【2014年5月18日】「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想




(NFLの超一流選手だったO.J.シンプソンのハイライト動画)


2014年5月18日の「オードリーのオールナイトニッポン」について書きます。

今週は1時28分まで、「徹底解明!SHERLOCKの秘密」を見ていたため、オープニングの大半を聴けませんでした。


1.番組の流れ

1)オープニング

前述の通り、「徹底解明!SHERLOCKの秘密」を見ていたため、ほとんど聴けませんでした。

まともに聴き始めた時には、流れ星のちゅうえいの話しをしていました。

その後「お堀のクジラ」の告知をやっていました。

twitterをさかのぼると、先週春日がニッポン放送で自分磨きをしたことが、「ナインティナインのオールナイトニッポン」で触れられ、ナインティナイン岡村が「(春日は)ニッポン放送破門ですよね」と言っていたことが語られていたようです。

今週のオープニングは1:31までと、いつも通りの長さでした。


2)若林トーク

ある番組の企画で、結婚相談所に自分たちの経歴書を送る、と言うことをやったそうです。

その流れで結婚にたいして真剣に考えてみた、と言うことからトークが始まりました。

なんでも、何人かの既婚者に結婚生活について尋ねたところ、「おまえがうらやましい」ようなことを言われたそうです。

夫婦二人とも好きな番組があると、録画を一人だけで先に見ることは許されないし、エロDVDを再生機に入れたままにするなんてできない。

ましてや自分が好きな時に自分磨きなど論外。

これを聴いた春日は

「地獄だね」

とポツリ。

そして

「自分磨きが自由にできないようなら、ワシはもう結婚しなくていいわ」

「自分磨きのために、この世に生をうけた」

「国会で自分磨き禁止令が成立したらデモをする」

などと続けて言ってました。


その後渋谷のちとせ会館の中の店で合コンを行った話となりました。

若林は10何年かぶりにちとせ会館で飲んだ、と言っていました。

私ももう20年近くはちとせ会館では飲んでいないと思います。

学生のころはちょくちょく行っていましたが。

20140518ちとせ会館

(ちとせ会館の外観

 写真の左外に、ふくろうの形をした交番があります)


twitterでは、若林の結婚話しの中の夫婦生活にかんするトークについて

「10代の夢見る女の子には酷な内容」

と言うようなものが見られました。

まあそうでしょうな。


3)春日トーク

タンザニアのハッザ族(Hadza people)の村で「部族ロケ」を行った話しでした。

ハッザ族は一万年前の生活様式を今でも守っているため、「最古の部族」と言われているそうです。

現地に到着して「村長はだれか?」と尋ねたら、そんなものはおらず、年長の方がリーダーとなっているそうです。

歴史の一般論では、狩猟社会では集団で狩った獲物は平等に分けていたため、身分と言うものは存在しにくかったのですが、農耕が始まり、それぞれの家で農業をおこなうようになり、その取れ高により、身分ができたことになっていたと思います。

ハッザ族は今でも狩猟社会だそうです。

ですから、村長と言うものが存在しなかったとも考えられます。


ところでその村に「よっぴ」と言う犬がいて、犬好きの春日がやさしくしてやると、非常になついてきたそうです。

帰国の際、村人に「よっぴ」ってどういう意味なのか?と尋ねたら、「ダニ」と言う意味だそうです。


ハッザ族について調べたところ、日本語のWikipediaには、独立した項目としてのサイトはありませんでした。

英語版に「Hadza people」という項目でサイトがあります。

また下記リンク先の記事に特集があります。

ナショナルジオグラフィック「ハッザ族 太古の暮らしを守る」へのリンク

彼らの暮らしぶりをおさめた動画が、下記リンク先にあります。

YouTube「Hadza bushmen: Tanzania East Africa 2000」へのリンク


4)「実録、若林学部」

職人のデレクジーカーさんによって、いい意味で荒れたコーナーとなりました。

・「ブレイクしてた時に描いていた5年後は、もっと売れているはずだった」

最初にこのデレクジーカーさんの投稿が読まれたのですが、、若林がまじめに激しく食いついて、結果「推薦合格」と言う名誉を得ました。

しかし次から読まれる投稿には、若林はあまり興味を示さなくなり、ことごとく「不合格」となりました。

・「いよいよお鍋になって七年目の夏を迎える」

・「精子が出るとき、ドーンと言う大きな音がする」

・「7歳の妹がいる」

・「年に一回竜馬の墓を訪れる」

 若林は、どちらかと言うと坂本竜馬より新撰組のほうに興味があるそうです。

 「竜馬はスーパースターすぎる」

 とのことでした。

 私はあまり幕末のことは知りませんが、その意見には同意です。

・「一回すべるごとに、罰として、右腕に「正」の字で傷をつけている」

・「MCの番組に臨むときは、がんかけでペディキュアをしている」

・「鬼塚、と言う名字で生まれてきたかった」

・「自分をブスかイケメンかで分けるとしたら、イケメンだと思う」

 これに対し

 「なんだと。てめぇのツラ送ってこいよ!」

 ときれていましたが、これは推薦合格したデレクジーカーさんのものだと春日に教えられると、少しは落ち着いていました。

結局今週はこのコーナーで、デレクジーカーさんのメールが4~5通読まれました。


5)「ハガキのコーナー」

・「若林から先輩芸人に送ったチーム付け焼刃のカラオケ大会のレポート」

 開会時に国歌斉唱が行われたというくだりがありました。

 余談ですが、先週行われ、若林もtwitterで触れていたNFLのドラフト会議ですが、この時も開会前に国歌斉唱が行われたそうです。

・「春日の転職報告」

・「春日から、熟女による読書コンクール報告」

このコーナーについて、若林から再度のお願いで、ハガキに記載するネタの内容を、半分ぐらいの長さにしてほしいとのことでした。

今後は長いのは読まない、とも言っていました。

短いほうがみんなハッピーだから、とのことだそうです。

私は、このコーナーはけっこうおもしろくて好きなんですが、長すぎて詳細を報告できないでいます。


6)しんやめ


7)エンディング

若林の合コンの話しの続きですが…

連絡先を尋ねようとしたら、今はもうそういうのは古いそうです。

今は、コンパ終わったら、幹事同士がLINEのグループを作って会話をするそうです。

と言うことは、ひどいものでなければコンパごとにLINEのグループができることになるそうです。

ちなみに、アルバイトのみほちゃんは51グループに入っている、と若林にさらされていました。

本当かどうかはわかりませんが。


「昔は実家に電話して、最初に親が出てきて、かわってもらったりとかあったじゃない」

と、たしか春日が言っていました。

そうそう、そうでした。

女の子との会話だけではなく、サークルの勧誘のフォローの電話とかもそうでした。

勧誘される側もうざいと思っているでしょうが、勧誘する側もけっこう精神的に辛いもので、その頃は本当に電話を前にゆううつになっていた記憶があります。


2.ITを利用したおかずの調達について

先週の放送で、春日は自分磨きのおかずについて、「Androidで…」と言っていました。

ちょっとそれは危険だな、と思いました。

Androidとはスマートフォンに搭載されているOSの一つで、iPhoneに搭載されているiOSと勢力を分け合っています。

iPhoneやiPad以外のスマホやタブレットは、Androidだと思っていい、と言うぐらい主流です。

ですが、iOSに比べるとセキュリティがゆるくて、マルウェアの入ったアプリがたくさんあるようです。

スマホやタブレットでおかずを調達するなら、iPhoneやiPadでやるほうが安全だと考えますが…


3.「O.J.シンプソン」とは

先週、初単独ライブの名前をどうするか、ということについて、候補の一つに

「O.J.シンプソン」

というのもあげていたそうです。

「O.J.シンプソン」について初耳のかたもいるでしょうが、トークの流れでお気づきの通り、昔のアメフトの名選手です。

若林と同じくRBでした。


NFLでは、RBは年間千ヤードを走れば一流とみなされますが、シンプソンは史上初めてその倍の二千ヤードを走った選手です。

1973年に2003ヤードを走ったわけですが、その後この記録は何人かに破られました。

しかしシンプソンの記録のすごいところは、以下の2点です。

・シンプソンが記録を樹立した当時は年間14試合制で、それを破った選手たちの記録は、すべて現在と同じく16試合制でのことであること
(たぶん、シンプソン以外には、14試合までに二千ヤードに到達した選手はいないと記憶します)

・現代に比べてシンプソンが記録を樹立した頃は、オフェンスに不利なルールだったこと
(具体的には、QBを守ったり、RBに走路をあけるためのブロックのルールが厳しく、記録が伸びにくい状況でした)


アメフト選手としては殿堂入りするほどの選手でしたが、1990年台中頃には殺人事件の被疑者とされます。

刑事裁判では無罪とされましたが、民事裁判では敗訴しました。

この事件は、けっこう日本でも報道されました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック