【ホークス】開幕前に書いておきたいいくつかのこと


オープン戦も終わり、日本プロ野球の2014年シーズンが、今週末始まります。

そこで、福岡ソフトバンクホークスについて、開幕前に書いておきたいことをいくつかあげておきます。

1.オープン戦のダントツの成績をどう受け止めるか

ホークスはオープン戦を15勝2敗2分け、勝率.882とダントツの成績で終えました。

しかも最後の試合で、オープン戦新記録の13連勝を達成して。

オープン戦の順位表や打撃や投手の成績はこちらにあります。

日刊スポーツ「オープン戦順位表」へのリンク


ホークスは全ての分野でトップです。

試合数が多いことも関係しているとは思いますが、得点、本塁打数、盗塁、打率は最高で、失点、防御率は最少です。



これらの数字を見て、中には不安に感じるファンも少なくないでしょう。

シーズンでのツキを使い果たしたんじゃないか、とか。

これで優勝できなかったら何を言われるか分からない、とか。

でもね、なるようにしかならんのです。

そりゃあ、これだけ数字がペナントレース残せるかは疑問です。

じゃあ、もう少し悪い成績だったら良かったのか?

そんなことないですよね。

それに、逆にシーズンに入れば、もっと素晴らしい成績を残せるかもしれません。

可能性だけはあります。

ですから、オープン戦でいちばんファンを喜ばせてくれた選手たちに感謝して、ワクワクしながら金曜の開幕を待ちましょう。



2.ピックアップしておきたい選手

オープン戦で印象に残った選手のことを書いておきます。

1)今宮選手

打撃が絶好調で、スランプらしいスランプがありませんでした。

打率は4位、驚くべきことに打点は1点差の2位です。

今宮選手は何かつかんでくれていれば嬉しいのですが。

3割30盗塁は、決して無理ではない選手へと育ってくれました。



2)本多選手

昨年は本多選手としては物足りない数字でしたが、オープン戦では復活が期待できるような大活躍でした。

盗塁は10回走って全て成功。

相手バッテリーにとっては、脅威が復活した、と感じるでしょう。

ペナントレースでは、一番か九番になるのか…



3)森投手

ルーキーの森投手。

実績を残していたんですが、左太もも裏を痛めて、一軍から外れてしまいました。

投げっぷりの良さと、強心臓で、ものすごく期待していたんですが、残念です。

それでもシーズンはこれから。

焦らずに治して、上がってきて欲しいです。



4)大場投手

一軍のオープン戦では好投を続けていました。

懸念された、四死球から崩れることもなく、抑え続けていました。

一昨日?の二軍戦では打ち込まれたようですが…

二軍でより、一軍での方が力を発揮するタイプの選手はいます。

特に、打たせてとる投手の場合は、一軍の高い守備力があってこそ、力を発揮するようです。

大場投手はそういうタイプだとは思えないのですが、一群で活躍して欲しいです。



3.移籍してきた選手の印象

最も意外だったのが中田投手。

いい投手には違いないけど、制球が乱れがちで安定していない、と聞いていました。

しかしここまで、波もなく安定して相手を抑えています。

期待してしまいます。



「スタンドリッジ」の頃も悪くはなかった印象がありますが、スタンリッジ投手も抑え続けています。

これはタイガースでの活躍を知っている人には驚くことではないようですが。

私は全然知りませんでしたので、いつの間にここまで成長したんだろう、と驚きました。



サファテ投手とウルフ投手は、まあ、期待通りです。



鶴岡選手は、味方にすればここまで頼りになるのか、と驚きました。

たしかに、嫌なところで撃たれていた記憶はありますが、ここまでだとは思いませんでした。

それに、千賀投手のくせを教えてやったりとかの貢献もしてくれています。

頼りにできます。



岡島投手は、加齢により、やや衰えた感がありますが、それでも中継ぎでは頼りになると思います。

李大浩選手はスロースターターらしいですし、最近はうち始めましたから、問題ないと思います。

こうやって見ますと、他球団から獲得した選手で、今のところ期待はずれと思える選手はいないように感じます。

これはけっこう奇跡的なことじゃないでしょうか。



4.あの2人はどうしているんだ?


これだけの快進撃を遂げたホークスですが、関東ではほとんどニュースになっていません。

その中でも、全然情報が入ってこないのが、武田投手と山田投手です。

調べてみたら、武田投手は右肩に違和感があって調整中。

山田投手は打球を当てて負傷、ということがわかりました。

2人ともまだ二軍の公式戦では投げてないようです。

武田投手はエースになれる逸材ですし、山田投手は貴重な左腕です。

じっくりと治しては欲しいですが、はやく朗報を聞きたい気持ちもあります。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック