「女性に聞いた!男性が何を言っているか分からなかったスポーツTop5」と言う記事がおもしろかった

先週末、エアレースと言うものを生まれて初めて見ました。

そういう「スポーツ」があるなんて知りませんでしたし、ルールなんかも全然知りませんでしたが、見てるうちにだんだんわかりました。

放送では、いくつかレースを見せたあと、ルールを説明するコーナーがありました。

なじみのないスポーツを説明するには、とても良い手法だと思いました。


それはさておき、ちょっと前にこんな記事を読みました。

マイナビ「ちゃんと説明したらモテる?女性に聞いた!男性が何を言っているか分からなかったスポーツTop5」へのリンク

この記事から引用しますが、結果は以下の通りです。

第1位 サッカー……39人(45.3%)

第2位 野球……36人(41.9%)

第3位 アメリカンフットボール(アメフト)……4人(4.7%)

第4位 プロレス……3人(3.5%)

同4位 ラグビー……3人(3.5%)

予想通りアメフトが堂々上位にランクインされていましたが、サッカーや野球は意外でした。

でもわかる気はします。

この記事を読んだ翌日に、野球で、とても珍しいことが起きました。

広島東洋カープが、インフィールドフライの後の三塁走者のホームインで、讀賣ジャイアンツにサヨナラ勝ちしました。

このときの動画がこれです。



そして解説がこちら。

「広島の珍勝利呼んだ石井Cが解説 「球審が宣告してなかった。それが全て」(Full-Count) - Yahoo!ニュース」へのリンク

私は野球については、一般の人よりはやや良く知っているほうだと思います。

もちろん、インフィールドフライぐらいは知っています。

ですが、詳細は解説記事を読まなければわかりませんでした。

(結局、球審が混乱していたのが、試合がもめた一番の理由です。

 「あせっていた」と語っていたそうですが、そう言うことを堂々とコメントする神経はいかがなものかと思います。)

この顛末を、プロ野球OBが語った動画がこちらです。



三塁走者はタッチアップしているようには見えませんでしたが…

それはさておき、こう言う熱い話しをされると

「男性が何を言っているか分からなかった」

と言うことになるんでしょう。


客観的に見て、野球は難しいスポーツです。

そのルールブックは、アメフトのルールブックより分厚い、と聴いたことがあります。

前述のようなプレイがあることを見ると、それだけ厚くてもしょうがないと思います。

ですが、野球は日本では一番メジャーばスポーツで、老若男女を問わず、多くの人が見ています。

結局、細かいことを知らなくても楽しめるのです。

ですから、ちょっと詳しい人が野球を熱く語ると、「何を言っているか分からない」と言うことになるのでしょう。

浅く広く知られているだけに、第2位にランクインされているのだと思います。


サッカーについては私自身よく知らないのですが、たぶん固有名詞を除けば、熱く語られるのを聴いても、だいたいわかると思います。

それがトップにランクされているのは、なんでか?

固有名詞もありますが、「システム」をあげられている人もいて、なるほど、と思いました。

ただ、普通に説明してもらえばわからないことはないと思うんですが。

(私もサッカーのシステムは知りません)

「わからない」と言う人は、「サッカーって簡単」と言う思い込みとのギャップに戸惑ったり、そもそもわかろうとする気がないんじゃないか、と思います。


野球とサッカーについては、ファンが多く、語る人も多いからのランクインだと思います。

3位以下は、マイナースポーツだからなんでしょう。


アメリカンフットボールについては、マイナースポーツの最たるものですが…

一方でアメリカでは群を抜いてメジャースポーツです。

わからない理由として

「どうしてもルールが覚えられない。(23歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)」

と言うのがあげられてましたが…

そもそもルールがわからないと、話しがわからない、見ることができない、と「誤解」しているところが残念だと思います。

野球のところで軽く触れたつもりですが、ルールを知らずに野球を楽しんでいる人はたくさんいます。

アメリカではメジャースポーツですが、多くの人はルールを詳細に知っているわけじゃないと思います。

知り合いの女性(日本人)は

「ルールはよく知らないけど、ボールをグラウンドの端から端へ運べばいいスポーツなんですよね。

それぐらいしか知らないけど、とてもおもしろいと思いますよ」

と言っていました。

こう言う認識でアメフトを見る人が増えればいいな、と思います。


言いたいこととは反しますが、この記事を読む少し前に、アメリカンフットボールに関するあるサイトで、こんな記述を見ました。

ある選手に関する記述です。

「長所: がっちりした体型でアスレチック能力が高い。人混みでキャッチできるパスキャッチ能力があり、遠いパスにもアジャストして確保できる。ランアフターキャッチでもタフにヤードを稼ぐ。通常のTEだけでなく、H-バックやスプリット・エンドとしてもプレーしてきた。プロデイで出した4.66秒はコンバインならTE中3位にあたる。

短所 : 身長はやや物足りない。走る姿勢が高く、スクリメージでのジャムでルートを乱されやすい。カットを切る際に鋭さがなく、相手からセパレートしにくい。ランでもパスプロでもブロッキング能力には疑問符がつく。」

さすがにここまでの表現をされると、私もすらすらとは読めないです。

でも、アメフトって、考えればわかることが多いので、一応意味は全部わかります。

このサイトは、かなり高レベルのファンの方を対象にされているから、この表現でいいのです。

どのレベルの人と話すのか、と言うことに気をつければ、

「男性が何を言っているか分からなかった」

と言うことはないと思います。

なお、もちろん女性の方にもアメリカンフットボールに詳しい方は数多くいて、もっと多くの女性の方におもしろさを知ってほしいと思われています。


そう言えば、最初にリンクを貼った記事の出だしは

「ちゃんと説明したらモテる?」

これはあながちウソではないと思います。

と言うのは、私は平凡な男ですが、アメリカンフットボールのことを知っている、と言うだけで、「よくわからんが、すごい人みたいだ」と、意味もなく一目おかれていたことが何度もありますから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック