【他試合のネタバレもあり】JAPAN X BOWL (ジャパン X ボウル)2013の感想

あらかじめ書いておきますが、この記事の中では、昨日の朝行われたNFLのある試合について、結果を載せることになると思います。

そういうネタバレがありますことをご了承ください。


2013年12月16日に行われた、アメリカンフットボールの社会人日本一を決める

JAPAN X BOWL (ジャパン X ボウル)2013

をテレビ観戦した感想を書きます。

今回は、社会人初の4連覇を目指すオービックシーガルズと初優勝を目指す富士通フロンティアーズとの対戦でした。

なお、第3Qには大事な用事が入ってきまして、4Qの序盤までは見れませんでしたので、そこのところはご了承ください。


1.ざっくりとした試合の流れ

1)前半

オービックが攻守に圧倒した前半でした。

ただし、富士通のディフェンスの奮闘もありまして、それほどの得点は許しませんでした。

オービックオフェンスは、QB菅原選手に率いられ、RBに古谷選手(37歳!!)、原選手。

WRに木下選手、清水選手、萩山選手と豊富なタレントを生かして、前進を続けました。

OLもプロテクションがしっかりしていて、菅原選手はロールアウトからパスを決めていました。


しかし、富士通ディフェンスは、そのオフェンスから2度のターンオーバーを奪いました。

このような奮闘があったため、得点は獲得ヤードほどには入りませんでした。


富士通のオフェンスは、最初のシリーズでQB平本選手が負傷したためか、あまりボールを進められませんでした。

これはオービックディフェンスのDLのプレッシャーが激しかったことが一因だと思います。

ケビン・ジャクソン選手や、バイロン・ビーティーJr.選手はそうそう止められませんでしたし、ダブルチームなのでしっかりとめたところで、DBがブリッツをかけてきたところを止められない、ということになりました。

そんなこともあり、富士通は前半だけで3回のターンオーバーを奪われました。

前半のスコアは17-0

しかし朝、NFLでグリーンベイ・パッカーズが、前半23点差あったのを、をひっくり返して勝った試合があったことを知っていましたので、まだまだ試合は壊れてはないな、と思いました。

試合が壊れるとしたら、富士通ディフェンスの疲労から。

何といってもオービックの攻撃時間が20分近くありましたから。


2)後半

4Q序盤、スコアが24-3と、オービックがリードを広げていたところから見ました。

しかしこのときは富士通オフェンスがイケイケになっていました。

すぐに富士通がTDを返して24-6となったのですが、ここで2ポイントコンバージョンを選択。

しかし失敗してしまいました。

この2点狙いは、テレビ解説の方も、twitterの声も

「なんで普通に1点を狙わないのかわからない」

と言っていました。

私もそう思いますが、現場にはそうせざるを得ない事情もあったのでしょう。

多分、同点ではなく逆転を狙うのが筋、という考えだと思います。

その後富士通は1TDを返し24-16とします。

1TDと2ポイントコンバージョンで同点です。

オンサイドキックを狙いますが、失敗。

しかし残り22秒で攻撃権が富士通に回ってきました。

このとき富士通にはタイムアウトが残っていませんでした。

それまでに選手とコーチとのコミュニケーションがうまくいかずにタイムアウトを使ったりしたのが悔やまれます。

最後は残り2秒から、40ヤードほどのロングパスがエンドゾーンに投げ込まれたのですが、ボールフィールドにこぼれ、インコンプリートとなりました。

最終スコアは、24-16

オービックが社会人4連覇を達成しました。


MVPには、オービックDLのケビン・ジャクソン選手が選ばれました。


関連記事はこちらをご覧ください。

YAHOOトピック「オービックが4連覇=富士通退ける―ジャパンXボウル」へのリンク

日刊スポーツ「オービック4年連続8度目V/アメフト」へのリンク


2.ライスボウルに向けて

オービックシーガルズは、おととい甲子園ボウルを制した関西学院大学ファイターズと、日本一をかけて、来年1月3日に対戦します。

シーガルズが勝てば、おそらく史上初のライスボウル4連覇となるでしょう。

昨日のオービックを見ると、関学大がこれを倒すのは、ものすごく難しいと思いました。

オフェンスはラインも強くてスキルポジションに優秀なタレントがたくさんいます。

ディフェンスは前述の通り、DLを中心に脅威です。

しかし関学大は、昨年圧倒的不利を言われながら、徹底した準備で、最後の最後までオービックを苦しめました。

ですから、きっと今度のライスボウルでも、関学大はやってくれると思います。

健闘ではなく、勝ちに来るはずです。

面白い試合になるでしょう。


3.その他

1)しょこたんのハーフタイムショウ

今年も中川翔子さんがハーフタイムショウで歌いました。

最初はこの曲、『さかさま世界』



なんでも 『パズドラZ』の主題歌だそうです

そして

「みんなで歌いましょう」

ということで、2年連続となる『残酷な天使のテーゼ』

Xリーグのチアリーダーのみなさんと踊りながら歌ってくれました。

こちらに関連記事があります。

日刊スポーツ「中川翔子Xチアリーダー160人とコラボ」へのリンク


2)「アイシールド21」

その中川翔子さん。

自分との縁は「アイシールド21」でチアリーダーの声を担当したということを言っていました。

そのことからか、NHKのアナウンサーさんが「アイシールド21」のことを語っていました。

NHKが他局の番組について触れるのは珍しいので、それが面白い、というツイートが、TLにありました。

そういえば解説の有馬隼人さんも、「アイシールド21」の中で

「有馬隼人のアメフトクリニック」

というコーナーを担当されていました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック