【ホークス】「大阪クラシック」の勝ち越しを決めた、吉村の打席で感じたこと

昨日のオリックスバファローズと福岡ソフトバンクホークスによる

「OSAKA CLASSIC2015」

の最終戦は、9回表二死からのホークスの吉村裕基選手の右翼線タームリー3ベースでホークスが逆転し、その裏のバファローズの攻撃が無得点に終わり、ホークスの勝ち越しが決まりました。


それにしても、不思議と言いますか、なにか変な思いにさせられた9回の表でした。

0対2でホークスが追っかける展開で迎えたものでしたが、この回は前日と前々日に9回にホームランを放った李大浩選手が、あわや3日連続のホームランに見えたタイムリー2塁打で1点差に追いつきました。

二死一二塁となったところで、打席に吉村選手を迎えました。

アップになった吉村選手の表情を見ると、これは期待できる、と感じました。

とても落ち着いていて、余裕があるように見えたからです。

それでも打ってくれるかどうか、不安は不安でした。


そして、バファローズの先発、西投手が、ベンチで落ち着かずにそわそわしているのが映しだされました。

そりゃあそうでしょう。

前日までに4試合先発するも、今シーズンまだ勝ちはありませんから。

今季初登板となったホークス戦こそ打ち込まれましたが、そのほかの試合はQSを達成しています。

不運としか言いようがないです。

この試合でも6回までホークスを無得点に抑えています。

ですから、私には西投手の心境がちょっとだけわかって、ついつい笑ってしまいました。

「これから逆転して勝ちを消してやる」

と言う意味ではなく

「そりゃそうだよね、おちつかないよね、わかる、わかる」

と言う意味で。


西投手は小久保元選手(現日本代表監督)の最後の試合で、ノーヒットノーランを達成した投手です。

ですから、ホークスファンの中には、西投手のことを嫌っている人がいても不思議ではないです。

私はその試合、

「どうせ勝てないんなら、ノーヒットノーランを食らって負けた方が記憶に残っておもしろい」

と考えながら見ていました。

ですから、私は西投手のことが嫌いではないです。

小久保氏も試合後

「俺って持ってるな」

と言っていましたから。


さてその吉村選手の打席ですが、期待通り、ライトへ鋭いライナーを放ってくれました。

好守の糸井選手がその打球を捕るべく飛び込みましたが、届きませんでした。

この一打が逆転三塁打となりました。



その裏、バファローズは同点のチャンスを迎えました。

私はどういうわけか、西投手に勝ちがつかないんなら、絶対にホークスに負けてほしくない、と考えました。

そして、なんとかホークスは逃げ切りました。


西投手は今回も勝利投手にはなれませんでした。

逆転され、勝ち投手の権利がなくなった直後の表情が映しだされましたが、そばにいてもどう慰めていいやら、と言う感じでした。

終わったことをどうこう言ってもしょうがないです。

好投して勝てないこともあれば、そんなに良い投球内容でもないのに勝ちがつくこともあります。

それも野球の一部ですから、次にがんばってほしいです。


そしてこの試合、バファローズの選手でもう一人印象的だったのが、レフトを守っていた坂口選手でした。



9回表の李選手の打球を、レフトフェンスにぶつかりながら捕ろうとしたのですが届かず、そして腰のあたりを強打したようで、プレイが落ち着いた後、。

このため試合は一時中断となりました。

様子を見ていると、とてもまともには守備はできないように見えましたが、ベンチに下がらず、そのままプレイを続けました。

ただし、次の松田選手が内野安打で出塁すると、ベンチは強制的に交代させましたが。

私はこの一連のことを見ていて、まず坂口選手が痛そうにしているのを見て、

「無理しないほうがいいよ。

 試合は今日だけじゃないんだから。」

と思いました。

しかし交代しないのを見て

「その心意気はあっぱれ。

 しかしケガをしているからと言っても手加減はないぞ。」

と思いました。

なんならレフト側を狙って打ってもいい、と考えました。

それを処理するのは、出場し続ける選手の義務です。

坂口選手は交代する機会がありました。

でも、それをいったん拒否しました。

それならばそこを狙うのは、なにも卑怯なことだとは思わないのですが…

(交代しない坂口選手に腹を立てて書いているわけではないです。

 スポーツとはどうあるべきか、と言う主観を書いているだけです)


話しが飛び飛びになって申し訳ないですが、試合後の吉村選手のヒーローインタビューを見ました。

吉村選手のヒーローインタビューは、見ていて気持ちいいです。

堂々としていて、自分の言葉でこのフィールドを支配してやる、と言う気概が感じられますから。

この試合で印象に残った言葉は

「準備ができていた」

と言う言葉でした。

こちらの動画になります。




そうそう、勝ち投手は8回裏の攻撃を三者凡退に抑えた、二保旭投手でした。


二保投手は、プロ入り初勝利だそうです。

工藤チルドレンの一人ですね。

これからもっともっと活躍すると思いますが、個人的に困ることがひとつ。

私のPCでは「にほ」とうっても「二保」と変換されないのです。

単語登録しておくか…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック