【2015年11月29日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られたこと~アンキパンないかなぁ…

2015年11月29日に放送された「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことを書きます。


1.「日本語として間違っている」と言うヤツ

オープニングで最初に本格的に語られたのが、「春日語」。

「ねこ」のことを「おもち」と言うのは、リトルトゥースの間では有名ですが、そのほか新語(私が知らないだけかも)も。

「高速道路」は「そくどう」で、「パソコン」は「P」だとか。

そのあと、そもそも言葉について話が移って行きました。

「「日本語として間違っている」と言うヤツがいるけど、そういうの嫌いだな」

と若林。

「だってそれで通じているんだからさ」

「言葉は変わっていくものだし」

これには私も大きく同意です。

先日テレビのあるコーナーで

「日本人も知らない「正しい日本語」」

と言うのをやっていましたが、その考え方はおかしい、と思ってます。

今の日本人が知らない時点で、もうそれでコミュニケーションは通用しないので、「正しい日本語」なのではなく、古語の範疇にはいると思います。


2.「オードリーのANN」に関するtwitterアカウント

「たしかに」と言う同意を意味する言葉は、春日語では

「てしかに君」

と言うらしいです。

その話題から、「オードリーオールナイトニッポン」に関するtwitterアカウント探しに移って行きました。

たぶん目の前にあるPCで検索したところ、まず見つかったのが、このツイートをしているオードリーオールナイトニッポンbot (@kw_ann_bot) 」と言うアカウント




そして、若林が知らなかった、と言うよりたぶん忘れていた、ANN5周年のイベントのために作られた「オードリーのANN (@annkw5tyb)」と言うアカウント。

放送中に急きょ「てにしか君」の絵が描かれ、アップされてました。




番組では語られませんでしたが、「春日語bot (@kasugago_bot) 」と言うのもあります。

しかし3年前のこのツイートがラストとなっています。




「春日の迷言集bot (@kasugamegen_bot) 」と言うのもあります。




「NFL倶楽部」と言えば、昨日のブログ記事を書いたときに、WEB動画がまだアップされていませんでしたので、ここに貼らせてもらいます。

相武紗季さんも出演しましたし。



(NFL倶楽部WEB放送 #11)


3.若林トーク

プロレスの話でした。

その中で、アメフト部時代の話題がありました。

TOKIOのニューシングルを必ず歌う人のこととか。

「AMBITIOUS JAPAN」

をトーク中に歌ってました。


あとは最近、プロレス好き女子が増えていて、「プ女子」と呼ばれてることとか。


最後に、若林が厳しいプロレス界の待遇ってどうなってるのか、調べた話へ。

「初任給3万円。デビュー後8万円」

月給の話です。

そしてその下に

「金額には変えられない貴重な体験ができます」

と書いてあったそうです。

たしかにその通りだな、と思いました。

若いうちであれば、いろいろと経験しておくのは悪くないと思います。


4.春日トーク

埼玉西武ライオンズのパーティーに出席した話しでした。

いろいろとすべったみたいでしたが…

今回に限らず、春日のトークを聴いていると、はたから見たら、何バカなこと言ってるんだろうな、と思えることでも、みんないろいろと考えているんだな、と思わされます。

こういう思いを持つと、芸人さんたちを見る目が好意的になってきて、ありがたいと思います。

ライオンズの選手の名前としては、栗山選手と大崎選手などが出てきました。


5.「男の料理」

・遠藤憲一ににらまれて、ひびがはいったくるみ

・ロールキャベツの開き

・逆立ち食いそば

・若気のいたりのやんちゃ飯

・バツイチ子持ちシシャモ

・中野浩一を驚かせた鶏のもも肉

中野浩一とは、伝説的な競輪選手です。


6.「実録!若林学部」

・いきつけの汚い食堂で、いつもの、きたないの、と頼んでいる

・巣鴨のロケで、80歳ぐらいのおじいさんに「ラジオ聴いてるよ」と言われたことがある


7.アンキパンがほしい

今日はオードリーの「オードリーのオールナイトニッポン・アベンジャーズ」(若林)によるネタライブがあるのですが、オープニングとエンディングで、ネタを覚えるのがつらいことを言っていました。

「ネタを書いて、それを食べたら覚えられるものないかなぁ」(若林)

「アンキパンね」(春日)

「扉開けたらそこがライブ会場、ってのないかなぁ」(若林)

「どこでもドアね」(春日)

といった具合に、ライブに関する懸念を若林がつぶやき、春日がドラえもんの秘密道具を答えるというやりとりがオープニングトークでありました。

これ以外に「スモールライト」「タイム風呂敷」「空気砲」「タケコプター」など

私は特に「ドラえもん」が好き、と言うわけではなく、小学生のころ(1970年代)ふつうに雑誌で読んでいた程度です。

それでもだいたい春日の答えがわかりましたし、わからなくても、言われてみると、あああれか、というメジャーなものばかりでした。

「ドラえもん」には世代を超えて価値観を共有させる力があるんだな、と思いました。


何回かブログで書いたことですが、ドラえもんのひみつ道具の歴史は、価値観の歴史であり、それを実世界の歴史と連動して考えると、いい論文が書けるんじゃないかと思います。

28年前の今頃、歴史専攻の私は、卒論のネタを何にするか悩んでいましたが、その頃の自分に教えてやりたいぐらいです。

「タイムマシン」があればなぁ…


なお、ドラえもんのひみつ道具の一覧は、こちらにあります。

Wikipedia「ひみつ道具一覧 (あ-そ)」へのリンク

Wikipedia「ひみつ道具一覧 (た-わ)」へのリンク

テレビ朝日「ひみつ道具カタログ|ドラえもん」へのリンク


8.ガムテープで…

若林が「こんなものないかなぁ」と言ったものの中に

「ライブで大声出して笑って、ほかのお客さんに迷惑をかけるのを、静かにするやつ」

と言うのがありました。

「それならガムテープがあるよ」

と春日。

そこから、

「実際ガムテープを貼らなきゃいけないのは、俺自身なんだけど」

と若林。

そこで、若林は実際にスタジオにあったガムテープを自身の口に貼って

「おやすミッフィーちゃん」

と、もごもごと言っていました。

ライブに行かれる方、楽しんできてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック