【ホークス】ドラフト2013情報~意外な点と納得した点

昨日10月24日、2013年のドラフト会議が行われました。

職場でも今年はドラフトの話しがほとんど出ず、

「なんか、今年は盛り上がらないねぇ~」

とジャイアンツファンと昨日の朝まで話していました。


しかしいざ始まると、何人かの野球好きが一台のPCを囲んで、私を含む何人かでおお盛り上がり。

前述のジャイアンツファン、ファイターズファン、ライオンズファン、タイガーズファン、そして私ホークスファンなどが集まりました。

特にタイガースとファイターズの一位が決まらなかったことで盛り上がり、両チームのファンはやり玉に挙がっていました。

こう言うところは、関東の楽しいところだと思います。


さて我が福岡ソフトバンクホークスですが…

結果は以下の通りです。

なお、リンク先に各選手の詳細なレポートと、動画があります。

(よくこんなに情報を収集されたものだと、頭が下がります)


1位 加治屋 蓮投手(JR九州)右右

ドラフトレポート「加治屋 蓮(JR九州)」へのリンク

2位 森 唯斗投手(三菱自動車倉敷オーシャンズ)右右

ドラフトレポート「森 唯斗(三菱自動車倉敷オーシャンズ)」へのリンク

3位 岡本 健投手(新日鉄住金かずさマジック)右右

ドラフトレポート「岡本 健(新日鉄住金かずさマジック)」へのリンク

4位 上林 誠知外野手(仙台育英)右左

ドラフトレポート「上林 誠知(仙台育英)」へのリンク


【育成ドラフト】

育成1位 石川 柊太投手(創価大)右右

ドラフトレポート「石川 柊太(創価大)」へのリンク

育成2位 東方 伸友投手(浜田商)右右

ドラフトレポート「東方 伸友(浜田商)」へのリンク


なお、全球団の指名選手は、下記リンク先にあります。

日刊スポーツ「ドラフト会議2013」へのリンク


さて、感想です。

【予想通りだった点】

先発投手に泣かされましたので、即戦力投手で固めてきたのは予想どおりでした。

また、育成ドラフトでも何人か指名するだろう、と言うのも。


【意外だった点】

まず本ドラフトで4人しか指名しなかったこと。

これは12球団最少で、不作と言われている今ドラフトには、すっぱりと見切りをつけたことを意味するものと思われます。

それに、補強を考えますと、支配下登録枠もキツキツですし。


育成ドラフトも2人で終わるとは思いませんでした。

早々と本ドラフトを切り上げ、育成ドラフトを待ったと言うことは、絶対に指名されないと言う確信があったのでしょう。

ひょっとしたら読み違いがあって、一人や二人、他球団に本ドラフトで指名されているかもしれません。


それにしても、右投げ投手ばかり5人の投手を指名するとは思いませんでした。

松井投手はくじではずしましたが、指名した理由の一つは左腕だったと聞きましたし。

まあ、帆足投手、オセゲラ投手、山田投手、大隣投手など、力を出してくれれば、左腕陣は十分だと思います。


最後に、2チャンネルでのまとめサイトへのリンクを貼っておきます。

鷹速@ホークスまとめブログ「ソフトバンクホークス 2013年ドラフト まとめ」へのリンク

鷹速@ホークスまとめブログ「【ソフトB】外れ1位、JR九州・加治屋を単独指名!」へのリンク


他球団のも

なんJボンバー「ドラフト1位指名選手についての各球団ファンの感想 まとめ」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上位3人は社会人ですが即戦力ではないと思います。不作の市場を踏まえて、中途半端な即戦力よりも素材買いに走ったと私は解釈しました。
今季の戦力外が少なかったことも不作市場を考えてのことかと。

管理者のみに表示

トラックバック