『SHERLOCK/シャーロック』第3シーズン直前、関連するいくつかのこと

20140524映画風シャーロック

(インターネットからの拾いもの

 TVドラマ「SHERLOCK/シャーロック」(ベネディクト・カンバーバッチ主演)による映画の「シャーロック・ホームズ」(ロバート・ダウニー・Jr主演)のパロディ画像)


いよいよ今夜9時から、『SHERLOCK/シャーロック』第3シーズンが始まります。

下記リンク先には、若干のネタバレがあります。

NHK「SHERLOCK(シャーロック)3|NHK BSプレミアム 海外ドラマ」へのリンク

私はストーリーはほぼ知りませんので、これ以上、このブログ記事にネタばれはありません。

感想などは放送された後、ネタばれ入りで書いていこうと思います。

いくつか『SHERLOCK/シャーロック』とシャーロック・ホームズに関することを書いておきます。


1.「徹底解明!SHERLOCKの秘密」 で紹介されなかった重要人物

先週土曜深夜に放送された「徹底解明!SHERLOCKの秘密」 ですが…

スタッフであり、マイクロフト・ホームズ役として番組に登場するマーク・ゲイティスの語りで番組が進められました。

ゲイティスの日本語吹き替えの語り方は、たぶんマイクロフトを意識しているのでしょうが、なんとなく番組進行には違和感があり、それがまた新鮮でおもしろかったです。

番組では、原作と『SHERLOCK/シャーロック』に共通して出てくる人物について、その役を演じている俳優さんが出てきて、紹介していました。

シャーロック・ホームズから、ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン、レストレード警部、マイクロフト・ホームズ、モリアーティー、アイリーン・アドラーなどなど・・・

ワトソンのところなどは大変興味深かったです。

ところで一人、重要なキャストを忘れていませんか?と感じました。

ハドソン夫人です。

たしかハドソン夫人に関しては紹介がなかったと思います。

シリーズの作品のほとんどに出てくるこの人物についても紹介がほしかったです。

『SHERLOCK/シャーロック』での、シャーロックとハドソン夫人との出会いのくだりなどは大変おもしろいので、ぜひ紹介してほしかったのですが。

「徹底解明!SHERLOCKの秘密」は、本日2014年5月24日(土)午後2時30分~3時28分、BS-プレミアムで再放送予定です。

2.『SHERLOCK/シャーロック』のコミック、第2弾が発売へ

昨年コミック化された『SHERLOCK/シャーロック』の「ピンク色の研究」につづき、第1シーズンの第2話「死を呼ぶ暗号 」のコミックが、6月7日にKADOKAWA/角川書店から発売されます。

角川書店>男性向けコミックス 「 SHERLOCK 死を呼ぶ暗号」へのリンク

Amazon「SHERLOCK 死を呼ぶ暗号 (カドカワコミックス・エース) [コミック]」へのリンク

「ピンク色の研究」は買って読みましたが、ぜひ他のものもコミック化してほしいと思っていました。

楽しみです。


3.人形劇「シャーロック・ホームズ」のDVDが発売へ、小説化も

3月にNHKで放送された、三谷幸喜の人形劇

「シャーロック・ホームズ」

のDVDが、7月16日に発売されるそうです。

マイナビニュース「三谷幸喜×井上文太によるパペットエンターテインメント『シャーロック ホームズ』 DVD発売決定!」へのリンク


Amazon「シャーロック・ホームズ (1) [DVD] 」へのリンク

この番組は私も見ましたが、ストーリーよりも、よくもこれだけ原作をとりいれたものだ、と驚きました。

そう言う意味で、以前このブログで感想を書きましたように、大変面白かったです。

そして小説化されたものが4月4日にすでに発売されていました。

Amazon「少年シャーロック ホームズ 15歳の名探偵!! (集英社みらい文庫) [新書]」へのリンク

小説は読んでいないのでなんとも言えませんが、見逃したホームズファンの方には、DVDはおすすめです。

なお、この人形劇は8月にも第2弾が放送されるそうです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック