【2014年4月13日】「オードリーのオールナイトンッポン」の感想にかえて

今朝のオードリーオールナイトニッポンは、生では少ししか聴けそうにありませんので、あらかじめ番組とオードリーに関することを書いておきます。

今回の放送は後で録音を聴いて、特記するべきことがあれば、後日書かせてもらいます。


1.あと半年で5周年かな

オードリーオールナイトニッポン」が始まったのが2009年10月9日。

そんなわけで、2014年10月には5周年となります。

秋の改編を乗り切れればの話しですが、乗り切れないことは考えられないと思います。


前も似たようなことを書きましたが、この5年と言う時間は人の嗜好を変えるのに十分な時間で、twitterを見ていますと、私のように番組当初からずっと今まで番組を聴きながらツイートしている人もいれば、聴かなくなった人、あるいは最近聴くようになった人もいるようです。


ところで昨日、職場のある人と話したのですが、長いこと社会人をやっていると、4月になってもなかなか気分一新で新しい電度が始まる、と言う感じがしません。

環境が変わりませんから。

私は「オードリーオールナイトニッポン」が始まった時から30年前、1979年10月には、福岡の中学三年生でした。

そして5年の間に、高校に進学し、予備校に行き、1984年には東京の大学生になっていました。

こんなに環境が変わりまくりましたので、好きになったものや興味がなくなったものがあります。

予備校生の時までは、「オールナイトニッポン」を聴いてましたが、大学生になって聴かなくなりました。

他にいろいろと忙しくなったからです。

あの時に「オードリーオールナイトニッポン」があったらどうだったろう?

聴かなくなっていたかもしれません。


今は当たり前のように毎週「オードリーオールナイトニッポン」を聴いて楽しませてもらってますが、それはけっこう

「奇跡やぁ」

なことだと感じています。


関係ないことですが、私の嗜好で1979年からの5年間で外的要因で変わったことは、ラグビーを見るようになったことです。

1979年当時はラグビーとは全然縁も興味もなかったのですが。

進学した高校がラグビーを「校技」とするところで、体育やそれ以外でもラグビーを学び、進学した大学もラグビーが強かったので、現場に行って見るようになりました。


2.考えてみれば「奇跡」なこと

基本的にtwitterをしながら「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いているわけですが、これまで番組に関することで、私のような一般の人が炎上を起こしたことは記憶にありません。

(まあ他の番組でも聞いたことがないですし、若林自身は起こしましたが…)

これはけっこう「奇跡」なことじゃないかと考えます。

ただ、去年の夏から「バカッター事件」などと呼ばれる炎上事件が相次いでおり、人々の感覚が、以前より炎上が特別なことでもないようになってきたように感じますので、これからは起きるかもしれません。


そう言えば若林の新車の納車のときに、現場の出待ちの人に車の写真をアップするよう促すツイートがいくつかありました。

それにこたえたツイートは見当たりませんでしたが、もしあったら、そして広く広まっていたら、炎上していたかもしれないな、と感じます。


3.春日の記事

こんな記事がありました。

楽天WOMAN「地下格闘技にゲテモノまで…“一流ロケ芸人”オードリー春日の秘密」へのリンク

記事にありますように、テレビで見かける回数は若林が多く感じます。

でも春日は、普通の芸能人では難しい、体をはったロケをこなしています。

どちらもそれぞれの立ち位置を確立していて、十分に活躍しており、今後も期待できると思います。

前も書きましたが、「オードリーのオールナイトニッポン」を聴き始めて思ったことは、「春日ってこんなに面白かったのか」と言うことです。

その驚きをどんどん加速させてくれているようで、嬉しいです。



来週は普通に生で聴いて、実況ツイートに参加させていただく予定です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック