【アメフト】JAPAN X BOWL 2014 観戦記

20141216JXBハーフタイム

(JAPAN X BOWL のハーフタイムショー)


12月15日に行われたアメリカンフットボールの社会人決勝

JAPAN X BOWL

を現地観戦してきた感想を書きます。



1.全体の流れ

序盤に富士通フロンティアーズのディフェンスが、うまくIBMビッグブルーのオフェンスの芽をつんだ、と言う感じだったと思います。

IBMのQBクラフトは、3回もインターセプトを食らいました。

1本目のは、富士通のディフェンスがボールめがけてうまくまわりこんだ、と言う感じで、NFLでもそんなに珍しくないものだったといえるでしょう。

ディフェンスの読み勝ちに思えました。

しかし2本目と3本目は、ディフェンスの選手のところにわざわざ投げたようにも見れ、ほぼ動かずにキャッチしていたように思います。

3本目のはワイドオープンなディフェンスに投げたように見え、これはちょっと…

試合を報じた昨日の新聞には

「クラフト選手は追いつめられるとパスが雑になる傾向がある」

と書いてありました。

ああ、そう言うことだったのか…

(しかし私は、クラフト選手の方が好みです)


こう言うことさえなければ、互角の展開となって、スコアとしては手に汗握るものになっていたかもしれません。

IBMのディフェンスも散々キャメロン選手にプレッシャーをかけていましたし。


でも肝心なところで強かったのは、やっぱり富士通ディフェンスだったかもしれません。

IBMのオフェンスは、クラフト選手のロングパスやRB末吉選手のランなどで、何度も真ん中あたりまで前進しました。

しかしそこからが堅く、結局1TD1FGに抑えました。


最終スコアは

富士通フロンティアーズ 44 - 10 IBMビッグブルー

でした。

こんなに差が開くほど両チームに力の差があるようにも思えず、また、おもしろい試合だったと思います。

富士通フロンティアーズにとっては悲願の初優勝で、やっぱりキャメロン選手が、優勝へのラストピースだったのかな、と思いました。

動画付きのニュースはこちらです。

NHK「富士通 アメリカンフットボール社会人日本一に」へのリンク

2.外国人QB対決について

私がこの試合で見たかったのは、両チームの外国人QBです。

日本のQBとはどこがどう違うのか、そのことを見つけたかったのですが…

残念ながら、満足と言えるほどの違いは見つかりませんでした。

その最大の要因は、私が日本人QBのことをあまり知らない、と言うことで、2人の外国人QBのパフォーマンスによるものではないです。

それでも、クラフト選手が退場した後、控えの選手が出てきたので、ちょっとした違いは感じました。

たしか2年前に初めてクラフト選手を見たときにも感じましたが、いい感じで力が抜けている、と言うことです。


そしてやはり、大きいのに運動能力が高いように感じました。


気になるのは、キャメロン選手が1年目で優勝したことが、今後の外国人参入にどう影響を与えるか、と言うことです。

キャメロン選手は、たまたまタレントが豊富なチームに入ったから優勝できたのであって、外国人QBが入れば、すぐに日本の頂点に立てるほど、日本のアメフト界は甘くないと思います。

しかし、外国から見たら、そうはとられないかもしれません。

私は外国人選手の参入に賛成です。

外国人選手が入ることによって、確実に日本のアメフト界は鍛えられていると感じます。

特に体格に勝る相手にどう立ち向かうか、これを実戦で試行錯誤し続けるためにも。

ですから、「NFLまであと少しだったQBが、日本では参入して即優勝できだった」と思われるのがどう影響するか、ちょっと興味があります。


3.想像以上の大観衆でした

昨日の入場者数は、2万5千人だったそうです。

これは日本国内のアメリカンフットボールの試合としては、かなり多い方だと思います。

私はキックオフの直前バックネット裏につながる22番ゲートから入ったのですが、他のゲートをほとんど開けてないせいもあってか、ゲートの前は大渋滞でした。

並んでから入るまでに5分はかかりました。


そして客席までのトンネルをくぐると、Twitterなどで言われていた通り、サイドラインの上には空席を見つけるのは難しい状態で、エンドゾーンの横か後ろしか、満足できる空席は見つけられませんでした。


私が最初に座ったところからのながめは、こんな感じです。

20141216JXBコイントス

2Qの終わりごろ、3階席にも人が座っているのを知りました。

20141216JXB3階席

アメフトの試合では、3階席を開放することはあまりないと思います。

この試合では、開放しないと治らなかったのでしょう。


滅多にないチャンスだから、と考え、ハーフタイムショーの途中から、3階席に移りました。

そこからのながめは、こんな感じです。

20141216JXB3階席max

ゲストのMAXが唄っているところでした。

そして3階席からの試合のながめはこんな感じでした。

20141216JXB3階席からのながめ

どのスポーツもそうだと思いますが、高いところから見ると、全選手の動きがよくわかります。

ただ、全員をいっべんに細かくみるのは難しいですが…

ちなみに最初の席からの眺めはこうです。

20141216JXBIBMオフェンス

これは近くでのプレイでしたので全員が良く見えますが、向こう側でプレイが行われると、なかなかこうもきれいには見えないものです。

やっぱ私は上からがいいわぁ、と思いました。


話しがそれましたが、一昨日これだけの人数が入ると言う、アメフトファンとしては嬉しいこともあったのですが、一方で出場チームに関連する企業が、いい席をひもで座席を囲んで席をとっていたそうです。

実際私もそれを見ましたが、twitterなどのSNSでは、これに対する怒りの投稿が多く見られました。

私には怒るほどの感情は湧きませんでしたが、これでアメフトの大きな試合には行けない、と思われたらいやだな、と思います。


4.読みごたえがあった無料パンフレット

20141216JXBパンフレット

これはパンフレットをめくったところを写真にとったものです。

大きさは、開けばA4サイズ、と言ったところだと思います。

小さいんですが30ページもあって、両チームの写真入り名鑑はもちろん、今シーズンのXリーグの成績や、過去の記録まで載っています。

イベントのことも書いてあります。

とても読み応えがあります。


これまでのものは、大きさはもうちょっとあったと思うのですが、その分持ち帰りにくく、また中身も今回のものほど濃くはなかったと思います。

僭越ながら、この方向性はとても望ましいことだと思いますので、今後もビッグゲームでは続けてほしいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック