【2014年10月26日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたことと感想~ヒロシを迎えて

2014年10月26日の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことと感想を書きます。

今回は今や「ねたみ芸」で売り出しているヒロシを迎えてのスペシャルウイークでした。

おもしろくて、時間がたつのが早かったです。

なお今回は「しんやめ」がありませんでした。


1.番組の流れ

1)オープニング

オールナイトニッポン」の前に、先週から(だったかな)始まったフジテレビの「ミレニアムズ」を見るのが習慣になってきていることが嫌だ、と若林。

そのまま「ミレニアムズ」のことを話していると、ブースの外で待機しているヒロシが、ものすごい表情で見ていたそうです。

そして、オスカーを離れ、現在所属事務所を探しているTAIGAの話しへ。

時間はあるので、応援する阪神タイガースのCSは全部見たそうです。




日本シリーズも、敵地福岡ソフトバンクホークスの地元へ乗り込むそうです。

昨日の試合、タイガースが勝ったから機嫌が良く、このまま1985年以来の日本一になれるかも、と言っているそうです。

(昨日このブログに、先週のANNで話された若林親子の阪神ファンネタをもとに記事を書きましたので、気が向いたら読んでいただけると嬉しいです。

 「ある阪神ファン親子の 『フィールド オブ ドリームス』」へのリンク

話題は先日放送された「アナタの記憶」の春日の件へ。

同級生の谷口氏が「いい人選だったろ」と胸をはるほど、渋い同級生を連れて出演したようです。

また、春日が小室哲哉のオムニバスを作っていたとか。

一番聴いているのは少女時代だとか…

そんな話しがありました。


「バカリズムのオールナイトニッポンR」に出演して、経験人数をさらした話しも。

こちらに関連記事いがあります。

「オードリー春日俊彰&若林正恭&バカリズムが女性経験人数を告白」へのリンク

2)ヒロシ登場

CM後、ブースにヒロシが入ってきて、SPWの企画が始まりました。

まず、ヒロシのプロフィールが読み上げられたのですが、事実とことなることが2件。

「三鷹でホストをやってた」

とあるのは、実は新宿歌舞伎町だったり

「誕生日は2月14日」

とあるのは、1月23日だったり。

なんでも後者は、、もてない男がバレンタインが誕生日だったらうけるだろう、と言う狙いから詐称したとか。

ちなみに、Wikipedia「ヒロシ」には、ちゃんと1月23日生まれと書いてあるそうです。

キサラでオードリーと一緒になったころの話しとか。

若林は、「笑いの金メダル」(笑金)や「エンタの神様」にも出てるのにキサラにも出ているヒロシを、忙しそうだなぁ、と見ていたそうです。

「あのころの(売れてないオードリーの)2人が、こんなブースでしゃべってるって、すごいね」

とヒロシはその件について語ってました。

「週一でネタ考えなきゃいけないのが恐怖だった」

と回想もしてました。

そしてさりげなく、

「売れていたころの最高月収は400万で、先月は5万円」

とさらしていました。

きっと、よく尋ねられるんだろううなぁ…


3)CMあけ

CM中、ヒロシはtwitterでエゴサーチ(自分の名前を検索して、どういう評判か確認すること)をやっていたそうです。

そうすると最初に出てくるのが

「【悲報】お笑い芸人ヒロシが悲惨な現状を告白!!!!!」

と言うので、へこんでいたそうです。

ヒロシは若林に

「売れてる人には、一発屋の釣竿は見えない」

と言う名言ものこしました。

このセリフは、twitterでかなりツイートされてました。

また、先日オードリーに送られた請求書は、マネージャーではなくヒロシ自身の発案だったとか

2年前再ブレイクしかけた…

なんて話題にもなりました。


4)「実録、ヒロシ学部」

ヒロシがネタの時に使う「ガラスの部屋」をBGMに、「若林学部」風にヒロシに関する投稿が読まれました。

投稿は800通もあったそうで、ヒロシはその多さに驚いていました。

・ダーツをやる際は、売れている芸人の顔を的に貼ってからやる

・どうしようもなくなると、「笑いの金メダル」に出ていた時のビデオを見る

・「エンタの神様」では、ピンなので、誰とも話すことがないので、いつもギリギリに入っていた

・「去年はキンタローが嫌いだったが、最近はテレビで見ないので好きになった」

・「一週まわっておもしろい、と言う業界の人が大嫌い」

・「そこそこ幸せなのに、周りから不幸だとイメージづけられる」

・「裏ならAVに出てもいい」

最後の投稿がきっかけで、最終的に三人が自分のモノを見せ合う、と言うことになりました。

そこでヒロシが

「(俺は)一発屋だから皮が余計についている」

と言っていました。

そこからずっとモノの話しになったのですが、CMに行く直前に若林が

「(ヒロシさん)なに言ってるんですか」

とまともな突っ込みをしたのが、なんだか不思議に感じられました。


5)再度CMあけ

またもCM中にヒロシがエゴサーチをしていたことに触れてから、貯金の話しへ。

そして、ヒロシが若林に「一発屋」の定義へを問い詰める展開へ。

「ひとつのネタを当てた後、引退した人」

であって、ヒロシは「一発屋」ではないとのことでした。

若林の声は、一瞬答えに窮しかねたものの、なんとかリカバーしたように聴こえました。


そしてヒロシあてに来ているメールが読まれました。

「一番の不満はなんですか?」…「テレビで見ました」と言われると、それはたいてい9年前のドラマの再放送なこと

「経験人数は何人ですか」…人数は答えず、とりあえず1日2回しこっているとのこと

「ヒロシさんが俺より下だと思うのは誰?」…ビッグスモールンがそうで、ヒロシから見れば、彼らは「0.5発屋」だそうです。

最後に12/1にヒロシの単独ライブ

「愚痴聞かせ3」

が開催されることが告知されました。

オープニングでも単独ライブ名が「愚痴聞かせ」であることは語られたのですが、ネーミングにセンスを感じます。

ANNが終了した午前3時に、さっそくお笑いナタリーが、このライブについて記事をアップしていました。

「ヒロシトークライブ「愚痴聴かせ3」開催決定」へのリンク

20141026ヒロシ愚痴聞かせ3ポスター



6)「男の料理」

今回のお題は

「具だくさん、つちのこのよせ鍋」

・天然ものこそが最高とされてきたが、最近は養殖物も認められていた

・京都では、つちのこの骨が切れるようになると一人前と言われる

・料理するとき、目が怖いと言うバカ女がいる

・海上自衛隊では、洋上での曜日感覚維持のため、毎週金曜はつちのこのよせ鍋と決めてある

・料理番組でつちのこをさばいているとき「専門家の指導のもと調理しています」とテロップが入る

来週のお題は

「赤鬼のピッツァ」

だそうです。

「男の料理」は、さりげなくUMAを紹介するコーナー、になりつつあるなと思っていたのですが、ファンタジー路線に戻ったな、と感じました。

UMAの話しは結構好きなので、ネッシーとかありそうだな、と思っていたんですが。


7)エンディング

前述の通り、「しんやめ」はありませんでした。

ヒロシが速攻で帰ったことが語られました。

「1日2回しこると言うお仕事があるからかな」

と春日が言っていました。


若林はヒロシについて、何を恨みにとられるか、見えないところから突っ込んでくる、と言う意外性を語っていました。

それは、ヒロシが自分の控室が4階なのに、オードリーは9階にあって偉そうだ、と突っ込んできたこととかを例にして語られました。

さっきまで一緒にいたのに、もう今すぐ会いたい、と言う中毒性がある、とも言っていました。


2.ヒロシのツイート

番組の前には

「今宵、オードリーのオールナイトニッポンにヒロシ登場。オードリーという売れっ子戦車に、竹ヤリ一本で立ち向かう。」

https://twitter.com/hiroshidesu0214/status/526038251467833345

とのツイートがありました。

番組の後には、ビッグスモールンのごんちゃんとやりあってました。




なお、「ヒロシさん」がtwitterトレンド入りしていました。

20141026ヒロシ トレンドいり


3.「とんぱちオードリー」の未公開動画が配信

先日放送された

「とんぱちオードリー」

で放送されなかった未公開動画が、配信されています。

お笑いナタリー「オードリー未公開「春日チャレンジ」無料配信」へのリンク

動画は、こちらの公式サイトから見ることができます。

フジテレビ「<無料動画>とんぱちオードリー」へのリンク

Youtubeでも公開されていて、ANNでも語られた、ヘルメットを頭上に投げてかぶるものもあります。





この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック