【ホークス】ドラフトで高橋純平を引き当てた強運そのまま、明日からの日本シリーズも優勝だ\(^o^)/〜ちょっと意外だった指名

昨日行われたNPBのドラフト会議2015

福岡ソフトバンクホークスは予想通り県岐阜商の高橋純平投手を指名。

中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズと競合しましたが、工藤監督が見事に「当たり」を引き当てました。

引き当てた、と言っても他球団が引いた残りを引いただけですが…

でもこれも強運のなせる技。

この勢いで明日からの日本シリーズも制覇して欲しいものです。

野球は戦力が上のチームが勝つ確率が高いとは思いますが、運も必要だと思いますから。


ところで私が今年のホークスの指名で意外だったことをいくつか書いておきます。





1.育成を除き、全員が高卒

ホークスの現有戦力を見ると、たしかにそんなに即戦力には困ってないと思います。

ですから、じっくり育てるために、高卒選手が多くなるとは思っていました。

でも、育成を除く6人全員が高卒だとは思いませんでした。

ひと昔前のホークスは、即戦力の指名が多かったのですが、今やすっかり

「育成と補強のバランスが取れたホークス

となってしまいました。


2.即戦力左腕はいらないのか

ホークスは本ドラフトで3人、育成ドラフトで4人の投手をとりましたが、左腕は育成2位の児玉龍也投手と育成5位の渡辺健史投手の2人だけ。

ホークスは投手陣は充実していますが、左腕には不足しています。

帆足投手が引退し、先発として計算が立つのは復帰が前提として大隣憲司投手、強いて言えば山田大樹投手で、日本シリーズで先発するのはすべて右腕になるでしょう。

中継ぎでは森福投手はやや衰えているようで、あてになるのは飯田投手ぐらいかな。

ですから、即戦力左腕を取りに行くかと思ったんですが…

今永投手とか。

育成ということは、即戦力とは計算してないのでしょう。

前述の児玉投手が化けてくれるといいのですが…

まあ、今のところ右左にかかわらず、抑えられていますので、左が絶対に必要、とは言えないでしょうが。


3.捕手3人も必要か?

本ドラフトでは谷川原健太捕手と黒瀬健太捕手を、育成では樋越捕手を、と計3人指名しました。

たしかに現在の捕手陣の高齢化は進んでますが、あやつぐ捕手や拓也捕手、栗原捕手など育成は進んでいると思います。

1人ぐらいは指名しておいた方がいいとは思いますが、まさか3人もしめいするとは…

なお黒瀬捕手は高校通算97本塁打とか。

打者として期待されているのかもしれません。

(永山スカウトの話しでは、野手として育てるそうです)

でも金属バット中心で打った数字なら、外れることもあるようで…

いやいや、期待しています。


4.外野陣ゼロ

今ホークスでダブついているのは外野手。

上林選手も台頭し、しばらくは安泰でしょう。

ですから指名の必要はないのですが、育成も含めゼロとは驚きました。

ここまで徹底していると気持ちいいです。


5.「健太」コレクション

一時期は「翔」の字がつく選手が多かったホークス。

今年は「健太」という名前の選手を3人指名しました。

本ドラフトの3位から続けて3人。

現役選手では今宮健太選手しか浮かびませんが、これで「健太王国」となりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック