【MLB】「チャレンジ」制度導入で考えられる新作戦

米メジャーリーグ(MLB)は、来年より試験的に「チャレンジ」制度を導入するそうですが…

「チャレンジ」とは、米プロフットボール(NFL)で採用されている、ビデオリプレイを使った、再審制度です。

ひとつ「懸念」される作戦があります。

それは、時間稼ぎのついでに使われないかと言うことです。


私はMLBのことはよく知りませんし、具体的な例が今のところ思いつきませんので、「危険球退場」という日本(NPB)のルールがあったら、と言う設定で書きます。


日本(NPB)のルールでは、投手が打者の頭部に死球を与えた場合、投手は即退場となります。

そうした場合、次の投手の準備が十分でないかもしれません。

そう言うリスク管理はしているでしょうが、プレイボールと同時に危険球退場が発生したら、大変だと思います。

この場合ベンチはどう動くでしょう。

「本当に今のは危険球なのか、ビデオ判定してくれ」

とチャレンジするかもしれません。

誰がどう見ても判定が覆るわけがない、と思っていても。

とにかく、次の投手の準備をするため、時間が必要なので、覆るわけがないチャレンジをするのです。

ゲームを壊さないためには、チャレンジの権利をひとつ失うのもやむを得ない。

万が一覆ったらもうけもの、と考えて。


NFLでは、そう考えて行使されたチャレンジを、たまに見かけます。

相手に押されていると、落ち着いて流れを断ち切るためにタイムアウトを取りたくなります。

そんな時、やや疑わしい判定が行われると、チャレンジを行使します。

NFLでは、チャレンジで判定が覆らないと、タイムアウトの権利をひとつ没収されます。

逆に言いますと、タイムアウトを取るついでにチャレンジができる状況であれば、チャレンジした方が得策だとも考えられるのです。


先ほどの危険球の件は日本固有のルールですから、そう言った状況でチャレンジが行われることはないでしょう。

ですが、もっと深く考えて行くと、時間稼ぎのためにチャレンジした方がいい状況もあるかもしれません。

来シーズンのMLBは、そのこと頭の片隅に置いて見てみると、おもしろいんじゃないかな、と思います。


P.S.この記事を書きあげた後、危険なスライディングで退場、というルールがMLBに導入されそうだ、ということを知りました。

このルールにチャレンジが絡ませて使われるかもしれません。

考えにくいですが…

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ご愛読ありがとうございます
通りすがりさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

危険球の情報、ありがとうございます。
また、NFLでは、タイムが前後半それぞれ3度まで、と決めれらていまして、チャレンジ失敗となると、それが1回没収されます。
お書きのように、権利をかけたものにならないと、終盤に、使わないのはもったいない、ひっくりかえったらもうけもの、と考えた迷惑なチャレンジが増えるかもです。

一方で、チャレンジが導入されると、私などが考えもつかないような使われ方もおきるんじゃないか、とわくわくもしています(^_^;)

今後ともよろしくお願いします。
はじめまして。
MAJIKさんはじめまして、いつも楽しく読ませていただいております。

さて、日本みたいに危険球一発退場の制度はググって調べてみたら無く、その後の報復した選手に対して出されるみたいです。

ただ、MLBにしろ、日本の野球にしろ試合が無駄に長すぎるので、只単純にチャレンジの制度を導入するのではなく、高校野球のようにタイムは3回までにしたうえでその権利をかけてのチャレンジ制度としてほしいものです。

NFLのように遅延行為に対する罰則を明確化して試合時間を2時間程度に抑えてほしいですね…

管理者のみに表示

トラックバック