【ホークス】金満運営は、こうやって、球界やファンに貢献している #sbhawks

福岡ソフトバンクホークスは、今オフ、30億円とも言われる第補強を断行しました。

ネットの投稿を見ていますと、これに関しては、大半のホークスファンは否定的であるように感じます。

実は私もそうです。

でも、否定するのは簡単すぎる。

賞賛するまでは行かないまでも、否定することはないんじゃないか、と考え中です。


それはさておき、金満経営と言われるホークスですが、そう言われることに対し、肩身を狭くしているファンも少なくないと思います。

Twitterとかで、ホークスのハッシュタグをつけて、ずけずけと文句を言ってくる他球団のファンとかいますからね。

不思議と、ある元金満球団からのものが多いのですが。

(現実生活では、そんなことをいじられることは皆無です。

ネットでは、顔が見えないことをいい事に言いたいことを言える、と誤解している人が多いようです。

残念ながら、ホークスファンの中にも、そう言う輩はいますが。)

それでもホークスは、こう言う貢献を、プロ野球界やファンに行っているんだ。

それは金満球団だからできるんだ、ということ書いておきます。



先日ホークスは、今オフ他球団から戦力外通告を受けた選手のうちから、3人を育成選手として契約しました。

細山田武史捕手(27)、勧野甲輝内野手(21)、松冨倫内野手(23)の3人です。

正直なところ、ここから這い上がるのは難しいとは思いますが、とにかくホークスはチャンスを与えました。
「与えた」と書きますと上からになりますが、タレントの確保に一生懸命であることは確かです。


考えてみますと、日本のプロ野球は、他の国内スポーツに比べ、タレントの確保に対する姿勢が甘い、と感じられるニュースを、最近よく見ました。


日本ラグビー界の有力指導者の一人、吉田義人元明治大学監督は、今オフのプロ野球のトライアウトを視察しました。

「プロ野球界はタレントの最高峰の集団だから」

というのが理由で、ここからラグビーに転向させれれる資質を持った選手がいないか、視察に訪れたそうです。

そして実際に、一人の選手に目をつけたようです。

日本でのW杯開催が2019年に控えていることもあると思うのですが、ここまでラグビー界一生懸命なのです。

なりふり構っていられない、という危機感がいい方にあらわれていて、大変感心させられました。


また、NFLに人気の面で大きく後れを取るMLB(メジャーリーグ)のテキサスレンジャーズは、さきのルール5ドラフトで、NFLのシアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンを指名しました。

アメフト選手がMLBからドラフト指名されることは珍しくなく、来季東北楽天イーグルスでプレイするケビン・ユーキリスの義弟でNFLを代表する選手のトム・ブレイディも、指名された経歴を持ちます。

ですが、それはあくまでもアマチュア時代の話し。

NFLの選手で、しかも今シーズンのMVP有力候補が指名されるなんて異例のことです。

これはレンジャーズの売名行為と取る向きがありますが、もしウィルソンが入団したら、金銭的にも、チーム運営的にもかなりのコストを負うことになります。

ウィルソンは以前他球団のファームでプレイしていて、まだ契約が残っていますので、レンジャーズはそちらに補償金を払わねばなりません。

何よりも貴重なドラフト指名権を、こういう選手に使ったことが驚きです。

MLBの焦りが出ている、と言いますか、一生懸命さが出ていると思います。


そんな感じで、なりふりかまわずタレントの確保に一生懸命なところもあるのです。

大量の育成契約選手を保有しているのは、ホークスの金満経営の賜物です。

お金があるので、焦りに対してこのような形でも手を打てているのです。


そしてその中から、山田投手や、昨シーズン交流戦で一気に全国に名が知れ渡った、千賀投手などが出てきたのです。

昨シーズン、中継ぎとしてチームに貢献した柳瀬投手も、一度育成選手となりましたが、そこから復活してきました。

ホークスが金満体質でなければできなかったかもしれません。

もちろん他球団にも、育成契約からチームに欠かせない選手にまでなった例もあります。


とにかく、金満だからこういうことができるんだ、とファンは胸を張っていいんじゃないかと思うのですが。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック