2014年WEEK23「オードリーのNFL倶楽部」の感想~「春日の呪い」の件



(「NFL倶楽部#23 WEB」の動画

 ついに相武紗季の名前が)


2014年2月15日朝に日本テレビで放送された「オードリーNFL倶楽部」のことを書きます。

1.いまだにスーパーボウルの興奮さめず

「いまだにファンの間で最後のプレイが話題になっているようです」(若林)

最後のプレイとは、Sマルコム・バトラーのインターセプトのことです。

「私の周りでも、NFLみない人からも、最後のプレイってなんだったの?と言う質問を受けるんですよ」(後藤アナ)

「へぇ~、でなんて答えてるの?」(若林)

「「NFL倶楽部」を見てください、と答えています。」(後藤アナ)

「うまいね~」(若林)


2.「春日の呪い」がヤフトピに

「春日の呪い」がYahooトピックスのトップに載ったことに話題が移りました。

載ったのは2月9日で、くしくも春日の36歳の誕生日です。

こちらです。

「NFLスター選手も震え上がる「オードリー春日の呪い」とは(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

があります。

私が個人的に最もすごいな、と思うものは、MC1年目のダラス・カウボーイズ対ニューヨーク・ジャイアンツでした。

記事の本文で

「春日は2010年シーズン開幕前、前評判の高かった強豪カウボーイズを推した。すると、チームは開幕から泥沼の連敗を続け、エースQBトニー・ロモが骨折するなどの不運に見舞われてプレーオフ出場を逃す。」

と書かれていますが、この試合の前週まで春日はカウボーイズを応援していました。

しかしジャイアンツに乗り換えた直後のこの試合、カウボーイズが勝ちました。

これは衝撃的でした。

このシーズンはニューイングランド・ペイトリオッツがプレイオフでまさかの敗退で、シーズン中ずっと応援していた新人の水卜アナは、前週からペイトリオッツの応援を始めた春日に、めちゃくちゃキレてました。

オードリーにここまで強く言ったアナウンサーは、後にも先にもこの時の水卜アナだけだと思います。

 彼女が人気ナンバーワンになるのがわかる気がします。)

そして最近気になるのは、QBティム・ティーボウはどうしているんだろう、と言うことです。

MC1年目の最初の回、春日はオープニングで

「どうも、ルーキーのティム・ティーボウです」

とあいさつしました。

ティーボウには早く復帰してほしいのですが。

ただ、今年は応援しているチームが負けてしまいましたが、春日がスーパーボウルで応援していたチームは、勝っているのが多いと思います。

なお、この件をいじる2ちゃんのまとめもありましたので、リンクを貼っておきます。

「【芸能】NFLスター選手も震え上がる「オードリー春日の呪い」とは」へのリンク


3.アリゾナロケ、第1弾

スーパーボウルの開催地、アリゾナでのロケの模様が放送されました。

今回放送されたのは2か所。

・アリゾナ版日光江戸村みたいな、西部劇が楽しめるゴーストタウン風テーマパーク

・NFLエクスペリエンス

NFLエクスペリエンスでは、今年も2人がボールを持って走る模様が映されました。

ただ例年とちょっと違うと思うのは、いつもはボールを持ってスタート、だったと思うんですが、今年は、スタート後にQB役の係りの人からハンドオフを受けるものでした。

これはアメフト経験のない私としては、ものすごくうらやましいな、と思いました。

最終的にはゴールまでのタイムを競うものですが、若林は遠回りをしたせいか8秒台、春日は6秒台。

でも、放送されなかった小池絵未さんが5秒台でトップだったそうです。

それにしても、ゴールで2人が投げたボールは、一瞬しか見えませんでしたが、けっこうきれいなスパイラル(アメフトのボールをコントロールするためにかける回転)がかかっていたように感じました。

ですが、現地には、きれいなスパイラルをかけてボールを投げる、50代のおばさんがいたそうです。

下記リンク先の記事にも記載があります。

「オードリーが語るアリゾナ裏話!ネットでは「呪い」が話題に!? - NFL倶楽部ブログ」へのリンク

「若林:おばあさんすごかった。だって春日に投げ返すときキレイな回転してたよね。

春日:そうそうそう。

若林:春日の方に、こう、ふわ~っと。頭上に落としてきましたよ。捕りやすいように(笑)」

と言う個所です。

こう言う風に、アメフトと生活が密着していると、日本もアメフトがもっと強くなると思います。

まあ今でも、アメリカ、カナダを除けば無敵なんですが。


このロケの模様は、このツイートのリンク先にあるようです。




来週はアリゾナロケパート2だそうです。

「放送できるかなぁ…

 むちゃくちゃやったからなぁ」

とか、オードリーのどちらかが言ってました。


4.NFLがすすめる「PLAY60」のこと

後藤アナからの

「えみた~ん」

で始まった、小池絵未さんによる現地レポートのコーナー。

今回は、

「PLAY60」

と言うNFLの取り組みでした。

これは

「子供を毎日60分、外で遊ばせよう」

と言うものです。

目的は、アメリカは世界でもトップクラスの肥満人口率なので、子供のころからそうならないようにしよう、と言うもののようです。

関係者へのインタビューによると、60分毎日外で遊ぶことは、子供への肥満対策として十分だそうです。

(私は、山の中と言っても過言ではないところで育ち、60分どころではなく遊んでいました。

 大学2年の時の体育の授業以来、定期的な運動はしていませんが、大きな病気もなくここまでこれたのは、丈夫に育ててくれた両親と、この60分以上も山の中で遊びまわったのが活きているのかもしれません)

この「PLAY60」について、小池さんがいろんな方にインタビューしていたんですが、すごいな、と思ったのは、NFLのトップであるコミッショナー、ロジャー・グッデル氏にまでインタビューしていたことです。

簡単にはインタビューできる相手ではないと思います。

なお、オードリーによると、小池さんはロケの間でも多くの人に声をかけられるほど有名だそうです。


内容はよくわからないのですが、YoutubeのNFLの公式チャンネルに、「PLAY60」に関する動画がありましたので、貼っておきます。




5.ジム・ケリーとトロイ・エイクマン

NFLエクスペリエンスでは、ボールについた選手の手形が紹介されました。

その中でジム・ケリートロイ・エイクマンと言う元選手のものが紹介されました。

どちらも歴史に残る選手ですが、この2人が対決したのが、1992年シーズンの第27回スーパーボウルでした。

復活したダラス・カウボーイズと、3年連続出場のバッファロー・ビルズと対戦した時の両QBとしてです。

ビルズのジム・ケリーは負傷のために途中退場となりましたが、カウボーイズのエイクマンはチームを勝利に導き、MVPを獲得しました。

このときのハイライト動画がこちらで、青いほうの12番がケリーで、白いほうの8番がエイクマンです。



伝説のマイケル・ジャクソンのハーフタイムショウが行われた回であり、おそらく中学生だった春日が初めて見たスーパーボウルです。


なお、この両チームは翌年のスーパーボウルでも顔をあわせました。

スーパーボウルでの2年連続同じ顔合わせは今のところ、これだけです。


余談ですが、私が生まれて初めて買ったジャージは、ジム・ケリーのものです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック