【ネタバレ】NFL2013レギュラーシーズンの結果と、プレイオフの組み合わせ

日本時間の昨日、NFLの2013年度のレギュラーシーズンが終わりました。

ここでは今週日曜から始まるプレイオフ(ポストシーズン)をにらんで、レギュラーシーズンの結果と、プレイオフの組み合わせを書きます。


1.プレイオフのシード順

プレイオフには各カンファレンスから6チーム、計12チームが出てきます。

各カンファレンスの出場チームは以下の通りです。

【AFC】

1位 デンバー・ブロンコス(西地区優勝) 13勝3敗

2位 ニューイングランド・ペイトリオッツ(東地区優勝) 12勝4敗

3位 シンシナティ・ベンガルズ(北地区優勝) 11勝5敗

4位 インディアナポリス・コルツ(南地区優勝) 11勝5敗

5位 カンザスシティ・チーフス(ワイルドカード) 11勝5敗

6位 サンディエゴ・チャージャース(ワイルドカード) 9勝7敗

【NFC】

1位 シアトル・シーホークス(西地区優勝) 13勝3敗

2位 カロライナ・パンサーズ(南地区優勝) 12勝4敗

3位 フィラデルフィア・イーグルス(東地区優勝) 10勝6敗

4位 グリーンベイ・パッカーズ(北地区優勝) 8勝7敗1引き分け

5位 サンフランシスコ・49ers(ワイルドカード) 12勝4敗

6位 ニューオリンズ・セインツ(ワイルドカード) 11勝5敗


2.来週の組み合わせ

来週はプレイオフ一回戦となる、「ワイルドカード」が行われます

対戦スケジュールは以下の通りです

【1月5日(日)】

1)日本時間午前6:35

  チーフス@コルツ

  12/30時点夜のオッズでは、コルツが2.5ポイントリード

2)日本時間午前10:10

  セインツ@イーグルス

  12/30時点夜のオッズでは、イーグルスが2.5ポイントリード

【1月6日(月)】

3)日本時間午前3:05

  チャージャース@ベンガルズ

  12/30時点夜のオッズでは、ベンガルズが7.0ポイントリード

4)日本時間午前6:40

  49ers@パッカーズ

  12/30時点夜のオッズでは、49ersが2.5ポイントリード

4試合のうち3試合までが2.5ポイントのリードとなっていますが、この数字は

「ほとんど差がなく、強いて言えば」

と言う程度のもので、競る予想となっています。

また、49ers@パッカーズのみ、シード順が低いチームに勝利予想が出ています。

仕方ないでしょう。

49ersは12勝で、パッカーズは8勝なんですから。

ただ、パッカーズはQBアーロン・ロジャースが抜けていた期間に2勝しかできませんでしたが、昨日の試合から復帰して、素晴らしいパフォーマンスを見せていますので、パッカーズにも十分勝機はあります。


3.フィラデルフィア・イーグルスにかかわるジンクス

ここ数年、開幕戦でフィラデルフィア・イーグルスと対戦したチームがスーパーボウルに勝っています。

2009年度 ニューオリンズ・セインツ

2010年度 グリーンベイ・パッカーズ

2011年度 ニューヨーク・ジャイアンツ

2012年度 ボルチモア・レイブンズ

で、今年はと言いますと、サンディエゴ・チャージャーズがそれにあたります。

チャージャーズは昨日、奇跡的にワイルドカードでプレイオフに滑り込みました。

失礼ながら、私は、チャージャーズはないな、と思ってましたが、ひょっとしたら、ひょっとするかもしれません。


4.グリーンベイ・パッカーズ対シカゴ・ベアーズでの珍プレイ

NFC北地区は、NFLで最も古いライバル関係にある、グリーンベイ・パッカーズとシカゴ・ベアーズとの対戦で優勝が決まりました。

場所はベアーズの地元のソルジャー・フィールドで、当然ベアーズファンが多いです。

ですので、パッカーズの攻撃中は観客が大声(クラウドノイズ)で、プレーコールの伝達を妨害します。

ロジャースもやりにくそうで、それでタイムアウトをとったりしました。

これはホームフィールドアドバンテージで、フェアな行為です。

この試合で珍プレイがありました。

こちらに動画があります。

Packaers「Can't-Miss: Boykin scoops up Rodgers fumble for TD」へのリンク

まず、ロジャースがパスをなげようとしたのを、ディフェンスにはたかれます。

ボールはふらふらと地面に落ちます。

ほとんどの選手は、ここでプレイが「パス失敗」となって、終わったと思ったようです。

しかし、ボールに駆け寄ったボイキンが、何気ない振りをしてボールを拾い上げ、一瞬後にエンドゾーンへとダッシュします。

そして審判がタッチダウンとコールします。


このプレイ、実は審判はいったんファンブルと判断したようで、誰も笛を吹かなかったそうです。

ですから、まだプレイは終わっていなかったのです。

細かいことを言いますと、パスについては、投げる腕が前進を始めていれば、パス失敗となります。

しかしまだ前進を始めていなければ、ファンブルとなります。


リプレイも行われましたが、判定は変わりませんでした。

パッカーズファンだからというわけではなく、私もファンブルだと思います。


なお、この試合は、優勝をかけた伝統の一戦だけあって、ものすごい展開でした。

日本語解説付きのハイライト動画のリンクを貼っておきます。

ベアーズのマーシャルのTDパスレシーブとか、最後のロジャースのTDパスとかすごいですよ。

twitterでも驚きの声が飛び交ってましたから。

NFL JAPAN「【第17週】パッカーズ対ベアーズ」へのリンク


では皆様、良いお歳を


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック