【米女子アメフト】日本人女性が所属する2チーム、全勝のままプレイオフに突入



(サンディエゴ・サージのある試合のダイジェスト動画

 鈴木弘子選手は79番です)


アメリカの女子アメリカンフットボールの最大のリーグ、WFA(Women's Football Alliance)のレギュラーシーズンが終了しました。

このリーグには2人の日本人女性チームがいます。

ボストン・ミリシャ(Boston Militia)のDL小倉典子選手。

サンディエゴ・サージ(San Diego Surge)のDL鈴木弘子選手です。


このままいくと、王座決定戦はこの2チームの対戦になる可能性が非常に高いようです。

現時点での世界中のスポーツのランキングが掲載されているサイトがあります。

下記リンク先に、WFAのレギュラーシーズン最終戦を終えてのランキングがあります。

Massey Ratings「Women's Football Alliance」へのリンク

ランキング1位はボストン・ミリシャで、3位にサンディエゴ・サージが入っています。

2位のシカゴ・フォースは、ボストン・ミリシャと同じカンファレンス(「同じグループ」だと思ってください)に所属しますので、結局王座を争う2つのカンファレンスの代表は、順当に行けば、ボストン・ミリシャとサンディエゴ・サージとなるのです。

あくまでもこのランキングありきの話しですが、これまでの両チームの成績を見てみると、まんざら日本人の希望的観測ではすまなく、本当に現実となる可能性が高いように思えます。

これは楽しみすぎます!!

アメリカ時間の6月14日からプレイオフが始まりますが、この2人のチームは、成績が良かったので、シードとして1回戦が免除され、2回戦の6月21日がプレイオフ初戦となります。


ちなみに開幕前の2月の段階でのランキングについて、鈴木弘子選手が自身のブログに書いています。

鈴木弘子オフィシャルブログ「Being Betty>今年の優勝予想」へのリンク

このとき、ボストン・ミリシャは2位

サンディエゴ・サージは9位でした。


ボストンについてはよく知らないチームで、小倉選手はそんな強いチームに移籍したのかと驚きました。

移籍当初、ロースターに残れるようがんばる、と書かれてましたが、残れたどころか、このナンバーワンチームで主力としてかなり活躍されています。

下記リンク先にボストンの戦績が載っていますが、小倉選手はディフェンスばかりではなく、オフェンスでも数字を残していますし、スペシャルチームでも出場されています。

「#18 Noriko Kokura」

と言う名前を探せば、その活躍ぶりがわかります。

なかなか、できることではないです。

WFA「2014 Boston Militia Team Stats for Weeks 1 Through 10:」へのリンク


サンディエゴの評価が思ったより低いな、と思いました。

開幕前の評価を覆すように、サンディエゴは一方的な勝利を続けました。

総得点445点に対し、失点は18点です。

これは恐ろしい。

それでも3位なのか、と不思議に思うのですが。

下記リンク先には、サージの戦績が載っています。

WFA「2014 San Diego Surge Team Stats for Weeks 1 Through 10:」へのリンク

「#79 Hiroko Suzuki」こと鈴木選手は、今季は負傷に悩まされているようです。

ですがブログを読んでいますと、かなり回復されたようで、これからのプレイオフでの活躍が期待されます。


王座決定戦(「チャンピオンシップ」と呼ばれることが多いです)は、現地時間の8月2日にシカゴで行われます。

その試合に、2人の日本人選手が出場することを祈っています。

そしてその祈りは、かなり高い確率で実現すると思われます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック