2014年WEEK15「オードリーのNFL倶楽部」の感想~超イケメンなハイズマン賞受賞者と、若林崩壊予告

20141220マーカス・マリオタはイケメン

(2014年シーズンのハイズマン賞を受賞した、マーカス・マリオタ

 この表情なんかは、本当にイケメンだと思います)

2014年12月20日の早朝、日本テレビ地上波で放送された、「オードリーNFL倶楽部」の第15回放送について書きます。

今週は後藤アナに代わり、一昨年MCだった徳島えりかアナが、当時応援していたデンバー・ブロンコスのパーカーを着ての登場でした。

最近の徳島アナはアメフトよりラグビーに関心が行っている、と若林につっこまれていましたが、徳島アナは否定していました。

そして若林が昔(中学時代)ラグビーをやっていることも語られました。


1.GB@BUF

グリーンベイ・パッカーズが、春日の応援するバッファロー・ビルズの本拠地へ乗り込んでの対戦の模様が、最初に放送されました。

放送で使われたものとは違いますが、パッカーズとビルズの対戦のハイライト動画です



下馬評ではパッカーズが有利、そして先週の番組の放送後の動画でも

「ビルズがパッカーズに勝つなんて考えられない」(若林)

と言われてましたが、結果は13対21で、ビルズが勝ちました。

私の感想では、とにかくパッカーズのオフェンスが機能しなかった試合でした。

ディフェンスは双方とも期待通りで、特に今シーズンの快進撃を支えたビルズのディフェンスは大活躍でした。

それにしてもパッカーズのQBアーロン・ロジャースの残した数字は散々なもので、

・パス成功率は5割に届かず (普段なら70パーセント弱)

・タッチダウンなしで2インターセプト (この試合前まで35TDで3INT)

・レーティングは34.3 (普段なら110超え)

と言うものでした。

ロージャースにとっては、プロ入り以来最悪とも言える数字だとも考えられます。

風も強かったと言われていますし、まあ、たまにはこう言うこともあるさ、と私は思っています。

それに、ビルズは春日も応援していますし、昔から好きなチームのひとつなので、他のチームでなくて良かったと思います。


2.若林の熱視線

今回はロジャースのパスをインターセプトした、ビルズのSSバカリ・ランボのプレイがとりあげられていました。

トップの動画にもありますが、こちらのリンク先にそのプレイだけに絞った動画があります。

NFL VIDEO「Bacarri-Rambo-intercepts-Aaron-Rodgers」へのリンク

読みがドンピシャであたったプレイに思え、このことを若林は賞賛していました。

そして今週の大喜利は

「インターセプトと高速の合流は、先を読んで行け」

と言うものでした。


このプレイは、先日の社会人日本一を決める「JAPAN X BOWL」の最初のインターセプトに似ているんですが、ボールが投げ込まれるコースをうまく読んで、回り込んでキャッチしたものです。

パッカーズファンの代表的サイト、「Packer Zone」さんによると、この試合を含め今シーズン5つ(フル出場しているQBとしては、驚異的な少なさです)のロジャースのインターセプトは、4つまでがレシーバーやディフェンスの選手がはじいたことによるもので、ダイレクトなインターセプトは、唯一これだけだそうです。

また、動画でも真ん中やや左上あたりに、WRジョディ・ネルソンがワイドオープンになっています。

ネルソンに投げていれば逆転のTDだったのですが、「Packer Zone」さんによると、ネルソンは3番目のターゲットで、インターセプトのターゲットのWRランドール・コッブが2番目だったそうです。

つまりコッブがカバーされているとロジャースが判断していたら、ネルソンに投げらていて、勝敗は変わっていたかもたことになります。

パッカーズファンの私としては、望ましくない出来事でしたが、珍しいものを見させてもらった、と言うことにしておきます。


ところでこのインターセプトのランボと言う2年目の選手ですが、実はこれがプロ入りして初のインターセプトのようです。

しかもこの試合でもう一回インターセプトを奪っています。

ロジャースと言う大変な選手からインターセプトデビューをしたわけですが、ここからブレイクしていくことも十分に考えられます。


3.フィッツパトリック、シーズン終了

若林が応援するヒューストン・テキサンズは、強豪インディアナポリス・コルツと対戦。

フィッツパトリックは負傷し、今シーズン絶望となり、試合にも負けました。

若林はフィッツパトリックが自らの脚力を考慮せずに走るのを嫌っていましたが、今回の負傷はそれによるもので、とても残念がっていました。

それにしてもハイライト動画の後の若林のテンションのダダ下がりぶりは、さっきまでのハイテンションがウソのようなすごいものでした。

収録の前に結果は知っていると思いますが、さすが日本アカデミー賞話題賞受賞者だけあるな、との見事な演技ぶりだったと思います。

(ほめてるんですよー)

しかしまた、来週はハイテンションが期待されますが、その件は後で書きます。


4.春日のツボ

今回はハイズマン賞受賞者のマーカス・マリオタ(オレゴン大)の特集でしたが、小池レポーターにふるまでのやり取りがおもしろかったので、ちょっと書いておきます。

「キャム・ニュートン、イングラム、RG3世、と言えば共通点はなんでしょう?」(春日)

「ハイズマン賞ですね」(若林)

「なに当ててるんだよ!

 もっと変なこと言えよ!

 「春日のファン」とかさぁ」(春日)


それはさておき、アメリカからハイズマン賞授賞式でのマリオタへの会見の模様や、記者のコメントなどが届けられました。

放送を見て驚いたのは、マリオタの超イケメンぶりでした。

男性と女性とでイケメンの価値観は違うことが多いように感じますが、私としてはミーハー的に応援するにはお勧めの選手です。

(私はFacebookのあるアメフトのグループのお世話になっていますが、それもこれも、あるミーハーアメフトファンの女性が、そのグループのことを教えてくれたからだと感謝しています。

 本当に感謝してもしきれないぐらいに。

 そう言うこともあって、私はミーハーなアメフトファンを応援しています)


マリオタの会見はとても優等生なものでした。

その件について、あるアメリカの記者は

「マリオタは素晴らしく謙虚な男だが、それは演技ではなく、素のものだと思う。

 また、彼はラッセル・ウィルソンに似ている。

 小さいからだのウィルソンが大活躍していることを考えると、マリオタもNFLで成功するだろう」

と言っていました。

マリオタは1メートル93センチで、ウィルソン(1メートル80センチ)ほど極端に小さいわけではないと思います。

しかしこれまでの歴史で、ハイズマン賞受賞QBはNFLでは大成しない、と言う前例が多くありますし、マリオタも通用しないんじゃないか、と言う声も聞きます。

ハイズマン賞受章QBでスーパーボウルに勝ったのは、ロジャー・ストーバック(海軍士官学校)ジム・プランケット(スタンフォード大)だけのようです

でも若林は「テキサンズにほしい」と言っていました。

私も、頭からネガティブになることもないと思いますし、期待していいんじゃないかと思います。

マリオタは3年生で、来シーズンのドラフトに臨むには1月15日までに申請(「アーリーエントリー」と呼ばれます)が必要です。

現在オレゴン大は全米王者を決めるボウルゲームに向けて準備中ですから、歳が明けてそれが終わったら、申請するかどうか発表するでしょう。

なお、そのボウルゲームの第1戦は、1月1日にローズボウルで行われ、対戦相手のフロリダ州立大学には、昨年のハイズマン賞受賞者、QBジェーミス・ウィンストンがいます。

下の動画は、そのことを伝えるニュースです。



5.来週は若林がこわれる?

今週「NFL倶楽部」スタッフはヒューストンに向い、JJワットなどとインタビューを行ったそうです。

そのことはtwitterで公開されていました。

例えば小池絵未さんのこんなツイートとか




このツイートは、ワットへのリツイートです。

その元のワットのツイートには日本語も含まれています

こちらです。




これは日本のアメフトファンとしては嬉しいわぁ、と思います。

相変わらず「NFL倶楽部」のスタッフは、いい仕事をされているな。と感謝します。

だいたい、ワットのインタビューをとる、と言うこと自体すごいと思うんですが。


そして、取材を終えた小坂ディレクターは

「これ見たら、若様は感動のあまり壊れるかも知れません…」

とツイートされています。

オードリーのオールナイトニッポン」は、若林が疲れなどで壊れていると、その回はものすごくおもしろくなります。

NFL倶楽部」でもそうなったら、と希望しますが、朝の地上波でそうなるのは難しいと思いますので、来週の収録後の動画に期待したいです。

なお、地上波では、来週は日曜朝の放送です。


追記

先週の本放送がネットでも公開されました。

今回のは、22日(月)に公開されると思います。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック