【全日本大学野球選手権大会2015】決勝が西南学院大学対早稲田大学なら言うことない

20150602西南学院大学野球部優勝画像

(twitterからの拾いもの

 西南学院大学野球部、胴上げの写真)

2015年6月8日(月)から14日(日)まで、神宮球場その他で行われる

第64回全日本大学野球選手権大会

の組み合わせが決まりました。

下記リンク先にあります。

全日本大学野球連盟 「全日本大学野球選手権大会第64回大会対戦組み合わせ」へのリンク

母校が出ないかぎりあまり見ないのですが、今年は2つの母校が出場すると言うことで、がぜん楽しみになりました。

東京六大学の早稲田大学と、九州六大学の西南学院大学です。

西南学院大学の卒業生ではありませんが、私と西南学院の正確な縁を書くと長くなりますので…

とりあえず「西南学院」と言うくくりで言えば、私はOBです。

ですから、この2校が対戦するとなると、とても楽しみなことになります。

正直、どっちが勝っても嬉しいです。


西南学院大学は福岡にあるので、全国的には知名度は低いと思います。

1916年にアメリカ人宣教師(キリスト教南部バプテスト連盟)のC・K・ドージャー先生によって、西南学院が設立されました。

「西南」と聞くと「西南の役」を連想される方もいいおと思います(私もそうでした)が、まったく関係はないです。

西南学院の設立も、西南の役も日本の西南部で起きたため、偶然同じ名前なだけです。


野球部のOBには、門田富昭氏や蓬莱昭彦氏がいます。

私のイメージの中では、アメリカンフットボール部の強豪校です。

西南学院大学グリーンドルフィンズは、ここ数年間は九州のリーグで一度しか優勝を逃しておらず、全国大会では中四国代表をやぶるものの、中部代表に敗れる、と言うことが続いている記憶があります。


そんな西南学院大学ですが、野球部の優勝は、1960年以来55年ぶりだそうです。

「西南大が55年ぶり優勝 九州六大学野球春季リーグ戦」へのリンク

福岡大学をライバルとして「西福戦」が盛り上がっていた記憶がありますので、そんなに長く優勝していなかったとは知りませんでした。


かたや早稲田大学ですが、今季の下馬評は低かったようですが、それを覆しての東京六大学制覇だそうです。

今シーズンは優勝がかかった早慶戦では、慶應義塾大学とのポスターが有名となりました。

Huffingtonpost「「ビリギャルって言葉がお似合いよ」 早慶戦ポスター、どうしてこうなった?(画像集)」へのリンク


トーナメント表を見ると、この2校の対戦は、決勝でしか実現しないようです。

かなり可能性は低いと思いますが、そうなったらいいな、と思います。

とりあえず両校の校歌(西南学院大学の場合は「院歌」)は、一番は歌えますから、もし現地に見に行っていたら、勝った側のスタンドに回って、歌ってきたいと思います。

(でも6/14は別件の用事があるんだよなぁ…

 雨で順延になれば可能性もありますが)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック