【動画】上原は「人間的な欠陥」や「イチローの呪い」を克服したんだろう



(第1回WBCの時の動画

 この動画の1:45からはしゃいでいるのが上原投手です)



日本時間の昨日、MLBワールドシリーズは、上原浩治投手や田澤純一投手を擁するボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)がセントルイス・カージナルス(St. Louis Cardinals)をやぶり、6年ぶり8度目の優勝を決めました。

Yahooトピックス「上原、最後を締めくくりレッドソックスの世界一に貢献」へのリンク

Yahooトピックス「最下位から頂点へ、レッドソックスがワールドシリーズ制覇!」へのリンク


レッドソックスは昨シーズン最下位だったそうですが、前年地区最下位からワールドシリーズ制覇は、1991年のミネソタ・ツインズ(Minnesota Twins)以来だそうです。

(たしかこの時のツインズの優勝については、「ビバリーヒルズ青春白書」でブランドン・ウォルシュが、何かのスピーチで触れていたと記憶します)


さて、レッドソックスの優勝の瞬間、マウンドにいたのは上原投手でした。

以前、トロント・ブルージェイズの川崎宗則選手がレッドソックスとデトロイト・タイガースのゲスト解説をするのを見たいがために見た、アメリカン・リーグの優勝決定戦で久々に、上原投手が投げるのを見ました。

久々、と言っても私はMLBはほとんど見ませんし、セントラル・リーグの試合もほとんど見ませんので、上原投手のことはよく知りません。

ただ、今シーズンはなんだかすごい活躍をしている、と言うのは耳にしていました。

そしてその試合の途中からレッドソックスと上原投手に気持ちを入れてみるようになりました。

そして昨日の歓喜ですから、本当に嬉しいです。

なんとなく、渡米後、ここまで順調には行かなかったように感じますから、嬉しさはいっそうです。

成功は嬉しいものでしょうが、そこまでに挫折があれば、克服までの過程に説得力が持てます。


さてまじめな話しはここまで。

上原投手と言えば、私にとって忘れられない記憶があります。

トップに置いた動画の1:45から、シャンパンファイトではしゃいでいる姿です。

これは2006年の第1回WBCでの日本の優勝後のもので、当時は上原投手は、まだ讀賣ジャイアンツの一員でした。

まあとにかく、上原投手のイチロー選手への仕打ちがすごかったです。

「世界のイチロー」に対し、背中からシャンパンを入れるぐらいは序の口で、口に含んだシャンパンをぶっかけたり…

「イチロー、イチロー」

と変なコールをしたり…

最後にはイチロー選手に

「お前がアメリカ来る時、絶対に推薦しないからな」

「お前、人間的に欠陥がある」


とキレられていました。

(本気でキレたとは思えませんが)

この動画には、本当に当時、大笑いさせられました。


しかし前述したように、上原投手は渡米後、そんなに順調には歩めなかったように感じます。

「イチローの呪いかなぁ」

なんて考えていましたが…


そして数年前に「バンビーノの呪い」を解いたレッドソックスに、今シーズンから移籍。

そのおかげか、「イチローの呪い」が解けたようで、一気に頂点へと登りつめました。

良かった、良かった…


ところで

「人間的な欠陥」

の方はどうなったのでしょう。

下記リンク先の記事を見れば、と言うより、見出しを見れば、それも克服されたことがわかります。

Yahooトピックス「米紙が異例の呼びかけ“上原を好きにならなくては”」へのリンク

Yahooトピックス「<大リーグ>「最高に愛すべき抑え」 上原、会心のリリーフ」へのリンク


前者の記事には

「レッドソックスを嫌いでもコージは好きにならなくては」

と言う副題もあります。

また、文中の「ハイファイブ」(日本では「ハイタッチ」となっているようですが…)の模様はこちら



そして、上原投手がボストンの街を歩きながら「ハイファイブ」を繰り返す動画もありました。


もはや

「人間的な欠陥」

と指摘される大きなものはないように思われます。


最後に余談をひとつ。

上原投手は、今シーズン、トレードマークに定着しつつあったもみあげを、ばっさりと落としました。

その理由を、昨日テレビで尋ねられると

「自分がどこに行こうとしているのかわからなくなって(笑)

 原点に戻ろうとして、落としました」

と答えていました。

上原投手の原点は、人生でもっともきつくて、もっとも大きな意義を与えてくれた、大学受験浪人の19歳のころの自分だそうです。

それを意味する背番号「19」。

もう38歳だそうですが、今後の活躍も期待させてもらいます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック