【ラグビーワールドカップ2015】日本対サモアって、どんな試合だったと考えればいいのか?



(「【ラグビーワールドカップ】サモア vs 日本 ハイライト(10/3)」と言うハイライト動画


日本時間の10月3日深夜に行われた、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の日本代表対サモア代表の試合、テレビで見ました。

結果、26-5で日本が勝ちました。

今、日本中で多くの「にわかラグビーファン」と呼ばれる人々が増殖していると思います。

私も多分その一人です。

高校時代から見初めて、時々ブログにも書きますが、だいたい見るのは大学の大きな試合をテレビで3試合ほどです。

どういうわけかトップリーグや国際試合はあまり見てないです。

今回のワールドカップには、日本大会の前という意味で大事な大会だと思ってはいましたが、むずかしいだろうと考えていました。

まあつまり、結果には興味はありましたが、あまり見る気はなかったのです。

それが、南アフリカ戦で日本が勝ちそうになったので、そこから見始めました。

実はその試合についても、南アフリカが強いのは、優勝経験もあるし、知ってはいましたが、試合後にあれほどの騒ぎになる程とは、あまり思っていませんでした。

試合会場に行って楽しんで帰ってくる程度のルールは知ってますが、興味感心の上がり方から言えば、私は立派な「にわか」です。

負けたスコットランド戦のことは書いてませんし。


そんな私ですが、日本対サモア戦で気になったことを書いておきます。



1.重量選手を自由に走らせなかったのがすごいと思う

勝った南アフリカ戦でも、南アフリカ選手の最後のトライシーンを見ると、世界のトップレベルの重量選手は突破力は止められないわ、と思いました。

スコットランド戦でも、スコットランドの選手はタックルされても前に進んで倒れるのに、日本の選手はタックルされたところで止められるし…

サモア戦でもそう言うのを見せられるんだろうか、と不安に思っていました。

スピードに乗った重量選手の怒涛の突進の波状攻撃。

何日か前のスポーツ番組で

「サモア戦は死闘になりますよ」

吉田義人氏は辛そうにそう言っていました。


しかし、lほとんどそう言うシーンはありませんでした。

少なくとも前半には。

多分サモアはそう言うの攻撃を考えていたと思うのですが。

なんでそうなったかはよくわかりません。

相手に、トップスピードにのせる助走の距離を与えないことが大事、だと思ってはいましたが、たしかに前に出るディフェンスでそれをさせなかったようにも思えました。

一発で仕留められないことも多かったですが、確実にパワーとスピードを殺し、味方が次のタックルに来る時間を稼いでいたと思います。

これは嬉しい誤算でした。

でも「死闘」であったことは吉田氏の予言通りだったと思います。


2015日本対サモアのタックル

(日本代表のふたりがかりのタックル)


2.サモアが自滅した試合だったのだろうか

サモアはノッコンなどのミス、そして反則、ラフなプレイで自滅したようにも思えます。

もちろんこれは試合の流れと関係があると考えられます。

小さなミスが自分たちに出て、思い通りのプレイができない。

そうなると焦ってきて、反則を招きやすくなると考えられます。

これまでラグビーや他のスポーツを見てきて思ったのは、強いものがリードされる側にまわると、ラフなプレイに走りがちになることもある、ということです。

そう言う悪循環に陥っていたように思いますが。

そうさせることは日本の作戦だったのかもしれません。

そうでなくても、ミスに乗じることができたことは賞賛されるべきだと思います。


3.それでもサモアはすごかった

サモアは試合の大半で本領を発揮することができずに敗れたと言えるでしょう。

それでも怒涛の攻撃を何度か見せてくれました。

重量選手の突進は少なかったと思いますが、それでも華麗でトリッキーなパスワークで、何度も大きくゲインしていました。

日本のディフェンスがなんとか耐えたこと。

そして反則やミスでチャンスを逃したこと。

特に後者については、2度くらいそう言うことがなければ、もっと接戦になっていたどころか、勝っていたんじゃないかな、と思います。

日本がタックルが良かったと言っても、1人で一発で仕留めら続けたわけでもないですし。


また、後半は日本を6点に抑えるディフェンスも良かったと思います。

日本が、無理に取りに言っているようなシーンがあったにもかかわらず。

ゴール前ではよくしのいでいたと思います。

なんやかんや言っても、サモアが強いチームだったことは間違いないと思います。

ですから、日本はこの勝利がただごとではないと喜べるのだとも思います。


それにこれ

サモアチームが選ぶMVPに五郎丸選手が選ばれ、トロフィーをもらったそうです。

「敗者となった彼らから貰った贈り物は試合のMVPカップより価値があり我々もこんなチームになりたいと思えた。」

と言う五郎丸選手の言葉には、本当に心から同意します

ラグビーは勝ち負けを決めるスポーツではない。」

と、ラグビーが校技の高校で学びました。

「試合が終わったら敵味方はない、それがノーサイドだ」

勝ち負けを決めるスポーツではないから、一番素晴らしいプレイをした選手をたたえるのは当然。

その精神をこのように表すサモア代表は、とても素晴らしいと思います。



4.山田選手は期待通り、と言っていいのかな

期待していた山田選手が、期待通りのパフォーマンスを見せてくれました。

難しいパントをキャッチしたこと。

ナイスタックル。

そして前半終了時、相手のタックルをスピンでかわし、飛び込んでのトライ。

あらためて運動能力の高い選手だな、と驚かせられました。



(「Yamada's brilliant turn and try for Japan」と言う動画)

後半退場した時はひやっとしましたが、ツイッターで無事を報告していました。




ブログでも

山田章仁『DAY33』へのリンク

母校の県立小倉高校のことが載ってます。


5.海外の反応

海外の声をまとめたサイトのリンクを貼っておきます。

「「大和魂!」ラグビーワールドカップ 日本が格上サモアに26-5で完勝!(海外反応) 」へのリンク

「ラグビー日本代表が26-5でサモアに圧勝!史上初の2勝目でベスト8進出の可能性繋ぐ!【海外の反応】」へのリンク

「日本がサモアに完勝!準決勝進出に望み!(海外の反応)」へのリンク

おおむね日本をたたえる声です。

でも、一番多かったように思えるのは、

「日本はボーナスポイントを目指してトライをとりに行くべきだったな」

に代表される、トライを狙いに行かなかったことを残念に思う声でした。

ボーナスポイントをとりに行かないと、3勝してもベスト8には行けない、と言うのは現実的です。

個人的には、行ければいいけど、行けなくても勝つことのほうが私は嬉しいです。


「フェアプレー精神があるよね
 日本代表のプレーは本当に見ていて気持ちいい」

この試合で、ラグビーでも「規律」(ディシプリン)が大事なことを学びました。

ただ、それが崩壊していたように思えたサモアですが、それでもあれだけ力強いプレイができるのはすごいな、と思います。


「日本語の「認定トライ」がTwitterの世界トレンドになってて笑った 」

へぇ~…


「日本は公式にラグビー大国になった。」

「もうすでに格上相手にいい勝負をするくらい成長してるよ」

ありがたい声です。

もしそうだとしたら、2019年の日本開催大会まではそれを続けなければ、いけないと考えます。

まだ始まりの終わりです。


6.判定は日本びいきだったのか?

こういうことは書かない方が良いのかもしれませんが…

サモアは序盤からペナルティを重ねていました。

見ていて判定に不信な点はなかったのですが、あまりにも日本にも有利な判定が多いように感じました。

これは前の試合で、特に前半に日本に不利な判定が多かったのと対照的だと感じました。

そその試合も、判定に不満はなかったのですが、あるサイトでは判定が公正ではなかった、みたいなことが書いてあったような気がしますし、それに同意する昔からにファンのコメントもありました。

以前もある試合について、私が判定に不信を持たなかった試合について、ネットで審判がボロクソに叩かれているのを見ました。

要は私はラグビーについて、判定の質についてよくわからないのです。

ですから、この試合は日本が勝ったから日本のネットでも言われていないように思えますが、客観的に見たらどうだったのか気になるのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック