【ホークス】今シーズンの一番は、柳田か中村か?

こんな記事を読みました。

「一番には足の速い選手を置かなければならないという風潮 : 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク

そこで思ったのは、今シーズン、福岡ソフトバンクホークスの一番はどうなるんだろう、と言うことです。


一昨年のシーズンで言えば、出塁率が異常に高い中村選手でOKでした。

その前は本多選手でした。

昨シーズン終盤は柳田選手でした。


結論から言えば、今シーズンのホークスは柳田選手で行って欲しいな、と考えています。

昨シーズン並みの成績をあげられるという前提がありますが。

一番打者の要件の最大のものは、出塁率の高さでしょう。

昨シーズンの出塁率は、柳田選手が4割超えで、中村選手より4分ほど上回っています。

柳田選手が昨シーズンブレイクした要因は、四球が選べるようになったことだと思います。

それで打率が上がり、出塁率もアップしたように思えます

そして柳田選手には脚がありますから、出塁したらかなりのプレッシャーを相手に与えることになるでしょう。

試合が始まると、投手はまずアウトを一つとらないと落ち着かないと思います。

ホークスの場合、一番打者がヒットを打つと、二番今宮選手が送りバントというパターンが多いのですが、脚のある柳田選手の方が中村選手よりプレッシャーになって、自動的に一死がとれても落ち着かないでしょう。

だから柳田選手だと思うのです。

しかし、工藤監督になって、スタイルが変わるかもしれません。

投手出身ですから、どうやったら投手が嫌がるかを前提に打線を組んで、采配をふるうでしょう。


一番打者のほか、二番打者に松田選手とかを置くのも面白いかと思います。

往年の名監督、三原氏は

「二番に最強レベルの打者を置くべき」

と言う考えのもとで豊田氏を黄金時代の西鉄ライオンズの二番に据えました。

そして4回のシーズン優勝と日本シリーズ3連覇を果たしました。

ですから、松田選手とかを置いといたらおもしろいかなぁ、と思うのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック