【ホークス】吉村の「お説教ヒーローインタビュー」をまだ聞きたいから、FA移籍はやめてくれ



(吉村選手のヒーローインタビューの動画)


リーグ戦再開初日、福岡ソフトバンクホークスは北海道日本ハムファイターズに、吉村裕基選手の一打でサヨナラ勝ちしました。

代わった増井投手の初球、ボール球かと思える高めの球(「甘い球」ということになるのかなぁ(注1))をとらえ、火の出るような一打(注2)を右に放ち、サヨナラの走者中村晃選手をホームに返しました。

もちろんホークスが勝ったことは嬉しいですが、私はそれ以上に、「これで吉村選手のヒーローインタビューが聞ける」とわくわくしました。

そして、サヨナラの打席と同じく、期待を裏切りませんでした。


ホークスには野球がうまい選手はいくらでもいますが、インタビューがうまい選手はそう多くないと思います。

「うまい」と言うか、「インタビューをコントロールできる」「アナウンサーにふりまわされない」選手が少ない、と思うのです。

グラウンドで活躍することを、「フィールドを支配する」(注3)と言いますが、「ヒーローインタビューを支配できる」選手はそんなにいないように感じます。

松田選手や内川選手(注4)とならんで、吉村選手はそれができる、数少ない鷹戦士だと思います。


吉村選手のヒーローインタビューの特徴は、観客やテレビやネットの視聴者にお説教することです。

昨シーズンのでよく覚えているのは

「なんですか、このお客さんの少なさは」

と球場に来るファンの数の少なさを嘆いたもの

そして

「お酒を飲んだら、車を運転しないでください」

と言ったことでした。

いずれも正論。

そして、他球団(注5)から故郷のホークスに移籍してきた気持ちをくみ取ることができるものでした。

吉村選手は福岡の出身ですから、ホークスファンだったと思いますが、地元に帰ってそのチームの一員となれたことに、嬉しさはあったはずです。

しかもホークスは日本一が狙えるチーム。

さぞ多くのファンが見に来ていると思ったら、そうでもなかった。

それが最初の発言を読んだんだと思います。

私も福岡から神奈川に来ているので、いつでもホークスの応援に行ける福岡の人がうらやましくてしょうがないので、テレビで観客席に大きな空間を見つけると、もったいないなぁ、と思います(注6)。

まあ、そうそうみんなが野球を見に行けるわけではないですが…


そして飲酒運転の件。

福岡市役所の職員による飲酒運転とひき逃げ事件のとき、

「福岡って、あんなにひどいとこなのか」

とボロクソに言われ続けたことがあります。

そう言われるのは、けっこうつらかったです。

福岡では大目に見られても、こちらではそうでないことはいくつかあります。

もちろん逆もありますが。

吉村選手もそう言われたかもしれませんし、人に言われなくてもあんな悲惨なことが起きたのに、なかなか減らない福岡の飲酒運転に腹をたてていたのか知れません。


さて昨日は

「帰り道、夜道は危ないので、音楽を聴きながら自転車に乗ったりしないでください。

 あと、ちゃんとライトをつけてください(注7)」

みたいなことを言っていました。

今月から自転車の運転に法律の適用が厳しくなったものの、すでにもう取り締まりが緩くなったせいか、また危険運転が増えているように感じましたので、いいタイミングで言ってくれた、と思いました。


でも、私はその前に

「シーズンまだまだ長いので、ファンの方も、ますます応援しないといけないな、と言う気持ちになってもらって、今夜はたくさん飲んでもらっていいですけど、明日デーゲームなんで、遅れないようにお願いします。」

と言ったものの方が嬉しかったです。

「ファン」を自称するなら、現場で声で後押しするのが理想ではありますが、そんなことをみんながみんなできるわけではないです。

だからと言って、ネットで文句をグチグチ言うのはいかがなものかな、と思います。

「マツコの知らない世界」に出演した元NFLチアリーダーの齋藤佳子さんは

「チアリーダーは、チームが負けたら、自分たちの応援が足りなかった、と考えたりします」

と言っていました。

そういう考え方は大好きです。

千葉ロッテマリーンズのファンの方も

「負けたら、俺達の応援のどこがいけなかったかを考える」

と言っていました。


ネットで応援投稿したって、その声は届かないだろう、と考えられるかもしれませんが、そんなことはないです。

多くの有名人はネットでエゴサーチ(注8)します。

自分のことがどう言われているか。

プロ野球選手がそんなことをしているかどうかはわかりませんが、身内や近しい人が調べている可能性は十分にありますし、実際されているようです。

そこで目にしたひとことが、選手に伝わって、力になっていることも十分に考えられます。

ですが、twitterでホークス関連のツイートを、ハッシュタグ「 #sbhawks 」で拾ってみると…

こんなの本人はともかく、親御さんがみたら泣くな、と思えるものであふれています。

身内や知り合いにプロ野球選手がいない私でも、これはひどい、と頭にくるものもあります。


でも、中には、これを選手が見たら大きな力になるだろうな、と言う嬉しいものも、すくないですがあります。

球場に行ける人は球場に行って、行けない人はネットからでも応援しましょう。

ネガティブなことしか思いつかない時は、黙っときましょう。

私はそうしてます。


話しはそれましたが、吉村選手は戦力としても期待できますが、そのヒーローインタビューのスタイルはとてもユニークです。

きっとベンチでもこんな感じなのかな、と考えると、試合に出てなくても、かなり勝利に貢献していると考えられます。

先日FA権を取得しましたが、それを行使して移籍する、なんてことは、絶対にやめてほしいです。

これからもホークスの戦力、そして魅力的なところのひとつとして、活躍してほしいと考えます。

(吉村選手のサヨナラタイムリーのシーンの動画)




(注1)よく「甘い球」と言うのを聴きますが、いまだに私は明確には言葉では定義できません。

    低めだから「甘い球」ではない、とも言えないこともあるように感じますし

(注2)以前「同じ逆方向の打球でも、右打者のは「火を噴くような当たり」と感じるのに、左打者のは「打ち逃げ」と感じるのはなぜだろう」と言う文を読んだことがあり、大きくうなずいたことがあります。

    昨日のは、さっきニュースで見たら、それほど火は噴いてなく、うまく内野を越えさせたな、と言うもののように感じました。

(注3)こう言う言葉はもともとは英語で、「支配する」は「dominate」と言われています。

(注4)いろんなことに配慮してか、最近内川選手のはおとなしいように感じます。

    本人が選んでそうしているのでしょうから、不満はないです。

(注5)あえて「横浜DeNAベイスターズ」と書かなかったのは、変に誤解されることを避けたいためです。

    それが「讀賣ジャイアンツ」であろうと、ホークス以外の福岡以外に本拠地を置く球団ならどこも一緒です。

(注6)あれ、なんでここに「注」と書いたのか、書きたいことを忘れてしまいました。すみません

(注7)自動車に乗っていると、夜間にライトをつけていない自転車は、本当にこわいです。

    自転車に乗っている人で、夜間に自動車に乗る機会がある人は、一度自転車をさがしながら乗ってみるといいと思います。

    バスなどの上からの角度だと見方が違うかもしれませんが、乗用車からだと、本当に気がつきにくくて事故になりそうで怖いです。

(注8)「エゴサーチ」とは、「自分の名前でネットを検索すること」で、「エゴサ」とも言われます。

    けっこう多くの有名人やその身内の方や、友人やファンの方がされていると感じます。

    エゴサーチを請け負う業者もいるようです。

    ですから、文句や不満を書くときは、その人に嫌われてもいい、その人を支持している人を敵に回して、ネットで言い返されてもいい、という覚悟で書いた方がいいと考えます。

    ネット内だけですまなかったこともあるようですし。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック