【2015年シーズンWEEK4】「NFL倶楽部」で放送されたこと~今週もすでにWEB動画がアップ



(10/9夕方頃公開された「NFL倶楽部WEB放送#4」の動画。今週も早いアップでありがたいです)


10月10日の朝5時から日本テレビにて放送された「NFL倶楽部」のことを書きます。


1.けが人が目立つシーズン

今週は3人とも先週と同じ衣装。

オープニングの話題は、今シーズンチームの主力にけが人が目立つことが語られました。

トニー・ロモ(ダラス・カウボーイズQB)、デズ・ブライアント(カウボーイズWR)、ベン・ロスリスバーガー(ピッツバーグ・スティーラーズQB)などの名前が挙げられましたが、他にもアンドリュー・ラック(インディアナポリス・コルツQB)、ドリュー・ブリーズ(ニューオリンズ・セインツQB今週から復帰)などもいます。

他にもいて、たしかに多いな、と思います。

「こうなると層の厚さが勝負」(若林)

とのこと。

その後話しが日テレの女子アナの話しへ

「尾崎アナもうかうかしていられませんね。

 同期にスーパースターがいますから」(若林)

でスタジオ大爆笑

そう言えば今週の「さんま御殿」に尾崎アナと笹崎里菜(ささざきりな)アナが出ていました。


2.ラムズ対カージナルス

セントルイス・ラムズ対アリゾナ・カージナルスのダイジェスト動画が流されました。



余談ですが、カージナルスは1980年代後半まで長い間セントルイスを本拠にしていたチームです。

番狂わせでラムズが勝利。

同じ地区のサンフランシスコ・49ナーズを応援する春日は

「ラムズは弱くいてくれないと」

と言ってました。

(ラムズは1980年代まで強豪だったのですが、1990年シーズンに急速に弱くなりました。

 その後1990年代の最弱チームだったのですが、1999年に無名の控えQBカート・ワーナーの台頭で突然強くなり、そのシーズンに初めてスーパーボウルに勝ちました。

 その後数年間は強豪として君臨したのですが、2000年代中盤からまた弱体化したように思えます。

 一時期を除いては、春日にとってはラムズは弱いチームのイメージが強いんじゃないかと思います

 なお、私の世代には、ペイトリオッツは弱い、と言うイメージの人も少なくないと思います)

ラムズのQBニック・フォールズは、この試合で120点台のQBレイティングをたたき出し、

「テキサンズに来てほしかった。」

と若林に言わしめました。

そしてレイティングの解説。

レイティングとは、パス能力を表すポイントだと思ってください。

パス成功率、TDの数、インターセプトの数から算出されます。

計算方法はNFLと、NCAAや日本とでは違います。

そしてこのレベルは、昔は全体的に低かったのですが、今はかなり高くなっています。

ですから若林は

「難しいのよ、レイティングって、俺も良く分からない」

と言っていたんだと思います。

私もうまく説明できないです。

若林が言うにはこんな感じ。

「80超えれば合格、90超えると優秀で、100を超えるとすごく優秀。

 110、120となれば、すごく優秀な日だった、って感じです」

私も大体同じイメージですが、私が見始めたころは、80を超えれば優秀と言えたと思います。

それが1990年代にスティーブ・ヤング(元49ナーズ)が毎シーズン100以上のレイティングを残すようになり、一気にレベルが上がったように感じます。

そして今、レイティングと言えばグリーンベイ・パッカーズのアーロン・ロジャース。

毎年素晴らしい成績ですが、今シーズンはWEEK4を終わって120点台です。

ロジャースの場合インターセプトが極端に少ないので数字が上がっているんだと思います。

かといって無難なパスが多いわけではなく、けっこうギリギリのパスを通してくるんで、ファンとしてはたまらないです。


3.今週のハドル

「東京ベイ・ジーガルズ」と言うチームでした。

不覚にも私はこのチームのことを知りませんでした。

このチームは

「設立2013/4/14。一般社団法人オービックシーガルズに所属し、未就学生から中学生そしてXリーグと、全てのカテゴリーでチームを持つチームで、新たに設立したシニアチームです。」

とのこと。

シニアリーグは40歳以上がメインのリーグだったと思います。


ホームページはこちら

「Tokyo Bay Geegulls Official」へのリンク

PVはこちら

【GEEGULLS FILMS】設立(!?)私たちと一緒に楽しみませんか?Geegullsは新規参戦メンバーを募集しております!特にOL・DL経験者の方是非是非ご一報を!!http://www.geegulls.com/

Posted by Tokyo Bay Geegulls Official on 2015年9月10日


選手一覧を見たら、時々Facebookで見かける人(54歳)がいたり、Facebookを見たら、25人の友達が「いいね」を押していました。

ですから、私がこのチームのことを知らなかったのは、申し訳ないな、と思うのです。

このコーナー、今までは高校生のチームでしたが、シニアリーグもやる、と言うことは小学生から大学生、Xリーグ、そして女子アメフトチームもやってくれるかも、と期待しています。


4.カウボーイズ対セインツ

ダラス・カウボーイズとニューオリンズ・セインツのサンデーナイトフットボールのダイジェストが流されました。



サンデーナイトフットボールとは、読んで字のごとく、米標準時間日曜の夜に行われるもので、日本では月曜の朝、会社や学校が始まる時間にあたります。

NFLの試合は、だいたい毎週以下のようなスケジュールで行われます

サースデーナイトフットボール(TNF):米標準時間木曜の夜にひとつだけ行われるもので、日本では金曜の朝、会社や学校が始まるころキックオフ

日曜午後の試合:米標準時間日曜の午後1時ごろに行われるもので半分ぐらいのチームの試合があり、日本では月曜の2時、サマータイム明けには3時ごろにキックオフ

日曜夕方の試合::米標準時間日曜の午後4時半ごろに行われるもので4試合ぐらいで、日本では月曜の5時半、サマータイム明けには6時半ごろにキックオフ

サースデーナイトフットボール(SNF):米標準時間日曜の夜にひとつだけ行われるもので、日本では月曜の朝、会社や学校が始まるころキックオフ

マンデーナイトフットボール(MNF):米標準時間月曜の夜にひとつだけ行われるもので、日本では火曜の朝、会社や学校が始まるころキックオフ

サマータイムは10月の終わりごろにあけます。


この試合はオーバータイムにまでもつれ、ドリュー・ブリーズの400本目となるTDパスでセインツが今シーズン初勝利をあげました。

今週も「ブリーズは同い年なので頑張ってほしいですね」(若林)と言っていました。


5.若林の熱視線

今週は「プレイアクション」。

「プレイアクション」または「プレイアクションパス」とは、QBがRBにボールを渡すふりをした後、パスを投げることです。

カウボーイズ対セインツの試合で解説されたのですが、特殊な動画だったので、NFL公式の解説動画を貼っておきます。



0:30からのもので、最初にOLのガードの選手の動きがかたられますが、この意味は難しいので、スルーしてください。

その後、QBがRBにボールを渡すふりをすると、ディフェンスが「ランプレイかな?」と思って前に出てRBを止めるルートに入ります。

しかしボールはまだQBが持っていて、ディフェンスがRBに行ったおかげでカバーされなくなった(「ワイドオープンになった」とも言います)WRにパスが比較的簡単に通ります。

これが「プレイアクション」です。


動画を見ていると、これぐらいの動きでディフェンスはだまされてしまうものなんだろか?と疑問に思われるかもしれません。

しかしそれは、われわれが上から見ているからであって、選手と同じフィールドになると、ボールの動きが見えにくくなるはずです。

ですから引っかかってしまうんだと思います。

また、ランプレイがここまで成功していると、ディフェンスはランもパスも気をつけないといけないので、プレイアクションパスは比較的簡単になります。

逆にランがうまくいっていないと、RBにタックルに行く人間を減らしてもかまわないので、プレイアクションは難しくなります。


そして若林の今週の一言

「尾崎アナ、正統派に見えて不思議ちゃん 

 ナイスプレイアクション」

と言うもの。

尾崎アナのことがいまいちよくわからなくて、オードリーの2人も困っているそうです。


6.3人の応援する試合

その他のゲームのダイジェストで、MCの3人が応戦するチームの結果とその反応が見られました。

若林のヒューストン・テキサンズはここまで全勝のアトランタ・ファルコンズにいいようにやられ敗戦。

全画面になり

「おい、大丈夫じゃないよ」(若林)

と絶叫。

尾崎アナのインディアナポリス・コルツは、QBアンドリュー・ラックが欠場したものの、控えのマット・ハセルベックの活躍でジャクソンビル・ジャガーズに辛勝

全画面になり

「MVPはハセルベック選手。

 ありがとうございます」(尾崎アナ)

春日のサンフランシスコ・49ナーズはグリーンベイ・パッカーズに3点しかとることができす敗戦

春日は全画面で

「代わりにやってやろう」

とキャパニッキング。

キャパニッキングとは、QBコリン・キャパニックがビッグプレイを決めた後、右腕にキスするポーズです。

この試合ではキャパニックをサックしたLBクレイ・マシューズが、キャパニッキングをしていました。

このツイートにその写真があります。




このようにNFLでは、相手に対していいプレイをした後、相手の決めポーズをやることがしばしばあります。

先々週はシアトル・シーホークスの誰かが、パッカーズ戦でTDをした後、アーロン・ロジャースのまねをしていました。


シーホークス戦も含めここまで無敗で、毎週パワーランキングのトップにいるパッカーズに対し、49ナーズが敗れたことは順当だと思われているようですが、パッカーズファンからすると、やっとキャパニックに勝った、やっと49ナーズのリードオプションを止めた、と喜びは並大抵ではないです。


7.スーパーボウルメモリーズ

今回は第42回スーパーボウルの「ヘルメットキャッチ」のことをインタビューに小池絵未さんはニューヨーク・ジャイアンツへ。

その時のツイートがこちら




「ヘルメットキャッチ」とは、第42回スーパーボウルで、ジャイアンツが逆転した最後のドライブでの1プレイ。

こちらにその動画があります。

Youtube「Worst Plays in NFL History | David Tyree's Helmet Catch | Super Bowl XLII」へのリンク

タイトルはネガティブですし、実況も消されているところが多いことから、対戦相手ニューイングランド・ペイトリオッツサイドから見たものだと思われますが、この動画が一番わかりやすいと思いましたし、アカウントもNFL公式のものなので、この動画にリンクを張らせてもらいました。

この試合、圧倒的な強さでシーズン全勝で勝ちあがり、「パーフェクトシーズン間違いなし」と言われていたペイトリオッツが、ワイルドカードから勝ちあがってきたジャイアンツに、このプレイを含むドライブで逆転され、そのまま敗れてしまいます。

このドライブが始まる前、とても逆転できるような空気は感じませんでした。

イーライ・マニングも、

「気が重かったね、TDとらないといけなかったから」

とインタビューに答えていました。

そしてこのプレイ。

見ていた私は、ペイトリオッツのディフェンスがマニングを囲んだ時点で

「ああ、ここでサックされて、試合はペイトリオッツの勝ちで終わるんだろうな」

と感じました。

しかし奇跡的にかわして、投げたこと自体がもう快挙だと思いました。

どちらかと言うと、ヘルメットでキャッチしたWRデビッド・タイリーのことのほうが称賛されているように感じますが、私は今でもこのマニングの動きのほうにすごさを感じます。

「その時WRデイビッド・タイリーが見えてチャンスだと思ったんだ」(マニング)

そして

「初めてのスーパーボウル制覇は自分にとっても、チームメートにとっても、家族や友人にとっても、そしてジャイアンツと言う組織やファンにとっても楽しい夜だったし、とても特別なものだったよ」

と続けていました。

カメラは切り替わってスタジオに

「キャッチしたタイリーはあの場面だけが有名になって、春日さんと同じく「一発屋」なんて言われてますが…」(若林)

とのこと。

そして「えみたん」情報によると、タイリーは今ジャイアンツの職員として働いているそうです。


8.春日の2ミニッツワーニング

「春日さん、今週もお疲れ様でした」(若林)

「いやいや、まだ私のコーナーがのこっとるよ」(春日)

と言う掛け合いの後、タイトルコール。

今週は、NFLのピンクリボン月間でした。

これは2009年からNFLが始めたもので、10月を「乳がん撲滅運動月間」として乳がんに対して啓発を行うものです。

10月の第3週の金曜日が「ナショナルマンモグラフィーデー」なので、10月に行うそうです。

10月はいろんなものがピンクになります。

こちらは昨日行われたWEEK5のTNFの前にツイートされたものです。




先月「世界の日本人妻は見た!」にも出演された、ヒューストン・テキサンズの日本人チア、海東奈月さんのツイートです。

見事にピンクがいっぱいです。

乳がんに関する啓発はとても大事だと思いますので、ここまで徹底することは良いことだと思います。


9.その他番組以外のこと

1)ロンドンゲーム

今週はロンドンでNFLのゲームが行われました。

ニューヨーク・ジェッツとマイアミ・ドルフィンズが対戦しました。

下のツイートは、ドルフィンズチアによるプロモーションのものだと思われます。





2)新たなる疑問

WEEK4のデトロイト・ライオンズ対シアトル・シーホークスのライオンズが逆転をかけた最後のドライブで、後でNFLオフィシャル部門のディーン・ブランディーノVP(バイスプレジデント)が手続きを誤ったとツイートしたことが起きました。

ボールをWRの手からパンチして出したまでは、超スーパープレイなのですが、その後エンドゾーン内の選手がわざと外に出したのは反則で、本当はゴール前1ヤードからライオンズの1stダウンとなるべきでした。

ライオンズが逆転勝ちしていた可能性も高いので、このゲームはWikipediaの「NFL lore」に追加されるんじゃないかと考えます。





3)尾崎アナの母校、西南学院大学がリーグ優勝

尾崎アナの母校、西南学院大学の

西南学院大学グリーンドルフィンズ

が九州学生アメリカンフットボールリーグで、2年連続優勝を決めました。

ただし、明日の試合の結果次第では福岡大学や久留米大学との同率優勝の可能性が残っています。


オードリーがMCになって以来、一緒に番組を担当した女子アナさんの母校が、リーグ優勝をするのはこれが初めてです。

これまでの女子アナさんの母校はすべて東京の大学で、関東大学アメリカンフットボールリーグでは、だいたい春日の母校、日本大学フェニックスなどが優勝していましたから。

(ただし今年は早稲田大学ビッグベアーズの評判が高いです)


話しを西南学院大に戻しますが明日福岡大に勝てば、文句なく優勝です。

これまでの毎週の試合結果を見ると、まず勝つんじゃないかなと思いますが。

結果はこちらのサイトに掲載されるものと思います。

「九州学生アメリカンフットボールリーグ公式サイト」へのリンク

西南学院大学グリーンドルフィンズが「今週のハドル」に登場してくれるとうれしいなぁ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

東京からのライブ帰りに始まるレイトゲーム変更に喜んだのがピークでした
補足すると、レイトゲームはダブルヘッダーの関係で東部時間16:00と16:25に分かれます。(日本時間だと逆にややこしいので東部時間で統一します)

基本的にはその局のナンバー1ゲーム(例…13:00の試合から移動された去年のPHI@GB)が16:25となりますが、アーリーゲームが延長などで長引いた場合キックオフが遅れる場合もあります。(No.1ゲームを楽しみにしている視聴者がチャンネルを変えないため)

ちなみに、ナイトゲームはどの曜日も20:30開始ですが、開幕週のMNFのみダブルヘッダーのため東部時間or中部時間エリアで19:10開始、試合終了後の22:20以降(今年はPHI@ATLが長引いたため実際はもっと遅くなりました)に山岳時間or太平洋時間エリアで第2試合が始まります。

管理者のみに表示

トラックバック