「Crossroad」の女子アメフト鈴木弘子選手編について~もう少し情報を~

2014年8月9日にテレビ東京系列で放送された

「Crossroad」

にて、米女子フットボールリーグのWFAで活躍している鈴木弘子選手が特集されました。

かなりの反響があったようですので、鈴木選手をもっと知りたい方に向け、関連するサイトへのリンクなどを張っておきます。

(おそらく再放送があるものと思われます)


1.関連するサイト

Wikipedia「鈴木弘子 (アメリカンフットボール)」へのリンク

 ↑

最新の情報ではありませんが、鈴木選手について説明について記載があります。


鈴木弘子オフィシャルブログ「Being Betty」へのリンク

 ↑

鈴木選手の公式ブログ。

鈴木選手自身が情報を発信されています。

この番組の放送後、このようなブログ記事を書かれています。

鈴木弘子『感謝!そしてこれから』 へのリンク

一日に何回も更新されていることも珍しくないです。


47NEWS >週刊TURNOVER「鈴木弘子のDirect Snap」へのリンク

鈴木選手が毎週火曜日に寄稿されている、共同通信社の47NEWSの中のコラムのサイト。

大筋は、渡米して今に至るまでの回想ですが、ここ最近は、先日の決勝戦について書かれています。


私のようなアマチュアブロガーが言うのもなんですが、鈴木選手の文章は本当に魅力的です。

どうやったらこんな表現がおもいつくんだろう、と思うことがよくあります。


また、ブログやコラムからは、アメリカンフットボールのこと以外に、ダイエットと言いますか、健康な体づくりのための食習慣、アメリカの文化などを読み取ることができます。


2.紹介されなかったこと

番組を見て、やはり鈴木選手のことを30分で紹介するのは難しい、と感じました。

ストーリー性を持たせるためには、落とさなければいけないこともあるのは理解できます。

番組で紹介されなかったことの中で、これは知っておいてほしい、と思うのは、

昨年、第2回女子世界選手権のための米国代表チームに選ばれた

ことです。

米国での女子アメフト人口は8,000人ぐらい、と聞いたことがあります。

その中に、小柄で高齢の日本人が選ばれたのです。

これは、日本人のサッカー選手がブラジルに行って、ブラジル代表に選ばれることに匹敵すると思います。

いや、年齢のことを考えると、それにも勝る快挙だと思います。

最終的には国籍の関係で試合出場はできなかったのですが、この快挙はもっと知られるべきことだと考えます。


3.女子アメフトの未来

鈴木選手がランガルズと練習するシーンがありました。

その中に一人、もしかしたら渡米してアメフトをプレイされるかな、と思わせてくれる選手がいました。

今、アメリカのフットボール界には、鈴木選手と小倉典子選手の2人の日本人選手がいて活躍されています。

(小倉選手は今シーズン、最優秀守備選手に選ばれるほどの活躍をしました)

ただ、それに続く選手がいる、と聞かないのがちょっと心配でしたので、嬉しくなりました。


ところで、鈴木選手がブログに書いているのですが、来年のスーパーボウルのあと、月の末~3月頭の時期に

「Women's World Tackle Football Games」

と言うイベントがアメリカで開催されるそうです。

これは、各国から何人かの選手を集めて、そこでミニキャンプを張って、最後に参加者で選抜チームを2つ作ってゲームを行う、と言うもののようです。

こちらに鈴木選手がそのことを書いたブログ記事があります。

「女子アメフトゲームスレジスト」へのリンク

(コーチングスタッフにCraig Nallがいたとは驚きました。

 パッカーズファンなら知っている選手です。 )

そして、次回のためのプロモーション動画がこちらです。



アメリカ以外にもいろんな国の国旗が見えます。


2017年には第3回の世界選手権が行われます。

日本はまだ参加したことがありませんから、各国のアメフト事情を把握するうえでも、日本からも何人か参加してほしいなと思いますし、実際もう動いているかもしれません。


4.最後に

番組を見られた方は、鈴木弘子選手がとにかくすごい人、と思われたと思います。

私もそう思ってますから、鈴木選手のことを広めたくて、もう何年も自分のブログに書かせてもらってます。

番組で紹介されたのは、鈴木選手の一面にすぎないと思いますので、ブログやコラムを読み続けていただければと思います。

なお、番組を見られた方の感想ツイートのまとめへのリンクを張らせてもらいます。

togetter「「Crossroad」女子アメフト鈴木弘子選手編を見た人の声」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック