【今週開幕】日本の優勝が期待される、第1回 アメリカンフットボール大学世界選手権大会

【追記】

日本時間5月4日20時からの日本対フィンランド戦は、下記サイトで生中継されます。

アメリカンフットボール日本代表公式サイト「5月4日(日)20時~ 日本対フィンランド戦生中継」へのリンク


【本文】

明日、2014年5月1日(現地時間)に、

第1回アメリカンフットボール大学世界選手権大会

(1st World University Championship in American Football )

が、スウェーデン王国ウプサラ市で開催されます。


出場チームは以下の5カ国

・日本

・中華人民共和国

・メキシコ

・フィンランド

・スウェーデン


スケジュールは以下の通りです。

(日本時間に直すには7時間足せばよいそうなので、それで算出したものを書いておきます)

・5月1日(木)17:00(日本時間5月2日0:00) 開会式

・5月2日(金)15:00(日本時間5月2日22:00) 中華人民共和国 対 フィンランド

・5月2日(金)18:30(日本時間5月3日3:30) スウェーデン 対 メキシコ

・5月4日(日)13:00(日本時間5月4日20:00) フィンランド 対 日本

・5月4日(日)17:00(日本時間5月5日0:00) スウェーデン 対 中華人民共和国

・5月6日(火)15:00(日本時間5月6日22:00) メキシコ 対 フィンランド

・5月6日(火)18:30(日本時間5月7日1:30) 中華人民共和国 対 日本

・5月8日(木)18:30(日本時間5月9日1:30) 日本 対 スウェーデン

・5月9日(金)18:30(日本時間5月10日1:30) メキシコ 対 中華人民共和国

・5月10日(土)16:30(日本時間5月10日23:30) フィンランド 対 スウェーデン

・5月11日(日)16:30(日本時間5月11日23:30) 日本 対 メキシコ

私の日本時間への計算間違いなどあるかもしれませんので、オリジナルのスケジュールサイトへのリンクを貼っておきます。

「1st World University Championship」scheduleへのリンク

正確なところは自信はないですが、下記サイトで中継されるようです。

「1st World University Championship」LIVEへのリンク


日本代表選手の一覧は、下記サイトをご覧ください(PDF)

「第1回 大学世界選手権大会2014年大学日本代表選手(68名)」へのリンク

そして日本代表を率いるのは、京都大学を何度も日本一へ導いた名将

水野弥一監督

です。


大会の動向については公式サイト(英語メイン)かアメリカンフットボール日本代表チームのサイトを見れば、把握できると思います。

「1st World University Championship」へのリンク

アメリカンフットボール日本代表チーム「カレッジ日本代表チーム」へのリンク


公式サイトには、 山田晋三日本代表コーチへのインタビューがあります。

1st World University Championship「Speed and discipline are Japan’s keys」へのリンク

「スピードと規律が日本代表チームのカギ」

と直訳できますが、これまでフル代表(正式には「シニア代表」)の試合を見ますと、まさにその通りだと感じます。

この2つ秀でていたからこそ、日本代表は体格で大きく勝るヨーロッパの国々に勝ってきたのだと思います。


さてタイトルで

「日本の優勝が期待される」

と書きましたが、私は本気でそう考えています。

フル代表の話しですが、日本はスウェーデンやフィンランドやメキシコ各国と対戦したことがありますが、負けたことはありません。

中国とは対戦したことがありませんが、たぶん他の世代、性別で中国は初参加だと思います。

そう強くはないかな、考えます。

ですから、日本が優勝する確率はかなり高いと思います。

(アメリカは国内大学リーグのルールで、参加できないものと考えます。

 そんなルール、こう言うときは目をつぶればいいのに、とも考えられますが、それができないほど、アメリカの大学フットボールはビッグビジネスだと言えると思います

 カナダ不参加の理由はわかりませんが、同じようなものかな、と思います)


結果的に優勝できたとしても、大差で勝ったとしても、決して「楽勝」ではないと思います。

体格で勝る相手とぶつかりあいながら勝つのは、並はずれた精神力と作戦、そのための準備が必要ですから。

大変な努力が必要だと考えます。

でも、きっと優勝してくれると期待しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック