【年賀状まだ間にあう?】年賀はがきのない方へ「お年玉付年賀50円郵便切手」と言う手段

多くの方がそうされていると思いますが、我が家でも年賀状は、お年玉くじが付いている官製の年賀はがきを使用しています。

今年いただいた年賀状も、ほとんどがそうでした。

やはり

「お年玉くじ付きの年賀はがきじゃないと失礼かも」

と言う考え方が、我が家をはじめ、多くの方が持っているのだと思います。


しかし官製のお年玉くじが付いている年賀状が足りなくなったりしたらどうするか。

選択肢として、

「お年玉付年賀郵便切手」

を使う手があります。

これは、年賀切手にお年玉くじ番号が付いているものです。

ただし、「寄付金」として3円が加算されます。

つまり、1枚53円と言うわけです。

(来年用からは、消費税増税により、値段は変動するものと思われます

 なお、一般のはがきは50円から51年になります)

詳細は下記サイトで「お年玉付年賀50円郵便切手」を検索してみてください。

日本郵便「特殊切手「平成26年用年賀郵便切手」の発行」
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2013/h251101_01_t.html


なお、今回私はこれを2枚使いました。

うちにも一枚、その切手を使ったものが届いていました。

             20140103弐くじ付き年賀切手

消印(年賀状って消印押さないんじゃなかったっけ)のところに、くじの番号があります。

この番号が、年賀はがきの当選番号と同じか、までは調べませんでした。

なお、今年の抽選日は1月19日(日)です。

当選番号は日本郵政グループのサイトに載るでしょう。


ところで年賀状って、いつまで出してもいいんでしょう?

下記リンク先に、いろんな声が載っています。

livedoorNews「年賀状はいつまでに出せばOK?」
http://news.livedoor.com/article/detail/8398789/


1月7日までとする説から、1月いっぱいとする声まであります。

私としては、抽選日までに届けばいいかな、と思っております。

なお、前述の「お年玉付年賀50円郵便切手」は、1月10日まで発売されているそうです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック