【つりではない】7年目に入ったブログ、足りないものと、強いところを考えてみた



(歴代の「NFL Top 100 Players」の第1位、ジェリー・ライスのことを伝える動画)

こんな記事を読みました。

HuffPostJapan「一部リーグにも入れなかった「足の遅い」高校生が、史上最高の選手になれた理由は」へのリンク

大学の2部リーグ校からNFLに入り、2010年に「史上最高の選手」に選ばれた、元サンフランシスコ・49ナーズのWRジェリー・ライスのことから、自分の成長の仕方についての提言が書いてあります。

(なお、詳細なTOP100は、私のブログの下記リンク先にあります

「NFL史上の偉大なプレイヤー、トップ100人が発表される」へのリンク

前述の「一部リーグ」の大学とは、一般的に言う「NCAA」のことで、もっと細かく言いますと、「NCAAディビジョンI-A」に所属する大学のことのようです。

NFLに入るような高いレベルの選手は、ほとんどこれらの大学を経由しています。

しかも奨学金をもらって。


ですから、こう言う大学に進学できなかったジェリー・ライスは、ほとんど注目されなかった存在だったのですが、NFLに入って、ほとんどのパスキャッチの記録を塗り替え、史上最高の選手とまで言われるまでになったのですから驚きです。

これだけの経歴を見ても、ライスが、われわれが想像できないほどの努力をしたことがわかります。


それはさておき


リンクを貼った記事が言いたいことは、

「たとえ一般的にもっとも重要と思われていることを捨てても、自分の強みにフォーカスする」

ことも、何かを成し遂げる上の方法の一つだとあり、

ブログを書くこと」

でそれをたとえています。


では私のこのブログはどうか?

私のブログで「一般的にもっとも重要と思われていること」で「捨て」ていることは、

「うまい文を書くこと」

「芸術的な表現をすること」

です。

自分の能力ではそれはできない、のかどうかはわかりませんし、それを安直に認めることもしたくはありません。

ですが、とにかくそう言う「名文」を考える時間がないですし、そう言う難しいことは書きたくないという気持ちはあります。


逆に「自分の強み」とは何か?

おそらく

「わかりやすさ」

だと思います。

ときどき言われるのですが、自分の書くものはけっこうわかりやすいそうです。

書いている本人は、それができているか自信がないのですが。

私がブログでやりたいことと言うのは、私の考えを伝えたいということでして、そのためには「芸術的な文章」ではなく、「わかりやすい文章」のほうが向いていると考えます。

そしてそのことで、

「自分が一番得意とする分野、自分が一番書きたいこと、自分のスタイルにあった書き方」を磨きあげることで、「自分ならではのブログ

は達成できていると思います。

ですから、これでいいんだろうなぁ…と思っています。


私のブログも、去る4月で7年目に入りました。

これからもよろしくお願いします。


【余談】

ときどき「アメフトについてわかりやすく書いている」、と言われることがあります。

それは私の手腕ではなく、アメフトとはそもそもわかりやすいスポーツだからだと考えています。

「アメフトは難しい」

と言う誤った先入観が、日本では定着しているのが残念です。

アメリカでは、老若男女、子供ですら楽しんでいるというのに…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック