【ホークス】「金満球団」として、できる貢献はしていると思うんだが

7月30日の対東北楽天イーグルス戦で、福岡ソフトバンクホークスの飯田優也投手がプロ初勝利をあげました。

飯田投手は2012年10月のドラフトでホークスから育成3位指名を受け入団。

当時は体力に不安があり、守備にも難があって

「育成枠で入団するしかなかった」(7/31朝日新聞)

そうです。

そして今年5月11日に支配下選手登録されました。

これまで4度先発し、好投はしていたもののなかなか勝ち投手にはなれませんでしたが、ついにプロ初勝利。

このことについて、飯田選手はtwitterで

「報告です!
昨日はプロ初勝利を挙げることができました(^^)
これまで関わってくれた人に感謝と共に、慢心することなく貪欲にやっていきたいと思います!
もっと勝つぞー!!
そして、昨日はホークスファンはもちろん、楽天ファンの皆さんもたくさんのご声援ありがとうございました(^^)」
https://twitter.com/15Yuya/status/494788333495529473


左腕の先発が足りなかったホークスに、頼もしい戦力が誕生しました。


ところでホークスは、金を惜しまない補強をすることから、他の同じようなチームとともに

「金満球団」

と揶揄されています。

まあそれは仕方がないでしょう。


しかし一方では、ビッグネームばかりではなく、読売ジャイアンツとともに、多くの育成選手を抱えています。

その数は現在22名で12球団最多です。

そして過去には、山田大樹投手、千賀滉大投手と、一軍でも主力級の選手を輩出してきました。

これも、「金満」でなければできなかったことだと思います。

他球団よりは、多くの若者にチャンスを与えてきたと言えるでしょう。

三軍制も強いて、NPB球団だけではなく独立リーグや社会人、大学チームと試合を行い、実戦での経験も積ませています。

ホークスのこう言う姿勢は、ファンとして誇らしいことだと思います。


一方で「【巨人】育成14選手の今季支配下見送り(スポーツ報知) - Y!ニュース」についた

「それだけ飼い殺せる資金力が凄いわ」

と言うコメントのように、実質的な囲い込みだと批判する声があることも事実です。


物事にはいところと悪いところがあるのが普通ですし、私は、育成枠で雇えるのであれば、そうしたほうが選手のためにも、そして将来的にはファンのためにもなると思うのです。

その選手がブレイクすれば、多くの人に希望を与えることになると思いますから。


ところで、飯田投手は北海道・網走市にある東農大北海道オホーツクで大学野球をプレイしたそうです。

年間数十万円の遠征費を確保するため、オホーツク海で「ホタテ漁」のアルバイトをしたり、パン工場でのアルバイトもしたそうです。

有名校の生徒さん達を批判するわけではないですが、学生時代にも野球以外でもかなり苦労しているようです。

「ホタテ漁も経験…育成出身ソフトB飯田 松井裕に投げ勝った(スポニチアネックス) - Y!ニュース」へのリンク

こう言う選手がブレイクしてくれるのは、本当にうれしいです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック