【ホークス】「ムエンゴ、ムエンゴ」と言う指摘は的をえてるのか?



(2014年のホークスの好プレイ動画)


投手が好投して、なんとか無得点、あるいは少ない失点で抑えていて、なおかつ味方打線がなかなか点が思うようにとってくれない時、Twitterやニコニコ生放送のコメントなどで

「ムエンゴ(無援護)」

の投稿が多く見られます。

日本シリーズの第3戦、福岡ソフトバンクホークス打線が、チャンスの割りには2点しか取れなかったときもそうでした。

ホークスの大隣投手は崩れることなくスコアボードにゼロを並べていました。

そして、

「大隣すまんなぁ」

「野手陣は大隣に謝れ」

とかの声も。

よくある光景です。


昨日はネットを見ていませんが、東浜投手がロングリリーフした時もそんな感じだったんじゃないでしょうか?


気持ちはわかりますが…

でもね…

野手の仕事は打つだけじゃないんですよね。

守ることも仕事ですからねぇ〜


正直なところ、他チームのことはよく知りませんが、ホークスの守備はけっこういいという印象があります。

李選手もイメージに比べるとかなり上手いですし、二塁から三塁まではほぼ鉄壁と言っていいんじゃないでしょうか。

二塁が明石選手でもそんなに本多選手にでもそんなに劣らないと感じますし。

内川選手が平均かそれ以上ぐらいで、柳田選手も長谷川選手も一流ですし。

中村選手は内川選手よりやや上ぐらいかなぁ…


そんな感じで、十分とは言われない(それでも得点はリーグトップ)野手陣かもしれませんが、守備で十分に援護しているんじゃないでしょうか?

大隣投手の時はそれほどの好プレイはなかったようですが、昨日は柳田選手の好捕、好返球、今宮選手の好守備が十分な援護となったはずです。

内川選手もコカコーラシートへの飛球をもぎとりました。

十回の表のピンチも、松田選手がいつもどおりに冷静にゲッツーを選んで二塁に送球しました。

(松田選手は本当に守備がうまくなったよなぁ~)

そんな援護のもあっての、中村選手のサヨナラホームランだったと思います。




(SMBC日本シリーズ2014 第4戦のダイジェスト動画)

まあ、好野手でも防げないホームランとかありますから、点差が開いていた方が、投手も思い切った投球ができるんでしょうが…


さあ、日本一まであとひとつとなりました。

明日放送が見れるかどうかわかりませんが、私のことなどどうでもいいので、日本一、決めちゃってください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック