【ホークス連勝】松田に当たりが戻ってきたのは大きい〜それとなにげに気になること

日本シリーズが始まりま、ホークスが連勝しました。

初戦、福岡ソフトバンクホークスは松田選手の先制ホームランから6連打で3点を奪い、4-2で東京ヤクルトスワローズに勝ちました。

投げては先発武田投手が最後まで投げ抜きました。

9回2死から畠山選手に一発を浴びましたが、これは完封できそうな武田投手が志願して9回のマウンドに上がって、疲れからか失投しただけの話で、そこまではスワローズはほぼ完璧に抑えられてました。

この武田投手の好投は本当に大きいですが、やはりCSでほぼ打てなかった松田選手に当たりが戻ったのは大きいと思います。

誰もが言いますが、一番のせてはいけない選手ですからね。

そしてホークスファンから見れば、一番のって欲しい選手ですから。


試合前に、内川選手に肋骨骨折が判明し、日本シリーズに欠場することが発表された時には、正直真っ青になりましたよ。

CSで一番当たっていた選手ですし、四番ですし、なんといってもキャプテンですから。

シーズン中にいくら打てなくても、他の選手が打てたのは、内川選手が苦労を進めていたからだとも言えるでしょう。

ですから、内川選手の日本シリーズ欠場は、本当に痛いと思いました。

(内川選手はCSファイナルの初戦で骨折していたようです。

普通に活躍していたように見えますが、きっとかなりの痛さを我慢して、出場し続けていたんだと思います。

本当に頭が下がります。)



でも、松田選が元気だったら、なんとかなりそうです。

打力と言うだけではなく、精神的な面で引っ張っていってくれそうですから。


ところで松田選手ですが、祝勝会を音頭をとったりして、仕切っていました。

それが選手会長の仕事だから、と言ってしまえばそれまでですが。

あれだけCSで打てなかったのに、よくあんなにはしゃげるもんだ、と思いました。

いい意味ですごい神経だと思いますよ。

内心は穏やかではなかったかもしれませんが、

それでも、選手会長の仕事を果たし、きちんとチームを

「もう一度ビールかけしたい」

という気持ちにまとめてくれたと思いますから。


でも本当は、まあCSで打たなかったのはしゃーない。

日本シリーズで暴れればいいや、と思っての大はしゃぎだったのかもしれません。


どっちでもいいんです。

チームをひとつにまとめて、勝利に向けてくれれば。


そしてこんな人材はなかなかいませんから、絶対に流出させてはいけないと思うのです。

本人がメジャーに挑戦したい、というのなら話は別ですが…

まあ来シーズンも、福岡で、そして北九州で

「ワン・ツー・スリー マァァァッチ」

が見られることを信じています。


昨日のゲーム、満塁の場面で三振した次の回、ホームランを打った中村選手を手放しでたたえてました。

いい仕事してますわ

これも第1戦で活躍できたからかもしれません。

その後も、惜しい犠牲フライでしたが…


そして何気に気になることですが…

スワローズは打たれた投手もいますが、敵地でとりあえずリリーフ投手を日本シリーズで投げさせることができました。

それに対して、ホークスのリリーフ投手陣は、ほとんどが敵地で日本シリーズ初登板とういうことになるでしょう。

この辺はちょっと気になります。

まあ、また先発投手陣が手も足も出ない好投をしてくれるといいのですが。

または打線が大爆発してくれると、問題ないでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック