【2015年11月1日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたこと~ICTとスポーツの話しが長かった回



(「NFL倶楽部WEB放送 #7」動画

 オープニングで語られていた、相武紗季さんの発言は、この中で話されています)


2015年11月1日の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことを書きます。

最初に書いておきますが、来週は水曜の12時くらいに収録があるようで

「大人の事情で、メールやはがきは、来週水曜日の昼12時までに送ってくれると、助かる人がいます」

と言っていました。


1.ラグビー日本代表のウォークライは何がいいのか?

今回の放送とほぼ同時進行で、ラグビーワールドカップの決勝が行われました。

(私はまだ結果を知りません)

そこからニュージーランド代表オールブラックスのウォークライ「ハカ」の話しへ。

そして、日本代表が試合前にやるとしたらなにがいいか、と言う話題へ移りました。

盆踊り、安来節、あとひとつ何か言っていたように記憶しますが…

ところで、半月ほど前に、twitterで

「日本代表はエッサッサをやればいいのでは」

と言うのを見ました。

う~ん、それもアリかもな、と思いました。

Wikipediaの記述を借りますと、「エッサッサ」とは、「日本体育大学で伝統的に行なわれている応援スタイル及び運動のこと。」だそうです。

こちらに動画があります。



私は一度テレビで見たことがある程度で、これがフルなのかどうかわかりませんが。


2.ネットニュースで「NFL倶楽部」に出た相武紗季に、「家に来てよ」と言ったことにされていた…

昨日のこのブログでも書きましたが、今週の「NFL倶楽部」に、アメリカンフットボールファンとしても知られる、女優の相武紗季さんが出演しました。

収録後にとられた動画が上のものです。

(この番組では、毎週放送後に、収録後の動画が「WEB放送」として公開されています)

ANNの中で、若林が

「相武紗季さんが、「周りにアメフトファンがいないので、普段は話したくても話せないけど、番組でこんなに話せて楽しかった」と言ってた」

と言ってましたが、この動画の中でもそれが語られています。

(本当に、アメフトファンってみんなそんな感じで、話せなくて困ってます)

「春日よりアメフトが好きなんじゃないか」

とも。

番組の内容は、昨日このブログにも書きましたので、読んでもらえるとうれしいです。

「【2015年シーズンWEEK7】「NFL倶楽部」で放送されたこと~相武紗季さん初出演」へのリンク


ところで、ANNでは、若林がネットニュースに正しくないことを書かれた、と言うようなことを言っていました。

ある記者が

「アメフトの楽しみ方がわからないんですが」

と若林に尋ねたところ、

「一度試合を見ればわかります。

くりぃむしちゅーの上田さんとかと、家で観戦会をやってますから、1回俺の家に来てください」

とその記者に返事しました。

しかし、その発言が、まるで相武紗季さんに向けられたもののようなタイトルでネットニュースにされていたことを、若林は怒っていました。

多分こちらの記事です。

「オードリー若林、相武紗季のゲスト出演に興奮「ぜひ1回俺の家に来て」ラグビーの次はアメフトと熱弁 [テレビドガッチ]」へのリンク

このタイトルを見ると、たしかにそう読めます。

しかし記事をよく読みますと、相武紗季さんに向けられたもの、との記述はなく、相武紗季さんがアメフトの魅力を語ったのにかぶせて発言したのがわかります。

オードリーの二人が出演している、テレビ東京の「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」には、おぎやはぎの矢作が、ネットニュースのタイトルを考える、時村と言う人物の役を演じています。

時村の役は、ちょっとしたことを、うそではないけどエロいタイトルにして読ませる、と言うものです。

「まるでそんな感じだった。

まだまだネットニュースは怖いな」(若林)


とのことでした。


なお、相武紗季さんは、今後も定期的に「NFL倶楽部」に出演される、との報道もありました。


3.清水富美加さんのこと

先週の「オールナイトニッポンR」でパーソナリティを務めたりもした

清水富美加さん

のことが語られていました。

この放送、若林は自分たちの放送が終わって、帰路の車の中で聴いたそうです。

若林も言っていましたが、清水富美加さんは若林のファンだそうです。

そして、若林が体験した、清水富美加さんの不思議な行動が語られました。


清水富美加さんと言えば、前述の「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」で、同人誌作家のマユを演じています。

私は、リアルな女性同人誌作家を知りませんが、イメージ通りの役を演じてくれます。

台詞の中には特殊な用語が多く、何言ってるか半分もわかりませんが、なんとなく空気が好きなコントです。

「特殊な用語」でも、たまに知っているのが出てくるとうれしくなります。

関連記事はこちら

「テレ東『SICKS』、清水富美加と℃-ute中島早貴の「オタク女子」演技がスゴすぎるとネット上で話題に - AOLニュース」へのリンク


4.やっぱアメフト経験者だな、と思わされたこと

まだオードリーが売れてなかったころの話し。

事務所では、ライブをやると、それをビデオで録って、保管していたそうです。

そのビデオは、ライブの3日後ぐらいに事務所に届くそうで、オードリーの2人は、それを

「見せてください」

と言って、自分たちのものを見ていたそうです。

しかし、当時そんなことをしていたのはオードリー(「ナイスミドル」のころかも)だけだったそうで、他の人は誰もビデオを見に来なかったそうです。


このエピソードを聴いて、やっぱアメフト経験者だな、と思いました。

アメフトは昔から、試合や練習を撮影して、レビューしていましたから。

(怪しげな記憶ですが、プロでは1940年代からやっていた、と言うのを聴いた記憶があります)

他のスポーツでもそう言うことをやっているとは思いますが、アメフトほどはやらないんじゃないかな、と思います。


5.Instagram(インスタグラム)

今週も「インターネット」について語られましたが、特に

「Instagram(インスタグラム)」

と言うWEBサービス(アプリも含む)について掘り下げてました。

私は使ってないのでよく知らないのですが…

「Instagram(インスタグラム)」とは、画像共有SNSと言ったところでしょう。

何年か前にサービスが始まったのですが、今年に入ったあたりから、爆発的に広がった印象があります。

「Instagram(インスタグラム)」へのリンク

私がこれをやらないのは、これ以上SNSに参加するのが面倒だからです。

ちょっと専門用語が多くなりますが…

デバイスをまたいで画像を受け渡したいとき、たとえばiPhoneで撮った写真を、PCでブログにとりこもうとする際、今は、外部公開していないSNSを使っていますが、そこが容量オーバーとかで使えなくなったら、インスタグラムを始めるかもしれません。

また、インスタグラムでしかつながれないアカウントで、どうしてもつながりたいと思ったら、その時も始めるかもしれません。

Facebookも、もともとやる気はなかったのですが、どうしても参加したいグループがあったので、始めました。


6.「男の料理」

・キングカズがカズダンスで脚でこねたうどん

・かくたのぶ焼き

・上空2千メートルから散らしたちらし寿司

・若鶏の生きざま


7.「実録!若林学部」

・サインを頼まれると、「漫才 or DIE」と添えている

・番組の打ち合わせには、弁護士を同席させている


(弁護士の知り合いがほしい、とは言っていました

私もほしいです)

・ワカバヤシデスケレドモ、と言う馬を所有している


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック