【NFL in MLB】「ウィル様」ことラッセル・ウィルソンが、今年もレンジャーズのキャンプに参加~ふと思った疑問



(レンジャーズのキャンプに参加したウィルソンの動画)


MLBテキサ・スレンジャーズにドラフト指名されていた、NFLシアトル・シーホークスの先発QBラッセル・ウィルソンが、今年もレンジャーズのキャンプに参加しました。

「【MLB】NFLのスーパースターが今年もレ軍キャンプ参加 打撃練習で柵越えも!?(Full-Count) - Yahoo!ニュース」へのリンク

「レンジャーズのキャンプにアメフトのスターが登場「自分の夢」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク

入団2年目の昨年、スーパーボウルに優勝し、今年も出場(ニューイングランド・ペイトリオッツに敗退)するほど、NFLでは確固たる地位を築いたウィルソン。

私を含め、大方の見方は、本気でMLB入りを目指しているわけではない、と言うものだと思います。

リンクを貼ったうち、前者には

「ウィルソンへの二刀流待望論が高まりを見せる可能性もありそうだ。」

との記載があります。

いやいや、ないない、

と思いつつもふと頭をよぎったのは

「ウィルソンがQBじゃなかったらどうだっただろうか?」

と言う疑問でした。

選手の交代がほぼ自由なNFLのゲームで、一般的にQBは試合を通じて攻撃のすべてのプレイで同じ選手が務めます。

そしてQBの力量は、試合の勝敗で問われることも多いです。

それだけQBは大事なポジションなので、怪我は絶対に避けたいところです。

ですから、できるだけタックルされるような状況にはならないようにプレイします。

でも、ほぼタックルされるのが前提のポジションや、まずそう言うハードヒットを受けないラインとかの選手だったら…

野球に本腰入れていたかもな、とも思いました。


しかしレンジャーズは、QBだからこそ指名したのだとも考えられます。

QBは強烈なリーダシップでチームを勝利に導くポジションです。

前述の記事の2ページ目にはこうあります。

「レンジャーズのジェフ・バニスター新監督は「初めて話したけど、彼は感銘深い男だね。いかに真剣で、最高の選手になりたいか、というかを考えさせられた」とスーパースターに心酔した様子だった。

「優勝を成し遂げたアスリートからのメッセージを聞くことができた。どんな努力が必要で、偉大なアスリートである意味を知ることができるというのは、フットボールのロッカールームだろうかが、野球、ホッケー、バスケットボールであろうが、変わらない」」


これを読むと、レンジャーズはMLBを目指すアスリートを招いたのではなく、野球もできる、ある意味「布教者」を招いたと言えるでしょう。

ウィルソン程度(失礼!)のスキルで他のポジションだったら指名しなかったかもしれないな、と思いました。


バニスター監督の言うとおり、どんなスポーツであれ、精神も超一流のアスリートを異なる世界から招待して、チームになにか刺激を与えるのは悪いことではないと思います。

レンジャーズは変われるのか?

期待します。

20150330ラッセル・ウィルソンinレンジャーズ

(twitterから拾った打撃練習をするラッセル・ウィルソンの画像

 さく越えもあったとか)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック