【2013WEEK5】「オードリーのNFL倶楽部」について~オードリーの呪い



(オークランド・レイダーズの本拠地オー・ドットコー・コロシアム(英語: O.co Coliseum )の模様替えの早送り動画

 最後切れてしまいましたが…)


2013年10月12日の早朝に日本テレビで放送された

オードリーNFL倶楽部

について書きます。


オードリーの2人はいつも通りひいきチームのTシャツ。

後藤アナはGBのものではなく、バッファロー・ビルズのTシャツでした。


また、今回はいつもよりはっきりとワイプの声が聞こえていたように感じました。


1.ブレイディの連続TDパス、止まる

ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)対シンシナティ・ベンガルズ(CIN)のダイジェストがありました。

この試合、13-6でCINが勝ち、NEの開幕からの連勝を止めたわけですが、同時に、NEのQBトム・ブレイディの連続TDパス記録を、52試合で止めることにもなりました。

NFL記録は、1~2年前に樹立された、ニューオリンズ・セインツ(NO)のドリュー・ブリーズの54試合で、更新は目前だったのですが…

CINのブリッツに悩まされたようです。

ブレイディはTDパスなしのほか、QBレイティングも52.2と低調。

「イーライなみだね」

と春日に言われてました。


2.「ブリッツ」って何?

「晴菜のここが知りたい」

のコーナーでは

「ブリッツってなんですか?

 どう言う効果があるんですか?」

と言うことがオードリーに投げられました。

「ブリッツ」とは、守備の2列目や3列目の選手が、プレイ開始と同時に一斉にQBに突進する(「パスラッシュ」と言います)ことです。

1列目のDLのパスラッシュには、この言葉を使いません。

QBにとってはかなりのプレッシャーになり

「きゃー、やめてー」(春日)

という心理になるそうです。

たしかにその通りで、もし自分がQBだとしますと、大男たちが一斉に自分に襲い掛かってくることを想像すると、大変恐ろしい気持ちになるのは、ご理解できると思います。

そのためブリッツをかけますと、QBにプレッシャーから来る投げミスを誘ったり、サックを決めることもできます。

しかし一方で説明されたのは、ブリッツをかけた守備選手のポジションががら空きになりますので、そこにパスを通しやすくなります。

「諸刃の剣でハイリスク、ハイリターン」(春日)

と言っていましたがまさにその通りです。


ブリッツをかける状況として、強力オフェンスを味方にもっているチームでしたら、ブリッツが外れて相手に得点を許しても、味方がすぐに得点して取り返してくれることがひとつあげられます。

また、大量リードしている状況でも、少々得点されても構わないので、安心してブリッツを仕掛けることができます。

前者については「アイシールド21」にも記載があったと記憶します。


なお、「ブリッツ(Blitz)」とはドイツ語で「稲光」を指す言葉だそうです。

第二次世界大戦で、ドイツ軍が展開した機動戦を「ブリッツクリーク(電撃戦:Blitzkrieg)」と呼びます。


3.ロゴのジンクス

今回の現地レポートは、今季ロゴを変えたマイアミ・ドルフィンズ(MIA)のレポート。

変えた理由は、

「ロゴを変えるとスーパーボウルに勝てる」(球団関係者)

と言うジンクスがあるから、とのことでした。

たしかに1990年代後期から、2000年ごまで、

「ジャージを替えるとプレイオフに出ることができるようになる」

と言うジンクスはありました。

球団関係者は例として、ニューイングランド・ペイトリオッツやタンパベイ・バッカニアーズ(TB)、デンバー・ブロンコス(DEN)をあげていました。

たしかにプレイオフとは無縁だったTBは、その常連となり、スーパーボウルにも勝ちました。

NEの「北米スポーツで最も情けないチーム」と言われた数年後に、スーパーボウルに出場しました。

ただしこの時は、グリーンベイ・パッカーズ(GB)に敗れましたが、今世紀に入ってプレイオフの常連となり、スーパーも3度勝ちました。

DENはジャージをかえるまで、4度スーパーボウルに出たのですが、すべてに負けていました。

しかしジャージをかえたら、GBに勝ってスーパーボウルに初めて勝つことができました。

一方で、バッファロー・ビルズ(BUF)は数年前にジャージを大幅にかえたのですが、1999年度シーズン以来のプレイオフ進出は、まだ成っていません。


「NYGも、そろそろ替えた方がいいんじゃないですか?」

と若林が春日につっこんでいました。

実はNYGは10年ほど前に変えています。

ロゴも「GIANTS」から、往年の「NY」に戻しています。


4.それでもショウブに期待する若林

若林が応援するヒューストン・テキサンズ(HOU)はサンフランシスコ・49ナーズ(SF)と対戦したダイジェストが流されました。

HOUのQBマット・ショーブは、3インターセプトで、4試合連続インターセプト。

この惨状に、途中でT.J.・イエーツにQBを替えられたそうです。

不調とはいえ、ショウブほどの選手がかえられるのはなかなかないです。

「バラエティの最中に、春日が杉ちゃんに替えられるようなもの」(若林)

とのことでした。

「それはそれですごいことだけどね」(春日)

と言い返していましたが…


若林はショウブが右サイドに投げてインターセプトされるのを指摘し

「もう右にはパスするな」

と言っていました。

聞くところによりますと、QBは窮地に陥ったら、クセを出しやすくなるそうです。

ショウブの場合、前述のブリッツなどを仕掛けられたりすると、困ったら右サイドに投げるクセがあるのでしょう。

そしてそのクセを見破られていたのでしょう。


若林はこの点を指摘していたのだと思います。

「私は(次のゲームには)イエーツを希望しております。」

と言っていましたが、番組の最後には

「がんばれ、マット・ショウブ」

とツンデレを発揮しておりました。


なお、こんな記事もありました。

NFL JAPAN「テキサンズHC、QBショーブの次戦先発を明言せず」へのリンク


5.野球場からフットボールフィールドへの模様替え

先週は珍しいことがありました。

オークランド・レイダーズ(OAK)の本拠地オー・ドットコー・コロシアム(英語: O.co Coliseum )が、野球のアスレチックス仕様から、レイダーズ仕様に20時間かかって変えられたのです。

この球場はレイダーズとアスレチックスが共用しているのですが、アスレチックスがMLBのプレイオフに進出するため、NFLの試合開始時間が後ろにずらされました。

球場の仕様変更に時間がかかるからです。

その仕様変更の作業の模様が、トップに置いた動画です。

関連記事がこちらにあります。

NFL JAPAN「野球からアメフトへスタジアム仕様変更、必要な作業は?」へのリンク


最近ではNFLとMLBが球場を共用するのは珍しいです。

しかしかっては、シアトル・シーホークスのキングドーム、ヒューストン・オイラーズ(現テネシー・タイタンズ)のアストロドーム、ピッツバーグ・スティーラーズのスリーリバーズスタジアムなどが共用していました。

その時はどうしたんだろう、とちょっと気になりました。


6.次週のカードは

そう言えばMC陣が応援する次週のカードの紹介がなかったように思います。

書いておきますと…

若林のHOUはアウェイでセントルイス・ラムズと対戦。
オッズではHOUが7~9のリードで、私もHOUの勝ちだと思います。

春日のNYGはシカゴ・ベアーズ(CHI)と。
シカゴがリード。

もうひとつのNYJはピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)と。
1~3NYJがわずかにリードしていますが、今季絶不調で全敗のPIT相手なら、順当にいけばNYJのものでしょう。

後藤アナのGBはボルチモア・レイブンズ(BAL)と敵地で。
2.5~3ポイントGBがリードしています。
前述のNYJのよりもリードの幅は大きいですが、LBクレイ・マシューズの欠場が決まっていますので、ちょっとわかりません。


なお、NYGの試合は、実は昨日すでに行われて、結果も出ています。

興味のある方は、下記リンク先を参照ください。

NFL JAPAN「スコア詳細」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック