【ソチオリンピック】ボブスレーに注目してみる



(フェラーリなど有名自動車メーカーが協力する、ボブスレー界のことを伝えるニュース動画)


ソチオリンピックでは、ボブスレーに注目してみようかと思います。

「下町ボブスレー」プロジェクトの成果は、次回の平昌(ピョンチャン)オリンピックまで持ち越されることになりましたが、その成果がどれくらいのものなのかを理解するには、今回のオリンピックで見ておく必要があると考えるからです。

下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト「下町ボブスレーソチ五輪不採用の通告について」へのリンク

日本のボブスレー界は、ずっと恵まれないボブ(選手が乗る機体)を使用してきたそうです。

しかしヨーロッパでは、冒頭の動画にありますように、フェラーリ(イタリア)やマクラーレン(イギリス)、BMW(ドイツ)など有名自動車メーカーが、それぞれの国のボブを作ってきました。

これが成績に反映されていたそうです。

そのため、東京都大田区の町工場などがたちあがり、「下町ボブスレー」プロジェクトが始まりました。

この地域の町工場は、規模は小さく一般には無名ながらも、NASAに納品するなどの世界的にもトップレベルの技術力を持っています。

「下町ボブスレー」プロジェクトは、この技術力を日本ボブスレーに生かそう、と言うものです。

しかしソチオリンピックにはボブの開発は間に合いませんでした。

日本はラトビア製のボブでソチに臨むことになりましたが、プロジェクトは次回の平昌を目指して続行されるそうです。

讀賣新聞「五輪を目指す、初の国産そり「下町ボブスレー」」へのリンク

今回の成果を知らないと、次回の成果も理解できない。

ボブスレーについてはほとんど知識はありませんが、そう思って、私は今回ボブスレーを見てみようと思ったわけです。


日本が参加するボブスレーの日程は以下の通りです。

【男子2人乗り】

1回戦、2回戦 日本時間2月17日 01:15~

3回戦、4回戦 日本時間2月17日 23:30~

【男子4人乗り】

1回戦、2回戦 日本時間2月23日 01:30~

3回戦、4回戦 日本時間2月23日 18:30~

結果は下記サイトで見られると思います。

日刊スポーツ「ソチ五輪>ボブスレー」へのリンク


ところで、


ボブスレーと言えば、アメリカの

ジョニー・クイン(Johnny Quinn)

と言う選手が、トイレに閉じ込められたり、エレベーターに閉じ込められたりの災難に逢っているそうです。

GIZMODO「ソチのトイレに閉じ込められスイス人記者は泣き叫び、ボブスレー米代表は体当たり脱出」へのリンク

スポニチ「ボブスレー米代表また閉じ込められた…今度はエレベーター」へのリンク


この選手について、

「以前にはアメフトのワイドレシーバーとして活躍し、NFLのバッファロー・ビルズ(Buffalo Bills)やグリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)、カナディアンフットボールのサスカチュワン・ラフライダーズ(Saskatchewan Roughriders)でプレーした経験を持つ。」(AFPの日本語記事)

「クイン選手は米プロフットボールリーグ(NFL)グリーンベイ・パッカーズで活躍した元アメリカンフットボール選手で」(CNNの日本語記事)

とあります。

パッカーズファンの私ですが、名前を聴いた覚えがないのでWikipediaの英語版を調べてみたら、ビルズ、パッカーズとも

「Offseason and/or practice squad member only」

(オフシーズン、またはプラクティススクワッド)

としての在籍で、公式戦でのプレイはないようです。

NFLの公式サイトにも「Johnny Quinn」の名はあるのですが、2008年のプレシーズンゲーム(オープン戦)の出場成績しかありません。

NFL「Johnny Quinn>Game Logs」へのリンク

実質的にはNFLではプレイできなかったようですが、でもさすがフットボーラー。

同じく閉じ込められたスイスのジャーナリストは、ドアに体当りしてもビクともせず、あきらめて泣き叫んでいたそうです。


ボブスレーには、技術のほかに、パワー、スピード、体重が必要で、これらはアメリカンフットボールの選手に共通するものだそうです。

ですから、今回のクイン選手に限らず、アメリカのボブスレー選手には、アメフト経験者がほとんどで、中には現役選手もいました。


大学フットボール時代、タッチダウンレシーブをするクイン選手の動画がこちらです。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック