【R-1ぐらんぷり2015感想】ネタバレ後に録画を見たけどおもしろかった

2015年2月10日に行われた、R-1ぐらんぷり2015決勝の感想を書きます。

私は残業をしていて、退社した時にはすでに番組は終わっていました。

R-1ぐらんぷりのことはすっかり忘れていたのですが、何気なく電車の中でニュースサイトを見たら、誰が優勝したのかしっかりと書かれていました。

まあ覚悟はできていましたし、結果を即伝えるのがニュースサイトの使命だと思いますから、特に誰をうらむわけではないです。

でも、ファイナルに進出したのが誰か、を読むのは避けましたので、それはラッキーでした。

あとで、へぇ、この人があがってきたのか、と驚いたりもしましたから。

では、あくまでも素人としての主観で、感想を書かせてもらいます。


1.各グループの感想

「お笑いナタリー」に記載されている記録をもとに感想を書かせてもらいます。

1)Aブロック

ゆりやんレトリィバァ [9ポイント]
桂文枝 3 / 板尾創路 2 / 関根勤 1 / 勝俣州和 2 / キャイ~ン天野 1 / お茶の間 0

あばれる君 [1ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 1

とにかく明るい安村 [7ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 2 / 勝俣州和 1 / キャイ~ン天野 2 / お茶の間 2

COWCOW善し [4ポイント](復活ステージ3位)
桂文枝 0 / 板尾創路 1 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 3

私はほとんど笑わなかったブロックでした。

COWCOW善しが舞台慣れしていて、また安定していてここを抜けるかな、と思いました。

ゆりやんレトリィバァは審査員の誰かが言ってましたが、発想はおもしろかったですが、ネタの数が物足りなく感じました。

ネタやボケが多ければいい、と言うのは関東の笑いの傾向だと聞いたことがありますが…

とにかく明るい安村に関しては、意外におもしろかったな、と思いました。

あばれる君はストーリーにはまらなければ笑えないネタだと思いました。

「トイレット博士」の「七年殺し」を思い出しました。

2)Bブロック

厚切りジェイソン [3ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

エハラマサヒロ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 0

アジアン馬場園 [2ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [12ポイント](復活ステージ2位)
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

ここではけっこう笑いました。

マツモトクラブのネタはおもしろい構成だな、と思い、実際大笑いしましたが、ダントツで抜けるほど飛びぬけていたとは感じませんでした。

厚切りジェイソンは期待通り、いや期待以上に笑えました。

女性の方はどう感じたかはわかりませんが、「女」が入った感じでおしていったシリーズはおもしろかったです。

もう少し点が入ってもよかったと思うんですが。

この採点に「Why Jppanese people?」と本人が思ったかもしれませんが…

エハラマサヒロは意外に笑えなかったな、と感じました。

もっとステージを支配するようなネタを期待していましたので。

アジアン馬場園に関しては、ほとんど笑えませんでした。

3)Cブロック

NON STYLE石田 [1ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

やまもとまさみ [7ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 2 / お茶の間 0

じゅんいちダビッドソン [9ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 1 / お茶の間 2

ヒューマン中村 [4ポイント](復活ステージ1位)
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 3

ここもよく笑えました。

じゅんいちダビッドソンのネタは玄人ウケするものだったように感じました。

たしかにおもしろかったんですが、昨年の「無回転大喜利」ほどではなかったと思います。

むしろやまもとまさみのほうがファイナルに行くおもしろさだったと感じます。

私が「無冠の帝王」だと思っているヒューマン中村は、あいかわらずおもしろかったです。

一度は優勝してほしいな、と期待してます。

NON STYLE石田は2度ほど噛んだように思えました。

ネームバリューのほどのおもしろさが感じられなかったと思います。

それが得点に反映されているようで、ネームバリューがなければ、普通におもしろいネタだったと思います。

ただ決勝に行けるほどではなかったと思います。

4)ファイナルステージ

ゆりやんレトリィバァ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [4ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

じゅんいちダビッドソン [13ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

優勝者を知ってから見ましたが、かなり笑いました。

ゆりやんレトリィバァはこっちのネタの方がおもしろかったように感じました。

(アメリカ人が第49回スーパーボウルでバトラーのインターセプトを見た時の反応、とかやってくれると、アメフトファンとしては嬉しかったんですが、まあ、それをいれたら勝てないでしょう)

マツモトクラブは一発目のだけがおもしろいネタではなかったことを証明してくれました。

神道を信じる者としては、気になるところもありましたが。

じゅんいちダビッドソンのネタは、本田を知っている人にとってはかなりおもしろかったんじゃないかと思います。

私はサッカーを見ませんが、それでも、ああこれは本田のセリフだ、と思えるところがあっておもしろかったです。

じゅんいちダビッドソンがダントツだったか、と考えると、もう少し競ってもよかったんじゃないかと思いました。


2.採点方法はこれでいいと思う

今回の採点方法は、各審査員が3票ずつ持っていて、それを良かった芸人さんにおもしろさに応じて入れると言うものでした。

一人に3票集めた人もいましたが、一番多かったのは、最もおもしろいと思った人に2票入れて、次の人に1票、と言うパターンだったと思います。

また視聴者によるポイントも、1位に3票、2位に2票、3位に1票と言うものでした。

この採点方法は良いなと思いました。

一人だけを選ばなければいけないとなると、票がかたより、他の人はまったくおもしろくなかった、と言う見られ方をされたり、芸人さん本人もそう思ってしまうでしょう。

「惜しかった」と言うことが採点に反映されるところが良かったと思います。

今後も続けてほしいですし、他の大会でも採用を検討してもいいんじゃないかと思います。


3.笑い以上に印象に残ったもの

まずマツモトクラブの歌。

もちろんオリジナルなんでしょうが、おもしろい歌詞だなぁ、よく思いつくものだなぁと感じました。

マツモトクラブは、芸達者のようですから、今後人気がでるんじゃないでしょうか。

ネット記事にも載せられてましたし。

「『R-1』決勝、無名芸人に脚光 ダークホースが爪痕残す(オリコン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

ヒューマン中村の川柳(?)の中には、普通に素晴らしいなと思えるものが2個ありました。

「愛してる 「る」の口のまま キスをした」

「エアホッケー 笑顔見たくて 負ける僕」

の二つなんですが。

これは彼のオリジナルなのか、普通に有名なものなのか知りませんが、いい詩だな、と思いました。


最後に、もっともコメントがつけられたYahooトピックスへのリンクを貼っておきます。

Yahooコメント「『R-1ぐらんぷり』じゅんいちダビッドソンが初優勝」へのリンク

「全体的にレベルが低かった」

と言う声もありますが、私には十分楽しめた大会でした。





(優勝したじゅんいちダビッドソンに関するツイート

 リンク先の記事「モデルプレス - 「R-1グランプリ2015」グランプリ決定」は奥さんのことも書いてあって、良かったです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック