【NFL】「PON!」に出ていたテリー・ブラッドショー、とは?

一昨日の「PON!」に、あの

テリー・ブラッドショー

が出演したということで、NFLファンが騒然としています。

ツイッターを「テリー・ブラッドショー」で検索すると、それがわかります。

そしてこちらのFacebookサイトでは、衝撃的な出来事が。

今日、日本テレビにテリーがやってきました。一緒に写っているのは、元ギャングスターズの甲子園ボウル出場QB。彼が今季の「日テレG+」NFL中継のプロデューサーです。ライフルアーム氏は、米NBCの新番組のロケで来日し日テレの番組に出演(...

Posted by NFL On 日テレ G+ on 2015年8月12日


今シーズンのNFL倶楽部のプロデューサーとなる佐野徹氏(元京都大学ギャングスターズQB)がスティーラーズのヘルメットをかぶってブラッドショーと握手。

これはNFLファンにとってはかなりすごいことだと思います。

(Facebookアカウントをお持ちの方は、このサイトに「いいね」をしておけば、かなりコアなNFL情報を見ることができますので、オススメです。

 特にスーパーボウル前の情報は、毎年すごいです。

 もちろん私も「いいね」してます)

佐野氏プロデューサーとブラッドショーは握手をしただけではないでしょう。

同じく、元QBですから、そんな話しもされたのかな、とか想像したりします。

9月から始まる「NFL倶楽部」で、何を話したのか披露されるのかどうか、とても楽しみです。



さてテリー・ブラッドショーと言う元NFL選手ですが、1970年代に4度、ピッツバーグ・スティーラーズをスーパーボウル勝利に導いた、伝説のQBです。

うち、3度目と4度目、2年連続してMVPに輝いています。

ブラッドショーが現れるまで、スティーラーズは一度もNFLで優勝したことがありませんでした。

そう言うこともあって、スティーラーズファンにとっては、大英雄だと言えるでしょう。


残念ながら私がNFLを見始める前に、ブラッドショーは引退してしまいました。

しかしテレビやYouTubeなどの動画サイトで、現役時代のブラッドショーを見ると、豪快なロングパスを投げ、タッチダウンを量産していて、すごいなあ、と思います。

例えばこんな動画。



彼のロングパスがガンガン決まっています。

そして、優秀なスクランブラーだったとも読んだことがありますが、本当にいいタイミングで走りだしてますし、なかなかダウンしません。

今の基準から考えますと、QBにしてはかなり無茶なプレイだな、と思いますし、こう言う時代のフットボールも見てみたかったと思います。


そんな素晴らしいQBだったテリー・ブラッドショーですが、パス成績を見ると、けっこう驚きです。

通算パス成功率は51.9%

通算TDパス数は212回に対し、インターセプト数は210回

パスのうまさの目安であるQB レーティングは70.9

この数字では、現代NFLでは先発QBの座すらつかめないでしょう。


他にもスーパーボウルに4回勝ったQBに、ジョー・モンタナとトム・ブレイディがいます。

モンタナはのQB レーティングは92.3

ブレイディは95.9(2014年シーズンまで)

いかにブラッドショーの数字がひどいかがわかります。

(当時とモンタナ以降の戦術の変化も、この数字に表れていると思われます。)

しかし、QBの仕事は、チームを勝利に結びつけることであり、パスを投げるのはその一つの手段にすぎないと思います。

ですからテリー・ブラッドショーは偉大なQBの一人に間違いないと考えます。

彼は普段は並みのパッサーだったかもしれませんが、ここで成功させなければいけない、と言うパスは通してきたのでしょう。


ちなみに私が応援するグリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースは、昨シーズンまでで106.0のQBレイティングを誇ります。

見ていて、本当にほれぼれするほどパスがうまいと思います。

しかし、スーパーボウルには一度しか勝っていません。

ファンとしては残念ですが、まだブラッドショーと比較される域にはないかな、と思います。


まあとにかく、うまく書けませんでしたが、テリー・ブラッドショーは偉大なQBの一人です。


ところでこんなツイートがありました。




ブラッドショーが会ったのは、いちスティーラーズファンだった、ように読めますが…

いやいや、日本のNFL番組のプロデューサーですし、京都大学ギャングスターズのエースQBで、1990年のリーグ優勝に貢献した方なんだけどなぁ…

でも、「NFL倶楽部」ファンとしては、とりあげられたことは嬉しいです。


あ、わざとじゃないですが、ここまで書いてきて、「PON!」に出た内容を書くのを忘れてました。

関連記事はこちらです。

「W・シャトナーら米往年のスターが『PON!』生出演! 小さいスタジオで大騒ぎ | マイナビニュース」へのリンク

米NBC局の新番組「Better Late Than Never(遅くても何もしないよりはまし)」のロケで、訪れたようです。

つまり、この時の「PON!」の放送内容が編集されて、NBCの新番組で放送されると言うことです。

いろいろな番組の作り方があるもんだと思います。

葉山エレーヌアナが通訳をやったそうですが、元明治大学アメフト部グリフィンズのマネージャーで、ずっと「NFL倶楽部」のMCをしていましたから、テリー・ブラッドショーのことはもちろん知っているでしょうし、どんな気持ちで話したのか、緊張しなかったか、尋ねてみたいものです。

ツイッターを見てみたら、テリー・ブラッドショーのことを知らない人が

「「ブラッドショー」

 って言う新しい番組の名前かと思った」



なるほど~、そう思われるような名前ですわな。


そして「ブラッドショーの鉄道時刻表」と言う言葉も見つかりました。

たしかシャーロック・ホームズの「恐怖の谷」で、暗号を解くために使われたものだったと記憶します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック