【ホークス】入来祐作氏のコーチ就任は、苦労したことだけが買われたわけではないはず



(入来コーチが用具係時代に出演したBOSSのCM)


横浜DeNAベイスターズの用具係、入来祐作氏が福岡ソフトバンクホークスの3軍投手コーチに就任することになり、先日記者会見が行われました。

会見は入来氏が途中で涙を流すと言う、異例の「涙の入団会見」となったわけですが…

その模様は下記リンク先に動画がありますので、よろしければご覧になってください。

Youtube「ソフトバンクホークス 入来三軍投手コーチ就任会見」へのリンク


ところで、本題ですが、入来氏はどうしてコーチとして見出されたのか?

それは入来氏が苦労を重ねただけではないはずです。

現役選手を引退し、裏方に回ってチームを支えるため、現役時代とは違う苦労をしてる人は入来氏の他にもいたかと思います。

ではなぜかと言いますと、

「苦労を活かせる能力がある」

からだと推測します。

書けば当たり前のことですが…


でも、いったいどれだけの苦労人が、その後の自分自身の人生に、その経験を活かして来たかと考えますと、そんなに多くはいないんじゃないかな、と思います。

ましてや他人の人生に活かすなんて、なかなかできないでしょう。

かくいく私ですが、人並みの苦労はしていると思います。

人さまがしてこなかった苦労もあるでしょうし、人さまがしてきた苦労をしてないものもあるでしょう。

でも、「あの時は本当に苦労しましたよ」と言えるものはいくつか思い浮かびます。

ですが、それが自分自身の成長に、ほぼつながってないのが残念です。

「あの時のことを思えば、乗り越えられないものはない」

と自然に思えないのです。

「今思うと、あんな苦労をしたかと思うとぞっとする

 もう二度と味わいたくない」

と思うことはあっても。

この点は自分自身、もったいないな、と思います。


「入来コーチ」にはきっとその力があると思われたからこそ、コーチへの就任要請があったんでしょう。

「俺もいつかは(コーチに)と思っていたが、実際は諦めていた。」

と言うことを伝えたニュースもあります。

ですが、入来氏のことを見守っていた人がいて、工藤監督に助言したか、あるいは工藤監督自身が見守っていたのでしょう。

コツコツとがんばっていれば、道は開けることもある、と勇気づけられます。


3軍のコーチになるわけですが、この3軍と言うのは、選手だけではなく、コーチや監督をも育成するものだと思えます。

「魔改造」と手腕をうたわれた倉野コーチは、来シーズンは2軍コーチです。

技術を高めること以外に、投手分野のマネージメントができるようになれば、1軍コーチになることも考えられます。

そんなところですから、選手だけではなく、入来コーチのことを見守っていくのは、価値があることだと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック