【ホークス】帆足と吉村の福岡愛

このオフは、例年より多くのプロ野球選手が戦力外通告を受けたり、引退を発表しました。

その中で最も驚いた選手の一人が、福岡ソフトバンクホークスの帆足和幸投手でした。

戦力が充足しすぎていると言われるホークスですが、弱いのは左腕。

ですから帆足投手の戦力外通告は意外でしたし、左腕でなくても、まだやれると思っていましたから、なおさらでした。

ホークスを戦力外になっても、他球団ではまだ活躍の余地は十分にあると考えていましたが、さらに驚いたのは、そのまま引退してしまったことでした。

「FAして福岡に来た時に僕は福岡で野球を終わろうと思っていました。自分の思いにブレはなく、今回、引退を決断しました。」

とのことでした。

FAで移籍した時には

「野球をやると言う環境では、埼玉西武ライオンズが一番」

と発言していたものの、最後には

「僕にも福岡の血が流れている」

と言って、ホークスに移籍してくれました。

「福岡の血」

と言う言葉には、説明が難しいですが、そんなことを言うもんじゃない、と違和感を持ちました。

しかし、引退のコメントを聞いて、帆足投手が感じている「福岡の血」は、私なんかのものより特別なもので、あの言葉には相当な覚悟があったんだな、と思いました。

帆足投手の思いには頭が下がります。

ありがとう、帆足投手。

そして、お疲れ様、帆足投手。


そして、FAが噂されていた吉村裕基選手。

こちらは

「福岡出身なので。」

と言うコメントを出して、ホークス残留を発表しました。

嬉しいです。

吉村選手はホークスにトレードでやって来てから、期待にこたえる活躍をしてくれる選手として、輝きを取り戻しつつあります。

特に昨シーズンのCSでは、MVPとなる活躍でした。

それでも控えでの起用が中心。

FAすればレギュラーとして活躍を望む球団もあったでしょう。

それでも福岡のホークスでプレイすることを選んでくれたのは、本当にありがたいです。

それに、もし松田選手がメジャー移籍となると、サードの後任候補の一人となりますから。

そしてこれは冗談ではないのですが、関東にまで届くほど、悪評の高い福岡の飲酒運転。

これからもその撲滅を、お立ち台の上から訴え続けて欲しいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック