【NFL】「タッチダウン」誌の増田隆生さんのコラムが楽しみすぎる~しかも1回目はジョー・ネイマスの件

20150327増田さんの記事

今週になって、アメフト誌「タッチダウン」の今月号に、増田隆生さんがコラムを書いているのを知りました。

発売されたのは先月の28日。

20日以上、そのことを知りませんでした。

と言うのは、「タッチダウン プロ」誌しか買ってなかったからです。

ぬかってました…


これまで何回か書きましたが、増田隆生さんは、NFL中継における「伝説のアナウンサー」です。

私がNFLを見始めたころ、日本テレビが毎週水曜深夜に、その週の頭に行われた試合を1試合とりあげて録画中継していました。

だいたいアナウンサーは増田隆生さんで、解説は当時強豪だったレナウン・ローバーズのスター選手、松岡秀樹さんでした。

まだインターネットがなくて調べ物ができず、入門書を読むのはめんどくさい、と言う私にとって、この二人はNFL、そしてアメリカンフットボールの先生でした。

増田さんがすごかったのは、そのアメリカンフットボールやNFLに関する知識とでした。

それはどのチームに誰がいて、どんな選手か、と言うだけにとどまらず、なぜ今オフェンスはそのプレイを選択したのか、とか、そのプレイは次に、そしてのちにどんな意味を持つことになるのか、までに及んでいました。

ですから、私がアメフトの試合を見て、プレイの意味(あるいは意義)を書くとき、それは増田さんから聴いたことの受け売りであることがかなりあります。

(もちろん解説の松岡さんの言葉も使わせてもらってます。)

とにかく解説の松岡さんに匹敵する知識、と言いますかアメフトの見方のノウハウを知っている方でした。

ですから、増田さんが何かを書く、と知ったら、読みたくなります。


そして今月号に増田さんがかかれたのが、第3回スーパーボウルでのニューヨーク・ジェッツのQBジョー・ネーマスの言葉についてでした。

「オードリーのNFL倶楽部」の最終回で、3年連続して現地のレッドカーペットでオードリー達のインタビューを受けてくれた方です。

もし中年以上のアメリカ人と話すことがあったら、「ジョー・ネイマスを日本のテレビで見た」と言えば、立派な自慢話しになるとおもいます。

それぐらいアメリカではカリスマのようです。


第3回スーパーボウルとジョー・ネーマスについては、油断して書くとついつい長くなりますので、簡単に。

圧倒的不利と言われたジェッツでしたが、ネイマスは

「ジェッツが勝つ、俺が保証する」

と言って周囲を驚かせ、そして実際に勝ってみせました。

第3回スーパーボウルは「世紀の番狂わせ」と呼ばれることになり、ネイマスは伝説になりました。



NFL公式Youtubeアカウントによる第3回スーパーボウルのダイジェスト動画)

このように、第3回スーパーボウルが歴史的なものとされ、ネイマスがスーパースターになったことは、今でも私にとっては不思議なことです

ネイマスはもともと派手な選手だったそうなので、それくらいのことは言ったっておかしくないでしょうし、番狂わせはたまには起きます。

たしかにそれが組み合わさったのはすごいとは思いますが、伝説になるほどのことだろうか?

と言うのがNFLを見始めた頃の気持ちでした。

その後NFLの歴史とかいろいろと読んでいくうちに、だんだんその理由がわかってきました。

でも、まだ人に説明してわかってもらえるほどには達していません。

第3回スーパーボウルとジョー・ネイマスについて、完璧なブログ記事を書くことが、ひとつの夢になってきました。


今回増田さんが書かれたものを読んで、少し前進したように思います。

ああ、ネイマスはそう言う気持ちであの言葉を言ったのか、と。

でも、その言葉は本当に意図どおりに伝わったのだろうか、と言う疑問が出てきました。

私は、本当におもしろいコラムと言うものは、答えを与えたうえで、最後に新たな疑問を持たせるものだと思っています。

まさにそう言うコラムでした。


連載は始まったばかり。

どれだけ長く続くかわかりませんが、多くの選手と知られざるエピソードをいっぱい持っていそうな増田さんから、できるだけ多くの話しを聴きたいです。

「聴きたいです」と書いて思いだしたんですが、増田さんの文章を読んでいると、増田さんが話していて、それを聴いているような気持ちになりました。

それぐらい、私の耳には、増田さんの声と語り口は焼きついています。

一冊の本ができるまで続けばいいな、と思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック