【ホークス】外国人選手4人が退団~ペーニャはなんとかならんかったのか…

福岡ソフトバンクホークスは、昨日15日に、外国人選手のうち、下記の4人の退団を発表しました。

・ブライアン・ファルケンボーグ投手

・ヴィセンテ・パディーヤ投手

・陽 耀勲投手

・ウィリー・モー・ペーニャ外野手


私としては…

1.ファルケンボーグ投手

ファルケンボーグ投手は、数年間にわたってお世話になったけれども、もう仕方がないかな、と思います。

今季も、いい時は良かったのですが、何せ怪我が多すぎて、計算がたたないのです。

そして、やはり剛速球で抑えることを、常に期待することはできなくなりました。

2009年に入団し、2010年には攝津正投手、ファルケンボーグ投手、馬原孝浩投手、甲藤啓介投手、森福允彦投手で

「SBM48ちょ」

と呼ばれる鉄壁のリリーフ陣を形成したのが印象的です。

(今この5人の中で、リリーフとして活躍しているのは、当時もっとも非力と言われた森福投手だけです)

主にセットアッパーとして活躍、2010年にはリーグ最多の39ホールドも記録しました。

角度と剛速球で、異常に奪三振率が高く、5年間すべてで奪三振数が投球回数を上回っています。

5年間で227イニングを投げ、299奪三振。

本当にお世話になりました。

今後は日本で再就職先を探すようです。

ファルケンボーグ投手を欲しがるチームはいくつかあるでしょう。

Wikipedia「ブライアン・ファルケンボーグ」へのリンク





2.パディーヤ投手

パディーヤ投手がのこした数字から言いますと、残念ですが期待外れでした。

先発として2桁は勝ってほしかったです。

またリリーフにまわってからは、その後ずっと、せめて柳瀬投手以上の活躍をしたんですが。

残した数字は、3勝6敗4ホールドポイントで、防御率3.83。

力はあると思うのですが、チームになじめなかったように感じます。

Wikipedia「ビセンテ・パディーヤ」へのリンク




3.陽投手

在籍すること8年。

超高速左腕は、とうとう開花しませんでした。

いいものを見せてくれた時もありました。

昨シーズンの対オリックス・バファローズ戦では、

「自分でも驚いた」

と言う、被安打3、奪三振10、無四球での完封勝利を挙げました。

でも驚いているようではダメで、本気出せばこんなもの、と思ってほしかったです。

そしてどうやったら本気を出し続けられるのか、それを追って数字に出してほしかったです。

今シーズン前には、メジャー挑戦志願など契約でもめ、シーズン中も怪我に悩まされ、一軍での登板はとうとうありませんでした。

火の車だったホークスの先発陣に加われなかったことは、もうホークスで活躍することは難しいことを表しているのでしょう。

まだ30歳。

日本のどこかに入団するかもしれません。

弟のように、いい意味で少々はじければ、活躍も期待できなくもないと思います。

Wikipedia「陽耀勲」へのリンク




4.ペーニャ選手

そしてペーニャ選手…

昨シーズンは21ホームラン。

今シーズンは一段と飛躍が期待されたのですが、怪我などにより、ホームランはわずか一本。

外角低めに落とされ、空振りの三振に終わるシーンをよく見ました。

ペーニャ選手のプレイスタイルは大好きでした。

速い打球。

遠くまで飛ぶホームラン。

そして手を抜かない走塁。

こう言う外国人選手が欲しかった、と嬉しく思いました。

今シーズンは残念な結果に終わりましたが、サラリーを落としてもう一年様子を見たい…

そう思っていたのですが…

本当に残念です。

なんとかならんものか…

Wikipedia「ウィリー・モー・ペーニャ」へのリンク




最後に、この対談のニュースについての、2ちゃんねるまとめサイトと、ユーザーコメントがある記事へのリンクを貼っておきます。

鷹速@ホークスまとめブログ「ファルケンボーグ、パディーヤ、陽、ペーニャが退団」へのリンク

Yahooトピックス「【ソフトB】ファルケンボーグら退団」へのリンク

Yahooトピックス「ファルケンボーグら退団=プロ野球・ソフトバンク」へのリンク



私と同じように、ファルケンボーグへの感謝の声、ペーニャの退団をなんとかならんものか、と残念がる声が多いように感じます。


一方で、ホークスは、メッセンジャー投手(阪神タイガース)や李大浩選手(オリックスバファローズ)の獲得に興味を示していると言う報道もあります。

プロの世界、特に外国人選手については、とてもきびしいな、と毎年思わされます。

日刊スポーツ「ソフトB、阪神メッセンジャー獲得調査」へのリンク

日刊スポーツ「ソフトB李大浩獲り 本格調査へ」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック