【ホークス】東浜の評判がいいのは工藤効果か?~これも「幸せ」のひとつなんだろう

福岡ソフトバンクホークスの東浜投手の評判が良いようです。

今日から始まるオープン戦の開幕投手にも選ばれたようで、いよいよ3年目のドラフト1位が開花するのか、と期待を持たせてくれます。

これも監督や投手コーチ陣がかわったからかなぁ~なんて感じています。


正直なところ、まだまだ工藤監督には見慣れないものがあります。

昨日も「報道ステーション」に出演されていたのを見たんですが、なんかまだ見慣れないなぁ、と思いました。

あくまでも「見慣れない」だけの話しであって、期待が持てるとか、持てないとか、そう言う話しではないです。

ただ、王監督から秋山監督にかわったときには、こんな感じはしなかったようにも思います。

逆に言うと、それだけに今までになかったものを引き出してくれるんじゃないか、と言う期待が持てます。

ホークスには「未完の大器」がたくさんいるように感じますので、そう言う選手たちが開花してくれれば、と願うんですが…

選手層が厚いので、なかなか難しいでしょう。

でも、チャンスは必ず来るはず。

ウソでもいいからそう思って準備しておかないと、プロ野球選手をやっていく気持ちにはなれないでしょう。


さて昔、野球関係の本で

「自分のいいところを引き出してくれる人に出会うことほど、幸せなことはない」

と言うような文章を読みました。

私が大学生のころの話しです。

そうだよなぁ、自分はそう言う人に出会えるだろうか…

そう思った記憶があります。


それから30年ぐらいがたったんですが…

今の自分があるのはこの人のおかげ、と言える人には何人か出会ったように思います。

それは仕事だけではなく、私生活の部分も含めてです。


逆に、なぜ自分はあの人と出会って、思うように行かなかったんだろう…

多くの人があの人と出会って活躍しているのに…

と思うことも。

これは完全に自分がチャンスを活かせなかったか、チャンスに準備を怠っていたからだろう、と思っています。


私もいい歳になりました。

いつまでも

「自分のいいところを引き出してくれる人」

を探すだけではなく、逆にそう言う人にならねば、と言う立場になったと思います。

つまり、

「他人のいいところを引き出す人」

にならねば、と。

それは、大人物になることではないです。

私のいいところを引き出してくれた人は、失礼ながらそんな人達ではないです。

まだまだ、自分のことで精いっぱい、な生活を送っていますが、決してそれをあきらめてはいけない。

そう思ってます。


話しを工藤監督と東浜投手のことにもどしますが…

東浜投手がローテーション投手の座をつかんでくれたら、工藤監督は

「自分のいいところを引き出してくれる人」

と言うことになるでしょう。

就任早々、椅子を使った指導を受けていた山田投手にも期待したいです。


さあ、とりあえずは今日のオープン戦で東浜投手がどんな投球をするか、期待します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック