもありますし。

ヘッドコーチとして、監督やコーチの経験が豊富な人材を起用する必要があるでしょう。

小久保氏より年長の人の就任になる可能性が高いように考えます。


そしてホークスファン的には…

ほぼ約束されている、ホークスの監督はどうなる?と言う問題があります。

実のところ、私にとってはそんなに問題ではないです。

ホークスには、監督が務まる人材がOBにたくさんいると思いますから、大丈夫だと思いますし、OBにこだわる必要もないですし。

それに、自分が応援する一チームのために、日本代表のことを考えないファンではありたくないです。


私は日本代表の監督は、WBCが終わるたびに替えられるべきものではないと考えます。

選手の育成は必要はないので、その点からは長期政権が必要とは思わないのですが。

逆に、国際大会を闘える監督やコーチ陣の育成のために、長期政権でなければいけまいと思います。

10年ぐらいはやってほしいと思います。


問題は、それほどまでに力を入れる国際大会が開催され続けるかどうか。

WBCには、なんとなく疑問を感じますし…

オリンピックでの競技復活は保証されていませんし…

それなら、日本が他の有力国と手を結んで、WBCにかわる国際大会を開催すればいいんですけどね。

ちなみに、次回のアジアシリーズに、イタリアのクラブが参加する、と言う話しもありますから、決して不可能ではないと思います。

鷹速@ホークスまとめブログ「イタリアの野球チームがアジアシリーズに参加へ」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
管理人様の発言に全く同意致します。特に、WBCの存在意義ですね。米国はMLBが栄りゃ他はどうなってもいいとしか考えてないと思います。つまり、他国の野球リーグはMLBを繁栄させる為にあるという考えでしょうね、派手に得点出来りゃ、薬物使用だって有り得る歴史があり、その為に五輪への参加も出来ない。WBCでMLB審判の給料を賄い、試合そのものはMLBへの人材確認・・・・世界に野球を広めるという意思無し、野球発祥の地でMLBが世界最高のリーグであると自負するのであれば薬物を根絶し、五輪への積極的な参加を促すべきである・
そしてなにより、MLBの最後の試合をワールドシリーズとか呼称すべきではない・と思います。長文失礼します。

管理者のみに表示

トラックバック