【都市伝説】「Touchdown pro(タッチダウンプロ)」の呪い、がNFLで猛威をふるう

どうやら

「Touchdown pro(タッチダウンプロ)の呪い」

というものが、NFLで猛威をふるっているようです。


こちらのツイート先の「ブログを読む」の続きのリンク先




春日が

「ここはタッチダウンプロの表紙(編集部注:詳細はタッチダウンPRO最新号で!)と春日でタッグを組んでペイトリオッツの勢いを止めるしかないですね(笑)」

と言っているくだりがあります。


そして下の「NFL倶楽部WEB放送 #10」の動画。

02:16から尾崎アナが、表紙の話しを始めます。



なんのことだろう…と思っていたのですが

2015年11月30日発売の「Touchdown pro(タッチダウンプロ)」誌の、「オードリーのマンマーク」のページに、このことが書かれてました。

20151201オードリーにマンマーク


・前々号が店頭に並んでいた時、表紙を飾っていたトニー・ロモが骨折して戦線離脱


・アーロン・ロジャースが表紙の前号が発売されると、次の試合で彼のグリーンベイ・パッカーズの開幕からの連勝が止まり、この試合を含んで11月は1勝4敗

20151201ロジャース タッチダウンプロ

 チームと言うよりロジャースに災難が降りかかったようで、驚異的なバスレイティングを誇ったロジャースも、この間は並みのQBの数字でした。

 これが大きな敗因となっていたとも考えられます。

 (唯一の勝利は、私も参加させていただいた、関東周辺のパッカーズファンによる、私的パブリックビューイングをやると、勝率9割、と言うジンクスによるものでした

 でも、その試合でも、ロジャースには信じられないコントロールミスが、いくつもありました)


・そしてなんとなんと、一昨日発売されたものの表紙はトム・ブレイディ

20151201ブレイディ タッチダウンプロ


 この号が発売された日、彼のニューイングランド・ペイトリオッツは今シーズン初黒星を喫してしまいました。

 ひょっとしたらカロライナ・パンサーズと、「パーフェクトシーズン」をかけてスーパーボウルで対決するかもしれない、と思われたペイトリオッツが

 (twitterでは、応援するチームをペイトリオッツに変えた相武紗季さんによる

 「相武の呪い」

 とも言われていますが、そこは見逃してさしあげろ、と考えます)


とまあ、まるで「マッデンの呪い」みたいに、表紙をかざると本人に望ましくないことが起きる、みたいなものができてしまいました…と言っていいのかな。

この調子でいくと、来月号はカロライナ・パンサーズのキャム・ニュートンあたりになるのかなぁ…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック